メガネ

「かもめ食堂」を観た人なら、多分誰しも食い付くと思われる作品。
ただ、前作が良かったから期待し過ぎたかなという気も。
なぜメガネなのか。。メガネってタイトルじゃなくてもいいのに。。と思ったあたしは、実は全然この世界観が分かっていないのか??(笑)

その昔、家族で一月も異国の島に滞在した。
何もしない。観光も何もせず、日がな一日ビーチやプール脇でぼんやりとしている。
そんな時間の使い方、一生に一度はしてみたいじゃん。
現地人に「何しにきたの?!」と言わしめた、あたしたち一家。(笑)
時間の使い方って、難しいのかもね。
常に何かをしている日常。何かをしてなくてはいけないし、しないではいられない。

「黄昏る」って、現代人には凄く難しいのかもね。
主人公に小林聡美。真ん中にすっと一本強いものを持っている感じが、この主人公のかたくなさと
ピッタリしてて、良かった。加瀬亮の雰囲気も良かったし、なによりもたいまさこが最高っす。
そして、誰が考えたのか「メルシー体操」!オモロイ1思わず真似したくなる。(してないけど)

でもって、やはりこの建物(民宿)の雰囲気。これは文句なくいいっすね〜!
梅干しの美味しそうなこと!!
オープンすぎるキッチンで作業してる主人の姿を、コーヒー飲みながら眺めていたい。
何もせずぼんやりと過ごしてみたいっ!
そう思わせてくれたこの作品は、それだけでもう十分なのかもね。

e0014639_15582771.jpg

[PR]
by suga_m | 2009-03-12 16:00 | 映画
<< JUNO/ジュノ ミスト >>