キャスティング・ディレクター

ショーン・ペン、ケビン・スペイシー、メグ・ライアン。。
有名どころが名を連ねているから期待してたけど。。。
正直言って「何じゃコリャ?」というか「何だったのこの映画」っていう印象しか残らなかった。

まずこのタイトル。。紛らわしい!(苦笑)
キャスティングディレクターといいつつ、仕事らしい仕事のシーン無し。
そうだなー。分りやすくいえば、昔トレンディドラマと言われたドラマがあったけど、あんな感じ。
登場人物に場所もすごく限られて狭い世界で、少ない人数がしょっちゅう誰かの家に集結。内輪だけの恋愛模様。。みたいなやつ。
観ててそんなドラマを思い出したわー。

ショーン演じる男。何だか知らないけど、愚痴るかヤクやるかって感じで。
下手にお金があるからたち悪いんだよね。
酒にヤクに女に。。。
ある意味暇な小金持の日常だな、うん。こういう男が周りにいたら、ヤダ!
絶対ぶっ飛ばす。
特に何の代わり映えもしない日常なんだけど、いつか誰かがと思ったら、やはり死人が出た。普段観る映画がドラマチックすぎるのか、この程度じゃ全然食い付けない。でも死人が出るだけでも、現実の生活の中では十分事件だけどもね。

ミッキー(ケビン)のことを冷徹だ皮肉屋だって言ってたみたいだけど、モノグラムを調べるのにつきあってやる優しさは持っている。ヤクはやらないし、結構まともに見えたけど。。あの中にいたからか???
しかし、メグはいつ出てくるのかと思ってたけど、ぜーんぜん出てこないから
ついにはその存在すら忘れてしまい。。やっと出てきた頃には「あ、出てたんだ
っけ」。役柄も、なんだか合わない感じだし。
こういう映画を撮るならもっとうまくやらないと、ただダラダラして終わるハメになるのよね。
e0014639_5454844.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-03-28 05:47 | 映画
<< アビス ウェザーマン >>