かもめ食堂

インテリア好きには有名な映画となったこの作品。
誰もがいいというので、気になってしまい借りたいけれどいつも貸し出し中。
それもそのはず、なぜか1,2本くらいしか置いてないもの。
人気なんだから、もっと入れればいいのに、ケチ!

さて、舞台はフィンランド
なぜにフィンランドでないといけないのか?!北欧ブームに乗ったのか?
定かでないが、劇中にも出てくるシーンが理由の一つではないか、と思う。
フィンランド=。日本人の朝の食卓でご飯のおかずといえば=なんである。
なるほどそうかー。と思った次第。(笑)

この映画でいいところは、やはりメインの三人小林聡美、片桐はいり、もたいまさこでしょう。
小林聡美は独特。そっけないようでそうでもないし、目立たないようでどこか目立つし。片桐はいりはでかいのにびっくり!!しかもやはり不思議ちゃんで、年齢不詳感がただよってる。
もたいまさこは、すごい独特な空気感をただよわせている人。
静かなんだけど、すごく存在感がある。
日本の人情劇だと、うるさくておせっかいなオバちゃんやおっちゃんが出てくるけど、この映画ではそういう人は出てこない。でもなんとなーくほんわかできる。
つかず離れずで、でもさりげない気遣いをしたり。
そしてそれが人の輪を広げていって。。これって理想だよね。
この絶妙な距離感っていうのが、彼女らが演じることでより際立っているし、それがきっと大人ウケするんだろうと。


さりげなく使われているイッタラの食器やアアルトの家具。。
白夜。。
ああフィンランドに行ってみたい。
と思った。
ただ一つ、心残りはキャンドルが全く出てこなかったことかな。
なんてったってフィンランドはキャンドル消費量世界一ですから!
窓辺に並べた風景とか、見たかったな〜〜〜。
まあ、でもそれがなくても満足満足。
久々におにぎりが食べたくなって、作りましたともさ!
シャケを焼いて、中に入れて。。。
やっぱおにぎりはンマイ!!!!
って、アレ?また話が飛んじゃったよ。。
この映画が売れたのに気を良くしたようで、同じスタッフで確か「眼鏡」って映画作ったんだよね。それも観たいな。


e0014639_16314319.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-12-22 16:37 | 映画
<< ハリーポッターと不死鳥の騎士団 レミーのおいしいレストラン >>