ザ・センチネル

「センチネル」とは「番人」という意味だそうだ。
こんな映画あったのねー。ベスト○○の中身が多少入れ替わっているのに気付いたあたし。
実はマイケル・ダグラス結構好きだったりするのよねー。
壊れるか裏切られるか。。等の役をやらせたらめちゃ面白いマイケルのことだから何かやってくれるかもと思ったら、予想外というか予想通りというか。
やり手のシークレット・サービスで大統領の護衛を務める傍ら、なんと大統領夫人(キム・ベイシンガー)と恋仲になっているという設定。お粗末すぎてあぜん。何この安っぽい昼ドラみたいな展開は。
いや、SSといえども人間だから、そういう感情もあるでしょうよ。でもさー、いくらなんでも任務の重要性からそんなことは思ってても、普通口にも行動にも出せるもんじゃないだろ。
いきなしコケた。(-_−;;
ま、結局内部に裏切り者がいる、というよくあるパターンの話でして。
「24」を見てないあたしは知らなかったが、キーファー・サザーランドはドラマと同じような役柄(SSのエージェント)らしくてがっかり、って声が多かったみたい。
うーん、これはシークレット・サービスを小馬鹿にした作品か。いやそれ以前に大統領、アメリカ国家をコケにした映画では。大統領を守る立場でありながら、一方では裏切っている。一番の裏切り者はピート、アンタじゃん。(笑)
親友(キーファー)の妻を寝取った云々というエピソードも、マイケルならでは。
結局内々におさめられたもう1つの裏切り行為は、ピートが退職することで闇に葬られる。。。何も知らない大統領のなんて間抜けで可哀想なことか。
こりゃー、こういう役はほかの俳優には無理だ。マイケルじゃなきゃ。
その点だけ評価!(爆)

ちなみにマイケルは1944/9/25生まれだってさ。ハリソン・フォードより2つ下!逆に見えるけど。。。。(^^;

e0014639_16344496.jpg
[PR]
by suga_m | 2007-10-20 16:39 | 映画
<< ザスーラ 16ブロック >>