グエムル-漢江の怪物-

韓国映画自体殆ど観ない私だが、その中でもこのようなモンスターものってのは。。。
当然ながらかなりの大穴予想であった。

ホルマリンを排水溝にトクトクトクトク・・・・・ってところから話は始まる。
その何年後かに、漢江(ハンガン)で突如想像を絶するモンスターが姿を現し、売店のオヤジカンドゥの一人娘ヒョンソがさらわれた。
さあ、家族力を合わせて、ヒョンソを救い出せ!

なんだけども。まずは映像が想像以上によくできててびっくり。スタッフがすごいらしいから、それも納得。映像びっくりシーンNo.1は記憶にも新しい、宣伝のあのシーンですよ。
ヒョンソの後ろに、怪物が。。。。しっぽの先で捕われ、次の瞬間グエムル、ジャーーーーーンプ!!。。。。
あまりの映像に夫娘共々腹を抱えて大爆笑。「もっかい観たい!」と夫に戻してもらって再度観たくらいだ。脳裏に焼き付いて離れないシーンである。

結局一件落着めでたしめでたし、ではないところがハッピーエンド好きな夫は気に入らなかったらしい。
シリアスな状況下にも笑いや滑稽さがある、というのが私の持論なのだが、どうやらこの監督はそういう映画を撮っているようだ。。なかなかいいぞ。監督。
このようなタイプの映画は、日本にもハリウッドにもないように思う。。
理解しづらいのは、きっと鑑賞する側が「かっこいいヒーロー像」に汚染されてしまっているからだろう。敵をものの見事に倒していく主人公。そんなのに慣れきっているから違和感を覚えるのだろうが、はたして現実はそうなのか?
ってとこかね。まあ、この話にそういうものを求めること自体、間違ってると思うんだけど。

途中だらけるところもあるし、設定の甘さというのか。。そのへんがちょいと残念だが、総体的にはとてもいいと思う。
パニックものと思わせて、実は家族愛の物語ってのはT.クルーズの「宇宙戦争」があるけれど、私としてはあんなのよりはるかに面白いと思ったぞ。
でもこのグエムルのヒントになったのが「竹中直人」ってマジ?
てか、それって相当本人に失礼じゃ。
でもそれ知ってからグエムル見たら、巨大な竹中直人にしか見えなくなったぞ。
どうしてくれる!(爆)
e0014639_1633641.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-09-20 16:29 | 映画
<< サイレントヒル プラダを着た悪魔 >>