リーピング

CMで「イナゴ少女現わる」ってやってたでしょ。
あれが印象的で借りてみたんだけど、予想してた映画と全然違ってオカルトものだったのねえ〜〜。
なんかオーメンのリメイク以来、久々にこういう手のものを観た。

ラストの「続く!」的な見せ方は良くある手だよね。
特に面白いシーンもなく。こういう映画ならもっとヒタヒタ。。。ぞぞっとするシーンなんか入れてもいいと思うのだけども。

ただ少女ローレン役のアナソフィアはほとんどしゃべらないにも関わらず存在感があって、良かった。
肝心のイナゴシーンは、そうでもなかった。期待し過ぎたからかも。(笑)

一番印象的だったのは、Amazonの商品説明にボロクソ書いてあったこと〜。
ああいうこともあるのねえ。びっくりした。(笑)

e0014639_20405635.jpg
[PR]
by suga_m | 2008-02-09 20:42 | 映画
<< ディパーテッド シン・シティ >>