スパイダーマン3

思いがけず上司が焼いてくれたやつ、のうちの1枚。

毎度思うが、近年稀に見る地味主役地味カップル。
でも二人がそれぞれ住んでる部屋が、結構いい感じで 見入っちゃったわん。

肝心の中身はと言いますと、突然「分子分解」!?だかなんだかで砂男ができちゃってさ。
どうつながるんだよ。。??って思わせるつもりなんだろうけど、いきなしブチッと話が途切れた感が拭えず。
砂男が水でふっ飛んだところは、なつかしの「T2」のT1000を思い出した。やっぱ復活するわな。(笑)

しかし途中までいろんなキャラが入り乱れ、なんかしっちゃかめっちゃかな印象。世界はすっごく狭いけど、登場人物は多いんだよな。。
ハリーは気の毒だった。。。顔面火傷で親友を守ってサヨナラってのは。
んで、もう出てこないと思ったのに、まだ出てくるハリー父!
ウーン。。この役も、なんだか残念な感じだったよ。。ウィレム。。。。(~_~;;
人は誰しも、善良な部分と悪の部分を持ってると思う。
ふとしたことで、悪い部分がぐぐっと表に出てきたりすることも、そりゃあるよね。
でもあのカメラマンが黒い「アレ」に寄生されて悪党になってしまうし、砂男とタッグを組むし。。
でもって、ハリーの父親が死んでどのくらいたってたのか知らんが、ハリー家の執事っつうの?おやじの死際の事を告白するのがおそーーーーーい!!!遅すぎる!!!!(笑)

多分この映画に食い付けないのは、どうしても主役のトビー・マグワイアが生理的に受け付けないからだと思う。
なんかかっこつけて歩き回るシーンがあるけど、正直きつくて引いたって。
今回はどう見ても「痩せた彦麻呂」にしか見えなかったぞ!!!まあもう終わりだから、いいけど。(爆)

あと2枚、いいネタができた。。と思っているが、さてどうかな。
e0014639_2253863.jpg
[PR]
by suga_m | 2007-12-13 22:10 | 映画
<< レミーのおいしいレストラン ファイナル・カット >>