<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ヒトラー最期の12日間

観たかった映画。
監督は「es」の」オリヴァー・ヒルシュビーゲル。
ヒトラー役にブルーノ・ガンツ。
彼のなりきりぶりは凄い。妄想に取り付かれた異様さ。。狂気。
「この人、ヒトラーに似てるね。。!」という私に夫が「さあ。。
ヒトラー知らないから、分からない」って確かにそうなんですがね。(-_-;
いや、ほら、昔教科書とかで見た彼の顔ですよ。

彼の秘書である若い女性「ユンゲ」の目線で語られる物語。
ヒトラーとはどんな人物だったのか。昔本を読んだことがあり、余計この映画には興味があった。
最後の12日間。
誰が見ても明らかに戦局は不利。
しかしそれを口にできるものはいない。。
一人暴走する総統。
ドイツが作ったから、美化されている。という声もあるようだけれど、それはしょうがない部分なのかもしれない。ただ、彼が総統ではなく一人の男性、人間としての顔を見せた時、あの忌わしい大虐殺など忘れさせるような優しい面差しをしていたのではないか。人間は生まれながらに殺人者ではないし、異常者ではない。きっと長い人生の間に、彼をそうさせた何かがある。
だからと言ってもちろんそれは許されるべきことじゃない。
だけど。。
観終わった時に残る感情。それは静かな怒りと悲しみ。
やるせない怒りと悲しみ。。人間は愚かだなあ。本当に愚かだ。
憎しみと悲しみの連鎖しか残らない戦争。
きっと、どちらが被害者でどちらが加害者なんて言えない。
どちらも加害者であると同時に被害者なんだと思う。
彼や彼をとりまく人間だけの責任ではなく、
彼を総統に選んだ人々もまた、加害者となりうるのではないか。

作られた世界の中をただよっていた自分の目に、年老いた女性の姿が映る。彼女は2002年まで存命していた。
これは事実なんだと、そこで我に返る。
若かった。知らなかったというのは言い訳にならない。
それまではきっと、責任をどこかに押しやっていた。
盲信していた当時気付かなかった、見えなかったこと。
それでも目が覚めた時、彼女はほんの少しだけ救われたのかもしれない。そんな気がした。







e0014639_23512664.jpg

[PR]
by suga_m | 2006-10-21 23:58 | 映画

映画検定

DVDやビデオネタじゃないんだけど。。こんなものを夫が書店から持ち帰ってきた。
その名も映画検定
e0014639_14464032.jpg

見てみたところ、映画力を試す道場のような試験なんだとか。
1〜4級まであり、例えば1級だと若者向けで古典、監督、俳優、簡単な映画用語などを含む基礎知識の入門コースらしい。。
面白そう!と思ったけど、これ3,4級は4000円、2級4500円、1級は4900円という検定料がかかるのだそう。意外と高くないかい?だってこれ、取ったとしても「だから何?」っていうものだよね。。−_-)
微妙な金額に「ふう〜ん。。」と声を漏らしてしまった私。
試験会場は全国11会場。関東甲信越だと、東京か新潟しかないですわ〜。新潟があるなら、長野があったって。。いいじゃないのさ。

ちなみに、映画検定の公式テキストブックと問題集なるものがあるらしい。
で、この小冊子に問題例が載っている。
やってみる???

問1(4級)
  三谷幸喜の作品タイトル中、三谷幸喜が監督した作品でないものは。
ア 「ラヂオの時間」
イ 「みんなのいえ」
ウ 「笑の大学」
エ 「THE有頂天ホテル」

問2(3級)
  「人生はチョコレートの中身。あけるまで中身は分からない」という冒頭の台詞が知られるトム・ハンクス主演映画は。
ア 「フォレストガンプ/一期一会」
イ 「グリーンマイル」
ウ 「ターミナル」
エ 「フィラデルフィア」

問3(2級)
 「四十二番街」をはじめ多くのミュージカルで華麗な振り付けをしてミュージカル映  画史に多大な影響を与えたコレオグラファーは。
ア ボブ・フォッシー
イ バズビー・バークリー
ウ マージ・チャンピオン
エ モーリス・ベジャール

問4(1級)
 戦時中はタブーだった軍隊喜劇というジャンルが戦後に作られるようになった。松竹の「(A)」(監督:福田晴一/55年)は、梁取三義原作(B)、花菱アチャコ、宮城野由美子の主演で興行的に大成功をおさめ、以後6年間に10本のシリーズとなった。

問題1 文中(A)のシリーズ名を書きなさい。
問題2 (B)の俳優を次から選びなさい。
ア フランキー堺 イ 横山エンタツ ウ 伴淳三郎 エ 小林桂樹


さて、あなたはいくつ正解した?正解は下にあり。
所詮私は3級どまりっすよ。。口ほどにもない。(苦笑)






正解。。1ウ 2ア 3イ 4(A)二等兵物語 (B)ウ
[PR]
by suga_m | 2006-10-20 15:20 | 映画

奥様は魔女

今さらですが、奥様は魔女。
ニコール・キッドマン、シャーリー・マクレーン、マイケル・ケイン。。。
あえて相手役は名前出しません。(笑)
私はこの番組をリアルタイムで知らない(見てない)ので、何の違和感もなく観れたとは思う。
ニコールは見た目魔女っぽい感じがするし、今までの役とは全く違うサマンサという女性を演じるているのを見るのは、面白かったかな。
途中「復習よ!」ってなるあたりは、強さも見せつけ。。でもやはり美しくもキュート
。。娯楽作品ってことで、いいんじゃないでしょうか?
アメリカ〜ンなエンタテイメントの雰囲気をかもし出してて、それはそれで楽しいかと。相手役はこのドラマで起死回生をはかる俳優という設定。
これ、まあこの設定だし。。とも思ったけど、やっぱりどうにも納得がいかない感じ。
唯一キャラの中で、「これがほかの人だったらなー。。。」なんて思ってしまったわ。

ニコールのプリティぶり満喫のドラマとして観てもいいけど、インテリア好きにはあっちこっち見るところ満載で、その点で評価。(内容で評価しろよ)

e0014639_10194545.jpg

[PR]
by suga_m | 2006-10-17 10:21 | 映画