ゼブラーマン

やっと観た!

哀川翔主演、鈴木京香、渡辺篤郎、大杉蓮etc。
根暗で生徒からもバカにされている小学校教師、市川。
職場にも家庭にも居場所のない彼の、唯一の心の拠り所が「ゼブラーマン」だった。。

Vシネの帝王の哀川翔が、めたくそ笑えていい味出してる。
ヒーローものなのに、なぜに弱っちそうなシマウマがモデルなのかなーー?なんてことはいいとして、しょっぱなからミシンで手作りゼブラーマンの衣装を縫う市川。
もう笑えるったら。
「ジュース買いにいっちゃおうかなあ。。この格好で」と衣装を見にまとい、ぼそっとつぶやく市川。
いいぞ哀川翔!
シマウマだけに、「白黒つけるぜ!」という決め台詞もおかしくっていいですな。
多分この台詞が先にあって、シマウマって来たのではないかと思う位。

ゼブラーマンって、自分で勝手に作り上げたヒーロー像なのかと、正直「このヒト大ジョブか?!」と心配してしまったが、劇中では実際に昔放映打ち切りになった番組という設定だったので、ほっとした。

いつもは好きではない渡辺篤郎も、この映画ではおちゃらけて面白い役をやってて、なかなか良い感じだった。

どこにでもいるごく普通のおじさん。子供ともコミュニケーションのとれないおやじが、正義のヒーローに。。というと思い出すのが「ジングルオールザウェイ」のシュワちゃん。あれも良かったけど、邦画も頑張ってる。最近の邦画は面白いのが多いから、いいね。




[PR]
by suga_m | 2005-12-29 21:33 | 映画
<< スタンドアップ 二重誘拐 >>