JUNO/ジュノ

いろんなDVDの宣伝で紹介されており、娘と観たいねーと言っていた作品。

物語は単純だ。
16歳の女子高生ジュノが、ボーイフレンドとの一度きりのセックスで妊娠してしまう。
さて、どうするのか?!
というところだが、これがまずあり得ない展開になっていく。
こういう作品は、日本では絶対作れない。

そもそもの疑問だが。。なぜ家族は怒らないのか。反対しないのか?
映画の中のジュノと同じ年の娘が、もしこんな状況になったら。
いや、無理だ。非現実的すぎだろう。。などと思いながら観る。

中絶するのは嫌だ、できない。産んで里親に預けよう。
それがジュノの出した答えだった。
わずか16歳で、ジュノは様々なことを考え、決めていく。
BFに頼ることもなく。。
あっさりと淡々とした感じだが、高校生なりに自らを見つめ、最善と思われる道を模索する。
そんなジュノに女の、母親の強さのようなものも感じた。

「ありのままのお前を愛してくれる人を見つけなさい」
父親が口にした言葉だ。
両親(母親は継母)も、彼女がどんな姿であれ「受け入れている」。
16歳で妊娠した娘を、ありのままの娘を。
ちょっとキュンとしたシーンだった。

里親になる予定の夫婦にも、現実の問題が重くの仕掛かり、その関係にはひびが入ってしまう。
一人の生まれてくる命が、たくさんの人に影響を与え、様々な思いを生んでいく。
さらっと軽く流している話のようだが、色々な物語がそこにはある。

無事に出産を終えると、思わず「ホッ」とした。
娘が出産したら、やっぱりこんな気持ちになるんだろうか。(笑)

「子供の顔は見なかった。私たちには育てられないから。」

というジュノのナレーションには、思わずじわりと涙が込み上げた。


妊娠と出産を経験し、ジュノは大切なことに気付く。
拍子抜けするほどあっけらかんとした序盤と違って、ちょっぴり感動してしまうラスト。
まっ、このBFってのが冴えない男子でちょっとねって感じなんだけど、そこが逆にいいのかな?



偶然、ジュノと同じ年齢の時の娘とこの作品を観ることができたのは、非常に良かったと思う。
夫も一緒だったら、なおのこと良かったかもしれないが。(彼は後で一人で観ていた)

ちなみに。。。。
先日観た「サンキュー・スモーキング」(アーロン・エッカート主演)と同じ監督と知って、びっくり!!しちゃったあたしなのだった。





e0014639_1757159.jpg

[PR]
by suga_m | 2009-03-31 18:08 | 映画
<< ハプニング メガネ >>