スタンド・バイ・ミー

これもまた食わず嫌い的な映画で、ずっと観てなかった。
どうもパートナーが勧める映画ってのは、お互い敬遠しがちなんだろうなあ。

とにかく、「ショーシャンク・・」に続いてスティーブン・キングつながりって事で、これを観た。
私は他の事をしていたので、最初の方は見てないんだけど。。

「どういう映画だっけ」と聞くと必ず「子供4人が死体を探しに行く映画」という答えが返って来る。今回ももエンドロールで「結局何ってことはなくて、単に死体を探して終わりなんだよね」と言っている。このヒト本気でそんな事言ってるのか?
これを見て、単に死体が見つかった、ちゃんちゃん。って映画などと本気で言う人はいないだろう。
凄く良い物語じゃん!と私の方が力説していたくらいだ。
私は男じゃないけど、こういう子供時代の友情とかってのは、すごくよく分かる気がする。
明るくしてるけど、それぞれ色々抱えてる。

特にゴーディとクリスには切ない気持ちになった。
死体を見つけた後、その死体を奪われないように兄ちゃん達を銃で追っ払った時、テディとバーンは逃げていた。それで十分すぎる程伝わるものがある。
ゴーディとクリスはきっと「オレだってできるんだ」「やろうと思えばできるんだ」って思ったんだろうね。

リヴァー・フェニックスについては詳しく知らないし、どうして亡くなったのかもよく知らない。ただ劇中では、ものすごい存在感を放っているのは確かだ。彼の死が、この映画のクリスとだぶって余計に切なくなる。

そして劇中に流れるベン・E・キングの「スタンド・バイ・ミー」がまた更にこの映画を素晴らしいものにしているのは間違いない。

あの最後の別れの時、旅に出る前とは確実に違う「彼等」がいたはず。子供時代がなつかしいなあ、楽しかったなあじゃなくて、「子供って凄い」って事を感じさせられた。
たった数日で、子供って変われるんだから。。

是非ともひなこに見せたい映画だと思った。


ところで、ちょっと悪い兄ちゃんにキーファー・サザーランド。これはうけた。
ナレーターは、なんとリチャード・ドレイファス。(!)



[PR]
by suga_m | 2005-04-26 15:29 | 映画
<< テルマ&ルイーズ ショーシャンクの空に >>