<   2005年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ドッグヴィル

このラース・フォン・トリアーって監督は、どういう人なんだろ。

セットとは名ばかりの,だだっ広いスタジオの床に白線で描いた村ドッグヴィル(犬の村)。メインストリートと、その両側に家々。最少限の家具くらいしかなく、あとは照明と音と俳優だけ。家には壁もドアもない。こんな舞台のセットのようなところで、177分のストーリー全てが進んで行く。

はじめの違和感は、見ているうちに慣れて行く。
しかし、この「ある物をないように」「ない物をあるように」演じるというのは、俳優にとってどうなんだろう?
特に後半グレースがレイプされてしまうところは、芝居では家の中だから(外にいる設定の)他の村人からは見えない。しかし、実際は壁も何もないのだから、そこでの芝居は他に丸見えである。
どこが辛かったかと言ったら、ここが一番辛かったかもしれない。。。

山間の小さな村。そこにしかない奇妙な暗黙のルールのようなもの。一歩外に出たら通用しない。そういうもの。実際に自分が経験した事がオーバーラップし(もちろんそんな犯罪のようなことではないし、村の規模も比較にならないが)、現実にありそうなリアリティをひしひしと感じた。

これを見て「スカッとした」という人もいくらかいたようで、「どこがだろう」と思ったら、ラストのシーンのことだった。まあ、そう言われたらそうかもしれない。
そのくらいして当然の罪が、村人たちにはあった。
でも、グレースとその父親たちはどうなんだろう?
傲慢と残酷さ。
人間誰でも持ってる部分。それがあのドッグヴィルの小さな村の中に凝縮されていた。
私にとっては、すっきりとしない、後味の悪い話だった。
(またしても、こんな精神状態で見る映画じゃないものを選択している自分。。)学習が足りない。


最後に奇跡的に生き残る犬のモーゼス。↓(もちろん絵のみ)ここにどんな意味が込められていたんだろう。



ニコール・キッドマンも他の俳優の演技も、とても素晴らしい。

「ドッグヴィルの告白」と「ダンサー・イン・ザ・ダーク」、ちょっと見てみたい気持ちになった。
[PR]
by suga_m | 2005-02-23 20:14 | 映画

コール

確かシャーリーズ・セロンが10キロも太って役作りした、という映画があったと探していたら、これを見つけた。

共演ケヴィン・ベーコン、ダコタ・ファニング。

裕福な医者一家を襲った突然の誘拐事件。
家族をそれぞれ別に監禁することで、完全犯罪になるはずであったが。。。

どの俳優もいい味だしてます。
特にケヴィン・ベーコンの悪役ぶりには拍手。(悪役顔だもんね)
ワルのケヴィンが好き{/hikari_blue/}(フットルース以降絶対消えると思ったけど、残ったなー。
結構好きな俳優だったりして。)
妻のシャーリーズ・セロン、喘息が持病の娘役ダコタ・ファニング、他の俳優の演技もいい。

ただ、最後の方の展開はどうなのかな。。。
あんな交通の激しい国道に水陸両用機を不時着させちゃって、大事故発生。
あれで死人が出ていたら、どうなってたのー。という突っ込みはなし??

私個人的には、もっとこじんまりと誘拐犯達と家族との戦いぶりが見たかった。
その方がより緊迫したムードは出せたんじゃないかな??

これは犯人が単に凶悪ってのじゃなくて、ちゃんとした理由があったんだけど。
しかし、ケヴィンにしても妻にしても、「子供がいる」(いた)とは到底思えない人たち。
愛する者を失ったから、あんな風になっちゃった。それが狙い?にしてはちょっと違う感じがしたけど。
この事件前に4件も誘拐事件をやっていたんだけど、それは練習ってことだったわけで。
一応全員無事に返して来ていたわけだよね。
で、この本番(?!)では,ジョーはアビーを殺すつもりでいたんだよね。
お金も娘の命も奪ってやるってことだったのか。
単純に復讐だったら、お金は関係なくても良かったのかもしれない、と思った。

なんとなく、マーヴィンが死ななくて良かった。。と思ったのは私だけだろうか?


e0014639_1746186.jpg
[PR]
by suga_m | 2005-02-22 15:12 | 映画

日本アカデミー賞

以前は全く興味なし!分野でした。

今もそれほどの興味はない。だってアメリカのアカデミーの真似っこだし、世界が狭すぎなんだもんね。
でも、今回は何故か見てしまった。

最優秀主演男優賞、寺尾聡。
最優秀作品賞、半落ち。

なるほど。。。
うーん。それぞれの候補の中で、唯一見たのがこの作品ただ一つ。
だから肩を持つ訳ではないけれど、確かに良かった。

寺尾聡、出過ぎでうるさいと思っていた。でもこの作品に限って言えば良かったです。

監督は予想してなかったけど、意外と若い人だった。こういう作品が作れてるっていうのは、今後期待できるかも。(とか言いつつ、監督の名前忘れるなってえの)

邦画を見る事は殆どないし、邦画より洋画なんだけど、これは素直に良かったと思う。
じんわりと心にしみ入る話だと思う。


色々記事見たけど、この作品に関して書いてるのはなかった。だから書いてみたんだけど。。
そう言えばたけしについて「なんで出てないんだろう」と言う意見あり。
言われてみたらそうだよなあ。。

何ででしょう?


[PR]
by suga_m | 2005-02-18 23:11 | 映画

ファニーゲーム

見たよ〜〜〜。。
うーん。
これほどまでに人を不快で気持ち悪くさせる映画は、そうはないなあ。。

最初から最後まで、実に見事に理不尽さが貫かれてます。
子供を最初に殺したりするところは、それはないだろう。。って心の中で思ってしまった。
でも、実際に殺す所は見せないのね。
そういう風に狙ったのかな。
逆に殺す所を見せない方が怖いと思うからなのかなあ。。

本当に嫌で怖い、嫌悪する映画なんだけど凄いと思う。
最近の映画(ハリウッド)はどれも勧善懲悪で終わる物が殆どで、見てる側もそれに慣れてしまっていると思う。
だから途中嫌なシーンがあったとしても、きっと最後は悪い奴は捕まって良かったねで終わるとどこかで安心しているんだよね。

でもこれは違う。徹底的に痛め付けて、最後はあっけなく殺しちゃう。
この世に正義はないのか〜〜〜あ!と叫びたくなる。拳を握りしめてしまう。どうしようもない理不尽さ。彼等には理由なんていらないんだ。何故そんな事するかなんて説明は要らない。だって「ファニーゲーム」なんだから。
そんな事考えてたら、余計に↓「テイキング ライブス」なんかがアホらしい話に思えて来てしまうんだよね。

同じ様に理不尽で不愉快になる映画で思い出したのが、「CUBE」。とその監督がそれ以前に作ったらしい、エレベーター内と言う非常に狭い空間しか出てこない映画。。確かCUBEを作るきっかけになった映画だと言ってたような気がしたが。。これはこの「ファニーゲーム」に非常に近い映画だと思う。


でもこの「ファニーゲーム」にはやられたなあ。



[PR]
by suga_m | 2005-02-16 20:10 | 映画

テイキング・ライブス

アンジェリーナ・ジョリー、イーサン・ホーク。キーファー・サザーランドは特別出演というか、ほんとにちょっとしか出てなかった。(なんじゃこれはという感じであった)

期待はしてなかったけど、やっぱイマイチだなあ。
またけなすばっかになってしまいそう。。うう。

イーサン・ホーク演ずるコスタが何故人の人生を乗っ取って生きる(テイキング・ライブス)のか。ちょっと説得力に欠ける気がした。
そこがじっくり見せてもらえなかったから、あとの部分も「んー?」な感じ。
大体そんな十何人も(正確には何人だ?)人殺しして、その人物にすり変わって生きるなんて、出来るのか〜〜?
おっかさんを病院のエレベーター内で殺して首を切り落としちゃうシーンは、いかにも人形って感じで興ざめだし、その意味は?(それほどの恨みということ?)大体エレベーターが一階に着くまでに首を落とすなんていうのは?どうなのかなあ。。

イリアナが最後にでっかいお腹で床に倒れた時、ひょっとしたらこれは嘘の妊娠かなと思ったのだけど、やはりそうだった。。。
FBIをクビになったのも、妊娠7ヶ月もコスタをおびき寄せるための嘘だった、というのには参った。すっごい執念だ。
でも結局は連続殺人犯に好意を持ってしまって、セックスしちゃった自分が許せなかった訳で、それは分かる。
だけど、あの迫力のセックスはいっちゃんとあっけにとられてしまった。

「アンジェリーナ・ジョリー、体張ってるね。そこまでする映画なのかねえ」

それは彼女にしか分かるまい。

コスタのちょっと神経質そうな感じは良かったのかもしれないけど、このキャスティングじゃなきゃダメとは思えない映画だった。

[PR]
by suga_m | 2005-02-15 16:09 | 映画

プレッジ

ショーン・ペン監督、ジャック・ニコルソン主演。

プレッジって、約束という意味なんだそうだ。
なるほど。
結局少女の母親との約束を果たせず、自らも愛する人を失ってしまう。
犯人を突き止める事にのめりこんで、異常なほど執着し、少しずつ彼の歯車が狂って行く。。

なんていうか、ひたひたと冷たく乾いた狂気みたいな物が、非常に良く出ている。
やっぱジャック・ニコルソンにしか出来ない役。

ジャック・ニコルソンとショーン・ペンとは親友なのだそうだ。彼のためにある作品みたいに思えたこの作品。原作があるらしい。全然知らなかった。

映画評はどうなのか、知らないけど私は好き。と思っていたら、かなりの数の人がこの映画に評を寄せていた。
ケビン・スペイシーもショーン・ペンをべた褒め。
別れた元妻、マドンナの評もあっておかしかった。
私も、ショーン・ペンの感性は好きだな。
中途半端で終わるのが納得いかないむきもあるようだけど、それがこの映画の良い所なのだ。
いっちゃんも元々はハッピーエンドが好きなタイプ。でも人生ハッピーエンドの事の方が圧倒的に少ないのだ、と思う。ハッピーエンドには余りリアリティを感じない。(ひねくれてる?)
だから私はこういう映画が好きなのだ。
切なさや悲哀、空虚さ。。

特に最後のシーンはかなりいい。
ここに全てが集約されている感じがした。


[PR]
by suga_m | 2005-02-04 15:07 | 映画

デイアフタートゥモロー

人類最大の危機か?氷河期を迎えてしまう地球。。

あー、寒いっす。
見てて凍えそう。

ひなこが結構興味があったようで、家族で観てみたのだけど。。。ちょい期待外れかもしれない。
多分宣伝がよすぎたんだろうなあ。雪と氷に覆われた自由の女神。。かなりそそりました。(どの映画も宣伝は面白そうだよね)しかし。。
CGで「え?」と思ったのがオオカミの出て来るシーン。特撮か?という映像。
あれはないだろう。。子供だましじゃないんだから。うーん、でもひなこもこれには「えー。。」って言ってたし、子供だましになってないかも?

あとは日本の首都東京のシーン。千代田区ってアンタ、戦後の混沌とした路地裏じゃないんだから。。
今時赤ちょうちんで飲んでるサラリーマンの描写。(決まって眼鏡つき)
顎ヒゲのじーさんとか、もう。。中国人ですね。。アメリカから見た日本なんて結局そんなもんなのだろうけど、実際見るとがっかりする。

1秒で10度気温が下がるとか言ってて、どうして主人公は外をあるっているんでしょうか。。
しかもニューヨークまで後60キロ。まあそうしなきゃ話にならないのだから、いいんだけど、絶対死んでるって!!

そんな細かい描写が気になってしまった。
それほど大した人間ドラマもなかったし、薄っぺらい印象を受けた映画だった。

辛口すぎ??
この映画が好きな人には、ごめんなさい。


e0014639_17402560.jpg
[PR]
by suga_m | 2005-02-02 16:03 | 映画