タワーリング・インフェルノ

1974年の作品。スティーブ・マックイーン、ポール・ニューマン。。

サンフランシスコにそびえ立つ地上138階の超高層ビルの落成式の日、発電機の故障から発火、たちまちビルは炎の地獄と化す。。。というパニックもの。

「大脱走」と共に子供の頃好きだった作品。
子供だったから、あまり深く考えてなくて「すごい」「恐い」っていう印象の映画だった。

改めて今見てみると。。
やっぱり現代のCGに慣れきっているからか、多少の物足りなさを感じる。
セットがちょっとちゃちだったり、煙もうもうの中を意外と平気そうに歩いていて「もうあれ死んじゃってるだろ、現実だったら!」なんて思ったり、隊長がえらい軽装備で現場に乗り込むので、おいおい大丈夫なのかい?と突っ込み入れたくなったり。。そういう細かい所が気になった。

でも人間模様は描けているし、わりと淡々とした演技が逆にいいのかな。
と思う。




展望エレベーターを吊り下げる所は、「えー、そういう話だったっけ!」って。。
記憶って曖昧だな〜〜。

当時は最先端のファッション、建物、内装だったんだなー。
今見ると、古いけど新しい。
置いてあるソファや椅子なんかは、ミッドセンチュリーの流れそのままって感じだし。
そういう視点で見るのもまた楽し。
165分だけど、それほど長いーとは思わない。

最後二人のクレジットがほぼ横並びなんだけど、ポールの方が若干上ってところはなるほどなって思った。二人とも大スターで、スティーブはポールへの憧れが凄くあったらしいし。
スタッフはやっぱ順序やら悩んだんだろうね。
このジャケットも、マックイーンの方が名前も写真も若干下で面白い。


画像デカ過ぎ。。
[PR]
by suga_m | 2005-06-06 14:40 | 映画
<< 嗤う伊右衛門/ドーン・オブ・ザ... ラン・ローラ・ラン >>