<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

野獣死すべし

私の中の松田優作と言えば、ジーパン刑事と家族ゲーム。。くらいか。あ、あと「探偵物語」とか。遺作となった「ブラック・レイン」はちゃんと観たことないし。今となってはなにげに好きな俳優である、マイケル・ダグラスも出てるし、今度観てみるかな。

この映画、仲代達也がやった古いやつが大元なんだよね?観たことないけど。
何故私が松田優作?というと、少し前の夜の番組で特集になっているのを、夫と見まして。
夫が思い立って借りてきたので、観たというわけ。作品名だけは知っていたんだけど、内容は全然知らず。

このストーリー。現代の映画界では当たり前のような感覚で見られる設定なんだろうけど、当時はすごく新しかったんだろうなあ〜。すばらしい。
超一流エリートの男が、実はつめたい凶器に満ちている。なぜ彼はそうなったのか。
最後までノンストップで興味津々でのめり込んでしまった。観終わって。。。

「松田優作、すげぇなあ〜」

とつぶやいてしまった。今の中堅や若い俳優でこの役できる人、いるだろうか。
完全になりきって、いっちゃってた松田優作。見る目かわったかも。

相棒役が鹿賀丈史なのも、いいねえ〜。密かにファンの私。(またかよ)
チンピラの鹿賀丈史。アフロな鹿賀丈史。
んーー。笑える。少しだけコケティッシュ。ふと「振り返ればやつがいる」を思い出してしまったわ。キャラは全然違うんだけど。

長まわし多用。ちょっと中だるみなところもあるのが、残念。
一番残念だったのは終盤、伊達が戦場でのカメラマン時代を思い出してイカレまくる所での長まわし。
これはどうかなあーって思っちまったわ。女を強姦してる相棒(鹿賀)と壊れてる伊達(松田)。ヘコヘコしてる相棒が気になっちゃってさ。(笑)
もちっと撮り方考えた方が良かったような〜。それとも、このワンカットに意味があるのか〜?

最後は、殺されて終わりなのね。
なんか、完全犯罪になったらもっと面白かった気がするけど。
でも、今頃遅いけど観て良かった作品。松田優作を見れて良かった。
劇中様々な俳優が出てきて、それを見るのもまた楽し。
そして意外や意外。出てくるインテリアに注目!
箱としての部屋は、「んー」なんだけど、あの椅子。。照明と。。。。ミッドセンチュリーな感じ、いいわ〜。
まさか「野獣死すべし」で、そんなノリになろうとは。
恐るべし「野獣死すべし」であった。(笑)
e0014639_12313725.jpg

[PR]
by suga_m | 2006-11-17 13:10 | 映画

ナショナル・トレジャー

主演は、我らが(?!)ニコラス・ケイジ。監督はジョン・タートルトーブ。
調べてみて驚いた!この監督の作品には「フェノミナン」や「クール・ランニング」(下〜の方にレビューあり)があるんだって〜!へええー。。

内容は、簡単に言えば宝探しの映画。
「インディー・ジョーンズ」や「トゥームレイダー」みたいな感じと言えばいいか。
この2つの映画の真ん中らへんに位置するような映画かも。
まあ間違いなく、女性より男性ウケする映画。
男性にとっては、この手の話はワクワクするだろうからね。

久々に観たわ、ニコラス・ケイジ。あたしはいわゆる二枚目っていう俳優は好きじゃなくって、どっちかってえと三枚目で味のある人が好き。(うちの夫も。。。。。。爆)
ケビン・スペイシーもいいんだよね〜。芝居上手いし。
ニコラスは。。。やっぱ「リービング・ラスベガス」が良かったわ!なんてはまり役!
すさんだ感じとだらしなさと虚無感。。。彼以外にできようか。
おっと、その話じゃなかったっけ。

出来はまあまあかな?
しょっぱなに釘付けになったのは、ニコラスのヘアスタイル。
あれ?なんかズラっぽいよねえ〜。色も栗毛みたいだし。。
これは役づくりのため?それとも植毛ですか?!
ブルース・ウィリス的にはならないで欲しいわ。ニコラス。
飾らない、そんなあなたが素敵なんだから。。。。。(笑)

まあそんなこんなで(?)子供と見ても全く問題なしで、深く考えずに楽しく観られる映画だと思う。
まさか、これ「インディー・・」「トゥーム・・」のように続編作ろうとしてる
ってことはないよねえ〜?!
そこがほんの少しばかり気になった私だった。
もしシリーズ化するなら、次はもう少し作りこんでもいいかもしれないね。
e0014639_14455886.jpg

[PR]
by suga_m | 2006-11-14 14:48 | 映画

映画ネタを書く時

今回は映画レビューではなく「ネタを書く時」。。ってネタで。
基本的にこのブログはインテリアの片手間にやることになっております。(はっきり決まったのはつい最近)
気が向いた時に映画を観て「じゃあ、書くか」となるのだけども、エキサイトにログインするのが面倒なので一旦メールでだだっと書く→下書き保存→手直し→コピペ→最後に画像をペッと貼っつけ。。というパターンで投稿。。
で、下書きの時点でamazonなどのレビューを一応見るようにしているかな。

そもそも人様に「この映画レビューを映画選びの参考にしてもらおう」などとは、これっぽっちも思っていないので、勝手に思ったことをつらつらと、好きなように書いている感じのブログなんであります。
よくレビューであらすじを事細かに書いていて、自分の感想はと言えば「面白かった」とか「面白くなかった」とか数行しか書いてないようなのを見かけるけど、あれはどうなんだろうか??
小学生のころ、読書感想文が書けないからと「あらすじ」を書いて字数を稼いだ。。みたいな。(笑)確かにあれって書き出しがなかなか書けないのよ〜。
でも書きはじめると、面白いようにスラスラ書けたりして。

脱線しちゃったよ、ハハ。
私はあらすじを細かく書くような「説明」は好きじゃないので、書かない。あるいは極力簡単にすませるようにしてる。
その映画を知らないで記事を読んだ人は「どういう映画なのか」が分からないと思うから、どっちにしろ参考にはならないと思う。
それよりも、例えば何かを間違ってうちに来てしまった人でも、読んで面白いというか興味を持てるような内容になっていればいいな。。と思って書くことが多い。
映画レビューというよりも、「読み物」としての記事を書けたらいいな、と。


ブログには、いくつかのパターンがありますね。
*来客沢山&コメントほとんどなし
*来客沢山&コメントも沢山
*来客少数&そのほとんどがコメント
*来客&コメントともに少数 などなど。。

本家ブログはありがたいことに沢山の人が来てくれて、コメントも残してもらってる。
このブログを始めた頃は、コメントをもらえるようにしようと思ってやっていたけど、なんかだんだんと面倒くさくなって。。。
今ではTBもいっさい送らず、ただ更新PINGを送るのみ。
で、上のように分類すれば「来客&コメント共にほとんどなし」状態。(笑)
この2つのブログはすっごく両極端なんだけど、でも今ではそれが面白く、快感にも似た感覚に。。。(爆)

人間、多少なりとも二面性があるような気がするけど、そうでもないかな?アタシだけ?(笑)
私はこの2つのブログでそれを表現できてて、良い息抜きができてる気がするなあ。
そもそも本家から独立したのは、そうしたかったからなのかも?
こんなマイナーブログを見にきてくれる人がいることに、驚きも感じておりますが。。( ´~ `;)
間違いなくマニアック&マイノリティ。今これを読んでいるアナタですよ。ププ。
でもやっぱり嬉しいなーと思う。。アリガタヤ~アリガタヤ~

てな訳で、また近々レビューアップしますので、良かったらおつきあい下さいませ。




e0014639_17242261.jpg

[PR]
by suga_m | 2006-11-11 17:30 | notebook

ハイドアンドシーク  暗闇のかくれんぼ

ロバート・デ・ニーロ、ダコタ・ファニング。。
監督ジョン・ポルソン?誰よそれと思ったら、「プール」の監督だった。

この映画、実は少し期待してたんだけども。
評判聞かないなーなんて思ってましたら、見事ドツボ。(笑)
レビューも酷評だらけでしたな。

ダコタ・ファニングはまあおいといて。
デ・ニーロの良さは出てませんねえ。
なんで彼なの?
「密かにデ・ニーロファン」の私は、軽いショックを受けた。
なつかしのエリザベス・シュー。。死にキャラだよ。。意外な展開。
「リービング・ラスベガス」は良かったのになあ。
なんだかキャスティングだけでもってて、出来はB級。
始まって即オチ丸分かりで。。
でも違うかも。。と淡い期待を捨てずにいたのが、間違いだった。
別のエンディングってのも、なしにしようよ。。(´〜`;

監督が悪いのか、脚本が悪いのか。。
そもそも父親である彼の、人生の背景が薄っぺらい。人間性が分からないままに、本題に入られてもねえ。。
監督〜、まだ「プール」の方がB級サスペンススリラーとしては、楽しめたんじゃないかと思うよ。
このキャスティングで、これはないよなー、という映画デシタ。
e0014639_11423492.jpg
[PR]
by suga_m | 2006-11-09 11:47 | 映画