ハンテッド

2003年、トミー・リー・ジョーンズ、ベニチオ・デル・トロ。。

あまり好きじゃないデル・トロと、わりと好きなトミー・リー・ジョーンズが出てる。。なんか宣伝では面白いかな?と思えた。。

コソボでの戦争体験のトラウマにより、凶暴な殺人鬼と化したハラム(デル・トロ)。FBIに協力を依頼されハラムを追いつめていく、かつてはハラムの教官であったL・T(トミー)って内容なんだけど。

ナンジャコリャ?┐(´∀`)┌
帰還後のデル・トロの演技には「おお」と思ったものの、どうしてそっから殺人鬼になったのかが??気付いたらなっていた。(笑)
現在は引退してひっそりと森の中で暮らすL・T。
彼の登場の仕方もあれれ?ってな感じで、しょっぱなからガクッ。このシーンで映画の行く末が見えた気がした。(ホント)

トミーが追う様は「逃亡者」を彷佛とさせるが、今回はアクション付き。
はっきりと分かったのが、トミーにはアクションは無理ってこと。トミー様の魅力半減。

ラスト、ナイフだけでの二人の接近戦。
これがまたも。。。あれれー。というか、もう「ありゃりゃ。。やっちゃった」ってな感じ。
何よりアクションのスピードが遅いっ!遅すぎ。
いかにも「こう来たら、こう返して。。。次こう来たら、こうやって。。。」という殺陣の型を必死でやってる感モロ分かり。
トミー様にデル・トロが合わせていたのか、はたまたどっちもそんなもんだったのか。。。
あのスピードじゃ、プスッとさされてすぐ死ぬ。
これはもはやギャグの域だな。。とまで思った。

まあいっちゃんも私もあまりの退屈さに途中何度もうたた寝していたので、細かいとこはもう分からない。でも観直そうとは思わない。
これは監督が悪いよなー。絶対!と監督のせいにする。。
今回借りてきたのの、1本目からドツボにはまってしまった気がするが、あとのはどうだろう??

[PR]
by suga_m | 2005-06-23 16:46 | 映画
<< ドッペルゲンガー テープ/いまを生きる >>