<   2006年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ザ・インタープリター

ニコール・キッドマン、ショーン・ペンの二大スター競演。。
ニコールが、国連でアフリカのマトボのクー語(架空)の同時通訳をする女性シルヴィアを演じている。彼女が偶然聞いてしまった、マトボ大統領の暗殺計画。。彼女を護衛することになったシークレットサービスのトビンをショーンが演じる。

ちょっとつくりが複雑で分かりづらいところがあり、特に前半がつじつまが合うまでついていくのに大変な印象がある。
テーマがテーマなので、面白いか面白くないか、という単純な判断ができない映画ではある。

ちょっと疑問だったのは、トビンの奥さんが2週間前に死んだという設定。これ、どうして2週間じゃないといけないのかな?ちょっと強引な感じ。ただ癒されない悲しみを背負っているというのならば、2週間じゃなくても半年、一年でもいいんじゃないかなー?どうせなら葬儀のシーンくらい、入れてくれたらまだ感情移入できたかも。
そういういきさつを言葉であれこれ説明するところが、なんかとってつけたみたいで私は好きじゃないなあ。

国連で初めての撮影が許可された、っていうので話題にもなったみたいで、確かにそれは一見の価値はあるかなと思う。国連がからんでいるからか、ラストは人によっては綺麗事とか理想でしかないとか感じるみたいだ。
人を殺した犯人を川に突き落として、遺族がそれを助けるか助けないか。。。
そのエピソードがいきてくるラストシーン。
犯罪者を見殺しにし、一生喪に服さなくてはならないのか。。それとも犯罪者は生きることを許され、遺族もある意味救われるのか。

インタープリター。。ある国とある国の仲介役。橋渡しをする役。銃を捨てて通訳になったシルヴィアが、恨みと怒りの連鎖を断ち切り自分を貫いたラストシーンだった。

たった一人の行動だったとしても、一人でも多くの人がそうすれば。。。少しでも多くの人がそうすれば。。ひょっとしたら世界は変わるのかもしれない。
それはすごく大きな理想ではあるけれど。。
e0014639_21301712.jpg

[PR]
by suga_m | 2006-04-29 21:44 | 映画

スパイダーフォレスト

飛行機事故で妻を亡くしたテレビプロデューサーのカン・ミン。彼はある日、“蜘蛛の森”で交通事故に遭い、ひん死の重傷を負う。意識を取り戻した彼は、森で見た2つの死体について語った。その死体は、彼の上司と恋人。。なぜ二人は死んだのか。。交錯する記憶の中、彼は真実を追い求めていく。

ってな話。(-_-
何かの映画に、「オールド・ボーイ」と一緒に宣伝で入っていた映画で、ちょっと気になっていたので。。
で、私はこういう手のサスペンスは結構好きなんだけど。。。この映画の失敗は、複雑にしすぎたところでしょうかね。
なぜあの少女のエピソードじゃなくてはいけなかったのか。
彼のおいたち、トラウマについてをもっと映像で見せた方が分かりやすかったのでは?
そこをごちゃごちゃさせ過ぎたため、なぜ殺人にいたったのかというところに説得力が乏しい気がした。
これはR18指定らしいのだけど、私はそういうのは大抵平気なんだけど、所々でちょっと引いちゃったとこがあった気がする。(たえられない、という次元じゃなくって)

まあサブタイトルは「懺悔」で、最後まで見ると「ああ。。」って分かるのは分かるんだけどね。
でもちょこちょこ予想を裏切られたりもしたし、複雑にしすぎたため「納得いかん」
結果になってしまったのは、残念だった。もっと単純にした方が、良かった気がする。
e0014639_2054660.jpg

[PR]
by suga_m | 2006-04-19 20:58 | 映画

十二人の怒れる男

またまたのぶちんお勧め作。

ヘンリー・フォンダ主演。
父親を殺害した17歳の少年。有罪か無罪か。。。?12人の陪審員が結論を出すまでを描いた密室劇。
皆が「有罪だ」と主張する中、建築家の男(ヘンリー・フォンダ)だけが1人疑問を投げかける。
密室劇で思い出したのが、「テープ」。そして陪審員もので、皆の意見を無罪へと導く。。というストーリーではデミー・ムーアの「陪審員」を思い出した。
下手するとどつぼにはまるかもーーなんて思ったけど、この映画はなかなか上手いこと作ってある。12人の男たちの演技も秀逸。
壊れた扇風機、蒸し暑い部屋。つのるイライラ。それぞれが抱えた問題。。。
途中から降り出したどしゃぶりの雨。
最後に雨が上がり皆が去っていく中、建築家を呼び止め名を訪ねるおじいさん。
「So long」と交わし彼等もまた去っていく。
それぞれが、何かすがすがしさを感じながら家路へと向かうラストシーンが、印象的。
モノクロでも密室劇でも、きちんと作ってあるストーリーだったら、観ていて飽きないし惹き付けられるものがある。
主人公の仕事が「建築家」だったところも、何やら興味深い。
柔軟な視点で物事を見られるかどうか。。。そんなところも考えられているのかもしれない。

日本にも裁判員制度が導入で関心が高いためか、貸し出しが多かった。よく知らないんだけど、日本の場合は全員一致の意見じゃなくてもいいのか?
なかなか面白い映画だった。


e0014639_973538.jpg
[PR]
by suga_m | 2006-04-03 09:13 | 映画