<   2005年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

M ovie Baton

回ってきました、ついにMovie Batonがっ!!
masamixはchamicoさんとM's Diaryはrubyさんから!映画バトンが来た〜〜〜。本当に頭を悩ませることとなり、かなりの時間呆然と固まりつつ仕事中も映画のことしか頭になく(仕事しろよっ!)、めちゃくちゃ考えまくった結果、そろそろ本腰入れて書こくことにしました。

★過去一年間で一番笑った映画
んー、過去一年かどうかは分からないけど「みんなのいえ」。これは結構どのキャラもおかしくて、爆笑はしないけどぷぷっと笑える楽しい話で、三谷幸喜ワールド炸裂。(三谷さんは20年前にさざえさんの脚本を何本か書いたことがあるらしい)インテリアデザイナーって、こんなんかあー??とかも思うけど、まあそれも良しとしよう。家を建てた人もこれから建てる人も、それ以外の人も楽しめる作品。



★過去一年間で一番泣いた映画


これも過去一年かどうか。。ぎりぎりかな?一つ目は「半落ち」。寺尾聡が出過ぎでちょっとうるさく感じていたのだが。。。結構いいし、脇の役者もいい。コテコテで嫌がる人もいるようだけど、妻が死んだ後の空白の2日間が明らかになるにつれ、じわ〜っと泣けてくる。あの森山直太朗の曲がまた心にぐっと来た。
もう一つは「海辺の家」。これも宣伝で観て気になって借りたもの。この映画の良いところは、お涙ちょうだいのつくりではないところ。建築家の父親(ケビン・クライン)が死ぬシーンは出さないかわりに、翌日の母と息子の台詞のないシーンで全てが分かる。こういう撮り方が好きだ。なんの説明もいらない、二人を見てれば何が起こったのかが分かる。涙なくしては観れないシーンだった。劇中家を壊して新しく造っていくのだけど、知らず知らずにどんどん家造りのメンバーが増えていく。本来家造りってそういうものじゃないかと思う。どちらも心にじんわりと響く静かな映画。あと最近では、「モンスター」も泣けた。
ほかにも泣いた映画があると思うけど、多分何涙腺弱いから何観ても泣くんだな、きっと。(笑)

★心の中の5つの映画(好き嫌いは別として・・・)

これは悩んだ。。でも思いきって行くぞ!まずは昔に遡り「キタキツネ物語」!(画像があったぞ!オロロロ〜〜〜ン!)小学校の時にリアルタイムで観に行った映画。オホーツクで暮らすキタキツネ一家を追ったドキュメンタリー。流氷に乗ってやってきた若い雄ギツネ、フレップと雌ギツネのレイラの出会い。一家の生活をキツネの目線で描き、一本の老木のナレーションで物語は進む。これはゴダイゴをはじめとしたアーティストの曲が素晴らしい!パンフもレコードも買って、レコードは盤がすり切れるんじゃないかという位聴いた。子供たちは確かヌプリ、ルッサム、シリカ、レプン。。というような名前だったと記憶している。(違うかな?)目に障害のある一番ちびの子ギツネ、母レイラの死。もう館内大号泣。そしてこのさすらいの雄ギツネ、フレップがかっこよくて、惚れたゼ、乾杯!!(って、相手キツネだっつの)終わり方にぐっと来た。私なんて今でも歌歌えるもんね〜。まさに心の映画!!DVD買おうかな。
(2)これも小学生でリアルタイムに観たホラー、「ファンタズム」!主演はマイケル・ボールドウィン。ってよく覚えてるな。(笑)夜中の霊園。。空を切るシルバーボール、ひょろりとした大男トールマン。。全てが恐い、恐すぎる。続編もあるけど、やっぱ一作目!非常に印象的な映画だった。。今観たらどうかなー?観てみたいなあ。


(3)「ジェイコブスラダー」ティム・ロビンスが主演だったとは、ずいぶん後になって知った。ベトナム帰還兵の体験する悪夢を描いた作品。何だか知らんが、家族女3人で観にいった。家族で観にいくものではないぞ、と後で思った。(笑)ものすごいインパクトのある映画だったのは記憶している。その後2度ほど観てるけど、また観たい。
(4)「天国と地獄」オーストラリアに行ってた時に初めて観てかなりの衝撃を受けた。会社重役の息子と間違われ誘拐される重役の運転手の息子。犯人は身代金を要求する。高台の豪邸に住む成功者。方や下町の狭く汚いアパート暮しの男。男は高台の豪邸を、アパートの窓からいつも見ていた。この描写と犯人役の山崎努が印象的。
(5)言わずもがな、「大脱走」。あんだけ熱く語っといて、入れなかったら嘘だろう。子供の頃よくテレビで観た。これはもう永遠の心の映画ですな。出てくる人物全て魅力的!好きな俳優めじろ押し!文句なしの最高の映画。
全部好きな映画ダス。
(6)で、もう1つ。。これは強烈インパクトでランクイン。「ベティブルー」

このポスター、有名なので内容を知らなくても絵だけは知ってる人もいるかもしれない。二人の男女の愛の結末。。重い。。しかも強烈。記事を書くのに10年ぶりくらいに思い出して借りて観てみた。完全版の3時間弱の方なんだけど、前に観た(2時間強)のとどこが違うのか分からない。二人のコテージのペンキ塗りシーンは見どころかな。部屋は汚くてもインテリアは見てて面白いし、やっぱりお洒落なのはいかにもフランスだなと。驚いたことに、ゾルグのコテージのベッド手前に下がってるコーンのれん(?)うちと全く一緒!これってどう見ても蕎麦屋とか居酒屋に下がってそうなやつなんだけど。。スタッフ、どこでこれを探してきたんだ!?私は地元のリサイクルショップで入手したぞ。(笑)終盤の白い猫の描写、エンディングのゾルグと猫のシーン。このあたりはすごくいいかもしれない。なんだか猫がベティの分身みたいに描かれてる。当時思ったことと、今見て思うことって、同じようで違う。今はもっと許容できる範囲が自分でも広がってる気がする。でも自分で思っていたよりも、この映画って暗くはないんだなあ。結構楽しいシーンもあるし。「ミナ」は友情ものだけど、やっぱり重い話だったなー。でもこういうの嫌いじゃない。好きでもないけど。(笑)


★観たい映画
「皇帝ペンギン」(ペンギン大使、ペン様って。。ナニ?)「ヒトラー最期の12日間」
「パラドールに掛かる月」は友達のnobuchinお勧め映画。今のところはそれだけ。

★次につないでいく(ブログに限る)
私もchamicoさんにならって、やってみたい方がいたらその方にお渡ししたということにしますので、どうぞ書いてみて下さい。できたらTBを送って下さると嬉しいです。どうぞよろしく。。!

こうして見ると、意外にも邦画が半分を占めている。やはり子供の頃の体験というのは大きいものなのだなあ。としみじみ思ったりした。

ついでに夫いっちゃんの心の映画は「ビッグ」(トム・ハンクス)、「チャンス」(ピーター・セラーズ)、「グッド・ウィル・ハンティング」、「天国から来たチャンピオン」、「恋愛小説家」、「デーブ」(ケビン・クライン[↑「海辺の家」のお父さん役]、シガニー・ウィーバー)泣ける映画は「愛の選択」(ジュリア・ロバーツ)、笑える映画は「ミセス・ダウト」、衝撃の映画としては「ボクシング・ヘレナ」(デビッド・リンチの娘が監督)。これは途中で気分が悪くなり、最後まで観れなかったらしいんだけど、そうだったっけ??私は最後まで観たけど♪

************Maki's Roomにきたバトンで書いた記事です。。同じですが、こちらにもアップしちゃいました。
[PR]
by suga_m | 2005-07-28 21:32 | 映画

白いカラス

ニコール・キッドマン、アンソニー・ホプキンス、ゲイリー・シニーズ、エド・ハリス。。
ロバート・ベントン監督。

何となく気になっていた映画。
ニコールとアンソニーの恋愛もの、というくらいの情報しかなかったのだが、人種差別、夫の暴力、虐待という重いテーマが根底にあった。
二人の演技で淡々と物語は進む。
色の白い黒人であるコールマン。社会的地位のために白人と偽り人生を生きてきた。
事故で子供を失い、養父や夫の暴力で深い傷を持つフォーニア。作品が書けずに森のロッジでひっそり暮らす作家ネイサン。ベトナム帰還兵で精神に異常をきたしたフォーニアの夫レスター。
それぞれの人間模様。

原題は「Human Stain」。邦題については様々な意見があるようだ。
なんでカラスが白?と疑問に思いながらストーリーを追っていくと答えが見つかる。
私は「白いカラス」でいいんじゃないかと思う。(わりといいタイトルだと思うけど。。)

全体的に静かな物語。
レスターがもう少し強いといいかなあと思ったりもしたが、エドの表情なんかはいいなあと思った。
悪役顔のゲイリー・シニーズも、今回はいい人を静かに演じてて良い感じだった。

コールマンとネイサンがテラスで踊るシーン。
男二人のダンスに最初はちょっと引くけど、コールマンがネイサンに打ち明け話をしようと思いたち、二人に友情が芽生える大切なシーンで、台詞がなくても説得力がある。私はこのシーンが好きだな。


[PR]
by suga_m | 2005-07-26 14:56 | 映画

コラテラル

マイケル・マン監督、トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス。。

わりと期待していた映画だった。
いっちゃんが借りてきたというので観てみたが、これがまたも失敗。
トム・クルーズが、冷徹なプロの殺し屋を演じたのだが。。
どこをどう見ても、殺し屋に見えないよ。。

なぜにプロの殺し屋がその辺のタクシー使ってターゲットを狙いにいくのか?と妙に思っていたが、その謎は後で明かされる。そこはまあいい。
でも。。トムが駄目。
タクシードライバー役のジェイミー・フォックスはいいなあと思ったけどね。

落ちも、トムがやると薄っぺらい感じに見えた。

期待していただけに、がっかり度が大きかった。
これなら「宇宙戦争」の方が数倍いい。まだ楽しめる部分が多いから。
この人、できる役の幅が狭いんじゃないかなー。
というか、こちらのトムに対するイメージが強すぎるのかもね。
年とるにつれて難しくなりそう。ってことはない??


[PR]
by suga_m | 2005-07-16 17:01 | 映画

アイロボット

ウィル・スミス主演。。

わりと期待はしていたのだが。。
思ったほど面白いとは思えなかったのは、ウィル・スミスだからか??
ありがちな展開で、落ちも「やっぱりなあ」。とても分かりやすい話かなと思う。
子供向け映画と言えばいいかな。
でも娘は「あんまり面白くないね」と言っていた。。。(´ ∀`)アレ?
まあ感じ方は人それぞれだからね。。

しかし年代が2035年とは、また微妙な。。
2035年って、あと30年したらこんな世界になるのか??
ならないよね〜〜。と思ってしまった。
それとも急ピッチでこれに近い状態になる?
んー、ムズカシイ。

個人的にはジェームズ・クロムウェルが出てて良かった。でもすぐ死んじゃったけど。
って、「イレイザー」みたいじゃないか??

特典映像として、「トゥルー・コーリング」第一話が入っていた。
死人の声が聞こえ、一日をもう一度やり直すことができる主人公トゥルー。
どんな話かなとちょっと興味はあったけど、第一話を観た限りではあんまり面白くなさそうな感じがしたんだけど、どうなのかな。
[PR]
by suga_m | 2005-07-13 20:54 | 映画

モンスター

シャーリーズ・セロン、クリスティーナ・リッチ。。

実在したアメリカ史上初の女性連続殺人犯アイリーン・ウォーノスの人生を描く作品。
非常に観たかった映画をやっと観た。
シャーリーズ・セロンが13キロも体重を増やし、義歯をつけ、立ち居振る舞いすべてアイリーンになりきって演じた。
確かに、元の彼女とはとても思えない、下着姿で洗面所に立つ姿には「すげー肉の付き方。。。」と愕然としてしまう私たちだった。
スタッフが「余りの豹変ぶりに、元の彼女を忘れそうになった」くらい、役づくりをしていたらしい。

モデルとなったアイリーンの話、私は全く知らない。
全米初の女性連続殺人犯ではないという話も聞くし、本人とはかけ離れた人物像だと聞いたりもした。あの「テルマ&ルイーズ」はアイリーンがモデルらしいというのも、初めて知った。

そういう色々は置いといて、シャーリーズの演技は良いなと思った。
確かにそこへ至るまでの情報が少なすぎる気はしたが。。時間的にくどくもなくあっさりとしずぎない加減の作り方。監督はパティ・ジェンキンスという女性だが、女性の目線で作られた映画という感じはすごくした。男性はこういう映画は作らないだろうから。。

セルビー役のクリスティーナもなかなかいい感じで演じている。
中盤からは怒りも覚え、「おめー何言ってやがる!」と画面に向かって言い放った。
出会うべくして出会った二人なんだろうけど、もう少しどうにかならなかったのか。。
やるせなさを覚える。最後までセルビーを恨まないアイリーンには哀れを感じた。
そこまでして守るべきものだったのか。
二人の別れ。。バスを待つシーン。
「帰りのチケット買ってやるって言ったろ」のくだりは涙が自然と出てきた。

13の時から娼婦をしてきたアイリーン。男を死ぬほど恨んでいるのに、その男に体を売ることでしか生きるすべを見いだせなかった彼女。
最後に犯した殺人が痛々しかった。
こんな言葉をかけてくれる人がもっと早く現れてくれたら。。

「もう遅い」
そう、遅かった。


[PR]
by suga_m | 2005-07-10 11:36 | 映画

宇宙戦争

e0014639_11421444.gif原作H・G・ウェルズ、スティーブン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス。。

昨日行ってきたぞ〜〜!劇場で映画を観るのは「ターミネーター3」以来2年ぶりくらいかな?(あれは大失敗だった。。)
平日の昼間なので、20人くらいしかいなくて、ゆったり観ることができた。
さて、肝心の内容だが。。
今回は私よりもいっちゃんが駄目だしの連続!

んー、「もうダコタは終わりだ〜」。「安達祐実みたい」とか。。(確かに似てるな)
落ちが分かるとつまらないので、あまり書けないけど。。
ラストはしりすぼみ。。
そしてタイトルにもちと疑問。
原題のままだとインパクトがない、という意見はなるほどなんだけど。

私が一番駄目だと思ったのは、ティム・ロビンス。一体どういう意味があって、彼は出ていたのか?
きっと何かやらかしてくれると思っていたのに。。考えてみたら、「これは伏線か!」と思うことはことごとく裏切られてしまう、そういう意味ではさんざんな映画なのだった。

トムはこの映画ではごく普通〜〜の男として描かれている。ブルーカラーで離婚歴があって。。さえない一人暮らし。
人類滅亡の危機に直面し、何をどうしていいのか分からず慌てふためいたり、泣いたり。しかし、どれほど汚れても痛めつけられてもトムはトムでしかなく、どこか「やっぱりハリウッドスター☆」に見えてしまうあたり、彼の演技力不足なのだろうかという気がする。そしてどう考えても父親に見えない。これは致命的かなという気がするが、どうだろう。

ダコタについては私は悪くないと思うが、彼女も今までの作品の子供役とはちょっと違う感じ。だからか、ちょっと普通すぎてうるさい気はした。
それよりも、ティム!
個人的駄目出しをするとすれば、このティムとのからみ部分。そしてオチのしょぼさ。。だろうか。
あと、侵略者についても、駄目出ししたい部分が沢山。
あのインディペンデンス・デイのような戦争を想像していたのが、間違いのもと。
突っ込みどころは満載だ。予想では「面白そうだけど、はまっちゃうかもな」と思ったが、近い結果となった。

いっちゃんがうるさいので、しまいには「あーたが観たいって言った映画でしょ!」と噴火した私だった。

でも、ああいう映画って劇場で観ないと駄目だなと思う。サラウンドの凄さ!!映像の迫力!!ストーリーは置いといて、これはかなりのインパクト。(一見の価値あり)劇場に行っておいてよかった。。総合的に言えば、これをそのうち家でDVDで見てたらブーイングだったかも。。多分、いえきっと。(笑)私にとっては。。

遠く響くボォォォォォォォオン。。。。。。。!という音。
光る稲妻。


空が暗く、稲妻が光ったらご注意を。
戦争が始まるかもよ。(笑)

[PR]
by suga_m | 2005-07-07 11:43 | 映画

まさかティム・ロビンスとは。。。

昨日テレビでやってた「トップ・ガン」。
若かりし頃のトム。なんじゃコリャ〜?まあトムがかっこいい!という映画だからいいのか。やっぱアイドル映画だなあと思いながら見た。

最後沢山のパイロットの中でひときわ背の高い男が。。。
「んーん???この背の高さ、だんごっ鼻。
これって。。。ティム・ロビンスじゃない?!」
「だよね〜〜!!!」
慌てて調べてみたら、やっぱそうだった。。。。

し、知らなかった!
メグ・ライアンのみならず、ティムもいたとは。
今の今まで知らなかった〜。

びっくり。
これの後があの「ジェイコブス・ラダー」だったんだ。。
この映画については相当印象深いので、また記事にしてみようかなと思う。

「トップ・ガン」は劇中流れる曲が印象的。
サントラを持ってるから、今日久々に聴いてみようかな。

テレビでやる映画は殆どがカットされてるので書かないつもりだったんだけど、あんまり衝撃だったからつい。見て良かった。。(笑)まあどう考えても「トップ・ガン」自体書くことはなかったと思うので、これが良い機会だったかもしれない。

[PR]
by suga_m | 2005-07-02 07:53 | 映画

ジャック

96年、フランシス・フォード・コッポラ監督。ロビン・ウィリアムス主演。
普通の人の4倍のスピードで成長をするジャックと、彼を取り巻く人々の姿を描いた作品.

予備知識はほとんどないまま観てみた。
ロビンは好きな俳優の一人だけど、ロビンよりも母親のダイアン・レインがいい味出してた気がする。彼女、結構上手かったんだなーと最近思う。
大人の体を持った子供を演じるのに、ロビン以外に誰か適当な人がいるかっていうと、難しい気もする。表現は難しい部分が沢山あったけど、ロビンには合ってた役かもなあ。
ただ、卒業式の所はちょいとやりすぎかなという気がして。
誰か言ってたけど、もう70近い?年の特殊メイクっていうのがなー。
私だったら後ろ姿とかしか撮らないかな。ジャックの後ろから会場の人々を映しながら、声だけ流れるっての。
で、最後に友達の車に乗り込む時に、顔が出る。
なんてね。(笑)

あのシーンも、妙にジャックがはしゃぎすぎちゃって、足取り軽すぎるよ。
会場に来たときはすっごいゆっくり歩いてるのに。。急に若返って。
押さえ気味にしてたんだけど、ついいつものロビンになっちゃった、ぽい気がする。
でもトータルでは割と良かったけど。

先生役にジェニファー・ロペスが出てたのにはびっくりした。
「わー!こんなとこにっ!」って。


[PR]
by suga_m | 2005-07-01 13:58 | 映画