陽はまた昇る

旅の道中に観た映画、ラストはこれ。。
こんな映画、いつの間に公開されてたのか。。全然知らなかった。
タイトルが出た時「何、これ?まさかドツボ??」とか思ったけど、なかなかグッドな映画だったな〜。
最後の最後、良いところで到着しちゃって不完全燃焼。なのでDVD借りてしまった。

西田敏行と渡辺謙の競演。
家庭用ビデオVHSの開発にたずさわった、日本ビクターの実話。登場する家電メーカーは全て実名で登場。
これを観ていて、そういえば昔ベータとVHSの戦いがあったなあ。。。なんてことを思い出した。今じゃVHSを当たり前に使ってるけど、当時彼があきらめていたら、今どうなっていたのだろうな〜。
波は確実にベータに傾いている中、会社に嘘の報告をし、信じた道を突き進む加賀谷。最初は加賀谷に反発していた人も最後には一致団結、見事開発に成功。
松下にも直談判しにいき、苦労して作り上げたビデオデッキは店頭に並ぶことに。
開発を押し進めた加賀谷も凄いけど、実はそれを認めた松下幸之助がまた凄いってことかもね。。

西田敏行本人の話によると、原稿第一稿ではソニーがトニー、日本ビクターが日本ビジョンだったらしい。(爆)そりゃないっしょ。実名を出したからこその映画だな。。と思ったね。最後の人文字のシーンは、実際のビクターの社員に協力してもらったんだって。あと、加賀谷のモデルとなった高野さんという人は他界してるんだけど、ほかの当時を知る人が監修として参加したことにより、リアリティが出たのではないかな。

全然期待してなかった映画だけど、やっぱり西田敏行の演技は光ってる。渡辺謙の実直で真面目〜な演技も良いですな。
加賀谷が自宅の庭でぼんやりたき火したりするシーンも、会社とは対照的で良い感じ。
父さんは戦ってます!!って感じが嫌みなく出てる。

常に温厚な加賀谷が、「無理です!」という大久保(渡辺謙)に「無理でもやるんだよ!!!」と感情を爆発させるシーンがある。
妙に心に残っているシーンで、なんだか好きだな〜。
これを観ると、ビバ!日本の技術者集団よ!!ってな気分になれること、うけあい。



e0014639_17132574.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-03-08 17:37 | 映画
<< ウェザーマン デンジャラス・ビューティー2 >>