ラン・ローラ・ラン

フランカ・ポテンテ、モーリッツ・ブライプトロイ。。
トム・ティクバ監督。

んーと、多分サスペンス??に分類されるらしいってことだけしか知らなかった。ただ”真っ赤な髪の女性が走る姿のジャケットが印象的”というだけで、興味を抱いてしまっていた私。ずっと借りたかったんだけど、ビデオがなくて。。。DVD導入後の今、やっと鑑賞することができた。

そうそう、タイムリミット20分の間に、彼の命を助けるべく大金を用意するのに奔走するローラ。って話だったよね。。と説明を見て思い出した。
ドイツ映画というのも知らなかったので、台詞を聞いて「あれ?何語?」。「マルク」と聞いて「あれ?ドイツなんだー」と気付く私。遅いって。。。

作りは斬新。
終始流れるテンポの良いテクノに乗ってローラがひた走る。彼女の走り方が軽やかでかっこいい。(フォームはキャラに合わせて考えられたらしい)
3パターンのストーリーは、さすがに最後は「んー、まさか。またか〜〜」と思うけど、映画としては2回じゃだめなんだよね。。しつこいけど3回でいいんじゃないかな。

それぞれのパターンで彼等の結末も変わり、すれ違う人々の人生の結末も変わる。これは面白いかもしれない。ちょっとした事でどんな人生になるか分からない、ってとこは確かにあるもんね。
最後、結局お父さんはどうなったのかなー。というのが素朴な疑問。


まあこういう映画もアリって感じで。
嫌いじゃないな。
彼役のモーリッツ・ブライプトロイは、「es」に出てる人。濃い〜よ。。

いっちゃんが「変な映画だよ」って言ってた。どうでもいいんだけど、私が観たくて借りた映画を先に観るのやめてくんないかなー。。。

[PR]
by suga_m | 2005-05-21 15:38 | 映画
<< タワーリング・インフェルノ 着信あり >>