キャスト・アウェイ

ロバート・ゼメキス監督。トム・ハンクス、ヘレン・ハント。。
全く期待しないで以前に買っていたDVD。今になってやっと観た。

漂流して無人島で4年間のサバイバル生活。
笑っちゃいけないシリアスな話のはずなのに、島での生活では爆笑シーンが満載。
なかなか楽しませてもらった。
そしてその4年間という時間が微妙。1,2年じゃなくて4年。
そのくらいの時間の経過がないと、ちょっと話にならない感じはする。
4年くらい待てなかったのか、ケリー!って人もいたらしい。
。。。待てんだろ。だって海上での飛行機事故だしね。
きっと生きてる。生きてて欲しい。でも死んでしまったかも。。死んでる可能性の方が絶対高い。相当苦しんだんじゃないかな?そして周りが「彼は死んだ、あきらめろ」と。。
自分の進むべき道を決断した気持ち、分かる気がする。

無人島で一人バレーボールにウィルソンと名付け、話しかけるチャック。彼の唯一の話し相手で友人のウィルソンが波にさらわれていったシーン。滑稽で、悲しい。
4年も人と接しないで生きるためにバレーボールを人間にみたてる。あり得ないことじゃないと思うなあ。「ウィルソーーーン!!」という叫び声がずっと頭に残ってる感じ。

まあ期待しないで観た感じ、わりと良かったかなと私は思う。
ただトムのやせ方は甘かった気がするな。余りリアリティを感じない。
でも結構がんばった方なのかな?

製作には相当リアリティを追求したと聞いたけど。
フェデックスなんか出しているあたり、そうだよね。
でも全体的に狙い通りだったかと言うと、どうかな?
実際4年も無人島で生きていけるのか?とも思うし、そう考えていたら戦後30年近くもサバイバル生活をしていた「横井庄一さん」を思い出して、そう言うこともアリかもなあと思ったりした。

トム・ハンクスはそんなに好きじゃないけど、完全シリアスものよりもこういうどこか滑稽で笑いの出る映画の方が、彼にはあってると思う。と思うのは私だけかな。
最後は拭いきれない喪失感もあったけど、希望を失ったわけじゃない。
4年もサバイバルしてきたんだから、何があっても生きていける。
自分で人生切り開いていけるんだから。。

しかし最後の解説ってのは???
延々とした解説付き。知りたい部分もあるけど、全部解説されちゃうと興ざめかも。
自分でいろいろ想像したり、感じたりする部分があるから映画って面白いんだろうしね。

[PR]
by suga_m | 2005-05-17 08:36 | 映画
<< 着信あり 28日後 >>