21グラム

ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ベニチオ・デル・トロ。。

人間が死ぬと、ちょっとだけ体重が軽くなるらしい。っていうのは以前どこかで聞いた。
それは魂の重さだと言う人もいる。そうかもしれない。
このことに、明確な答えはない。
そのちょっとだけ、と言うのが21グラムなのだという事を初めて知った。

ベニチオ・デル・トロって、どうも生理的に好かん。。でもその好かない感じが役柄と妙にあってた気がして、結構良かったのかも。
ナオミ・ワッツは相変わらず体張ってる。
ショーン・ペンは意識してなのか、押さえ気味な感じがした。

愛する家族が突然の交通事故で帰らぬ人となる。

「あの子は青い靴ひもを欲しがっていたのに、私は買ってやらなかった。あの子は赤い靴ひものまま死んだのよ。」
残された側の後悔、自責の念。21の時、私もそういう経験をしたことがある。だから彼女の気持ちに心が痛む。もしも自分の家族がそんな風に死んでしまったら、私も彼女がドラッグと酒に逃げたのと同じようになるに違いない。

ただ、パズル形式の進行具合は面白いかもしれないが、理解するのに手間どり観ていて疲れる。特に最初はちゃんと観てても「あれ?これどうなってるんだろ」となってしまって、ちょっと残念。
こういう作りにする必要があったのかなとも思う。
でも普通にストーリーが展開していったら、つまんなくなってたかもね。(夫談)

21グラムって、結局なんだろうね。
人間の死に直面した人たち。
死んでいく人間と、生きている人間。
死ぬ側よりも、きっと残された人間の方が辛い。
でも、それでも生きていかなくちゃいけない。
ちゃんと向き合って、乗り越えて行かなきゃならない。

21グラムがなんなのかはっきりとは分からないけれど、それは生きている人間に残された何か。。

彼がクリスティーナとジャックに残していった何かなのかもしれない。

[PR]
by suga_m | 2005-05-14 01:34 | 映画
<< 28日後 大脱走 >>