ファイヤーウォール

FIREWALL。。
組織内のコンピュータネットワークへ外部から侵入されるのを防ぐシステム。また、そのようなシステムが組みこまれたコンピュータ。
IT用語なんか知らんから、なるほどと思った。

ストーリーの流れ的には「逃亡者」を思い起こさせるものが。でもあの時に比べたらアクションにキレがないのは、しょうがないのか。。年とったものな〜。
現在彼は何歳?と思ってプロフィール見たら、1942/7/13生まれだそう。ってことは65歳?!
みの(もんた)と同年くらい?と思ってみのも調べてみた。1942/8/22生まれ。ドンピシャリ!(笑)
そう考えると年はとってもハリウッドスター!腐っても鯛って感じで。←オイ
同年代の日本の俳優(田村正和、いっこ下)なんかに比べたら、やっぱ光るものが。

この話、まあハリソン主演ってことで安心して観られる映画だと思う。逆にいえば、そんなに冴えないパパが一人で悪党に立ち向かい、悪戦苦闘した結果ハッピーエンド。。というパターン通りで、物足りないといえば物足りないのかも?
強盗団の「自分は苦労せずまんまと金を盗み出す」という計画には「ハハァ」と思ったけど、コンピューター関連に詳しくない私が見ても、そんなにたいそうな技が使われていたとは思えず。それにファックスの部品でパソコンの画面をスキャンって。。あたしもやったことあるけど全然読み込めなかったよ〜。やり方がマズかったのか?んな訳でちと「うさんくさい」と思ってしまった。(笑)

一方的に解雇された元秘書。
そんなに信じちゃっていいのか?確かに真実だけれどもさ。
いくら事情があったとは言え、仮にも自分を不当解雇した上司だぞ。
おい、ジャック。まずは彼女にわびの一言入れるのが筋だろう。
ちょいとご都合主義な感あり。

一番笑えたのは、駄犬ぽさ全開の愛犬(名前忘れちゃったー)。ギャンギャン吠える彼に一味の男がブチ切れ。
普通なら射殺もありだと思うけど、映画的には問題ありな訳で、そのへんにポイされる。(ホッ)
トコトコ歩いてるところを後ろからジャックに呼び止められて「アッ!ご主人さま〜〜〜!」としっぽ振りながら駆け寄る駄犬愛犬。
笑える。可愛い!可愛すぎるぞ!!
観る人は愛犬に注目ですな。(笑)

e0014639_18372094.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-08-01 13:50 | 映画
<< ポセイドン ブロークバック・マウンテン >>