<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

キャスティング・ディレクター

ショーン・ペン、ケビン・スペイシー、メグ・ライアン。。
有名どころが名を連ねているから期待してたけど。。。
正直言って「何じゃコリャ?」というか「何だったのこの映画」っていう印象しか残らなかった。

まずこのタイトル。。紛らわしい!(苦笑)
キャスティングディレクターといいつつ、仕事らしい仕事のシーン無し。
そうだなー。分りやすくいえば、昔トレンディドラマと言われたドラマがあったけど、あんな感じ。
登場人物に場所もすごく限られて狭い世界で、少ない人数がしょっちゅう誰かの家に集結。内輪だけの恋愛模様。。みたいなやつ。
観ててそんなドラマを思い出したわー。

ショーン演じる男。何だか知らないけど、愚痴るかヤクやるかって感じで。
下手にお金があるからたち悪いんだよね。
酒にヤクに女に。。。
ある意味暇な小金持の日常だな、うん。こういう男が周りにいたら、ヤダ!
絶対ぶっ飛ばす。
特に何の代わり映えもしない日常なんだけど、いつか誰かがと思ったら、やはり死人が出た。普段観る映画がドラマチックすぎるのか、この程度じゃ全然食い付けない。でも死人が出るだけでも、現実の生活の中では十分事件だけどもね。

ミッキー(ケビン)のことを冷徹だ皮肉屋だって言ってたみたいだけど、モノグラムを調べるのにつきあってやる優しさは持っている。ヤクはやらないし、結構まともに見えたけど。。あの中にいたからか???
しかし、メグはいつ出てくるのかと思ってたけど、ぜーんぜん出てこないから
ついにはその存在すら忘れてしまい。。やっと出てきた頃には「あ、出てたんだ
っけ」。役柄も、なんだか合わない感じだし。
こういう映画を撮るならもっとうまくやらないと、ただダラダラして終わるハメになるのよね。
e0014639_5454844.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-03-28 05:47 | 映画

ウェザーマン

ニコラス・ケイジ、マイケル・ケイン。。
デイヴィッドはお天気キャスター。家族とも父親ともうまくいかず、大きな仕事のチャンスも掴めるかどうか分からない、さえない毎日を過ごしていた。。。

最初の10分かそこら観ているだけで、彼の「なんだかな〜」な人生がが分かっちゃうのよね〜。道ばたでファストフードを投げ付けられるし、一生懸命なんだけど、いつもどこかずれて空回り。
おかしいような寂しいような、こういう話ってあたしのツボかも。(笑)
やっぱりこういう役をやらせたら、ニコラス・ケイジは上手いな〜と思う。
父と息子の関係。。。
きっと男の人はよく分かるんだろうな。仕事で成功して父親を超えたい。父親に認められたい。なのに父親の病気が発覚。病状は重く、いつ死ぬか分からない。
しっかし、父親の生前葬で停電を理由に実の息子のスピーチをなしにするってあり?
ちょっとひどいんじゃ??

この映画には、いくつか印象に残る言葉がある。
「タルタルソース」だの「らくだの足」だの「アーチェリー」だの。(笑)
父と息子の関係を濃く描く意味では、母親や娘っていう設定はなくても良かったのかな〜とも思ったりもしたのだけど、どうだろ。
娘と一緒になにかをやりたい、娘の心を分かりたい。でもアーチェリーじゃ上手くいかなかった。NYで喜々として洋服を試着する娘。。
父と娘が愉しみを共有できた、唯一のシーンかな。
結構好きかも。
あと、登場人物をフレームで切り取って絵のように見せる手法がたびたび出てくるんだけど、こういうのもあたしは好きだな。

終盤での車のシーン。
親はいつまでも子供の心配をするものだ。。
そうなんだろうなあ。。と思ってなんだかじわーっと泣けちゃった。
結局父親は死に、大きな仕事はつかんだけど、家族とよりを戻すのは叶わない夢になった。
でもしょうがないよね。全てを手に入れるなんて、無理なんだ。
得るものもあれば、失うものもある。
ほんと、現実を受け入れて生きていかないとさっ。
当たり前のことなんだけど、改めて思い知らされた気がした。


e0014639_17202413.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-03-13 17:19 | 映画

陽はまた昇る

旅の道中に観た映画、ラストはこれ。。
こんな映画、いつの間に公開されてたのか。。全然知らなかった。
タイトルが出た時「何、これ?まさかドツボ??」とか思ったけど、なかなかグッドな映画だったな〜。
最後の最後、良いところで到着しちゃって不完全燃焼。なのでDVD借りてしまった。

西田敏行と渡辺謙の競演。
家庭用ビデオVHSの開発にたずさわった、日本ビクターの実話。登場する家電メーカーは全て実名で登場。
これを観ていて、そういえば昔ベータとVHSの戦いがあったなあ。。。なんてことを思い出した。今じゃVHSを当たり前に使ってるけど、当時彼があきらめていたら、今どうなっていたのだろうな〜。
波は確実にベータに傾いている中、会社に嘘の報告をし、信じた道を突き進む加賀谷。最初は加賀谷に反発していた人も最後には一致団結、見事開発に成功。
松下にも直談判しにいき、苦労して作り上げたビデオデッキは店頭に並ぶことに。
開発を押し進めた加賀谷も凄いけど、実はそれを認めた松下幸之助がまた凄いってことかもね。。

西田敏行本人の話によると、原稿第一稿ではソニーがトニー、日本ビクターが日本ビジョンだったらしい。(爆)そりゃないっしょ。実名を出したからこその映画だな。。と思ったね。最後の人文字のシーンは、実際のビクターの社員に協力してもらったんだって。あと、加賀谷のモデルとなった高野さんという人は他界してるんだけど、ほかの当時を知る人が監修として参加したことにより、リアリティが出たのではないかな。

全然期待してなかった映画だけど、やっぱり西田敏行の演技は光ってる。渡辺謙の実直で真面目〜な演技も良いですな。
加賀谷が自宅の庭でぼんやりたき火したりするシーンも、会社とは対照的で良い感じ。
父さんは戦ってます!!って感じが嫌みなく出てる。

常に温厚な加賀谷が、「無理です!」という大久保(渡辺謙)に「無理でもやるんだよ!!!」と感情を爆発させるシーンがある。
妙に心に残っているシーンで、なんだか好きだな〜。
これを観ると、ビバ!日本の技術者集団よ!!ってな気分になれること、うけあい。



e0014639_17132574.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-03-08 17:37 | 映画

デンジャラス・ビューティー2

「ステルス」の次にやった映画。
ドライバーがこれを選択した時、「これってどうなの?」
と思ったのは事実だが。。
まあ2ができるのだから、そこそこ面白い作りになっているんだろうなあ、とも思い。
本を読むより映画だと、軽い気持ちで観てたら結構笑えた。
隣で夫が「・・・・」
クスクス笑っている私を横目で見てたわ。(笑)

もともとサンドラ・ブロックって興味はないのだけど、イメージとキャラが合っててよかったのかも。綺麗なだけじゃなくて、体張ってますって感じの。
げらげら笑い過ぎて、思わず鼻が鳴っちゃうところなんか、うけたわ〜。
実は、あたしも経験あり。あれ、結構恥ずかしいよね。(笑)
女捜査官同士の意地の張り合いみたいなのも、おもろかったな。
特に何も考えずに、観ることのできる映画。

しかし、高速バスって最近ニュースにもなったけど、危険だよねえ。
(実はあのバス会社、結構近いんだよね、うちから。。。)
長時間の運転に加え、運転中のビデオの入れ替えってのは。。。。
観ておいて今さら何だよって感じだけども。(^−^;
考えてみたらおっかねーです。
でもまあ、無事だったから良しだな。

e0014639_17182121.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-03-02 17:19 | 映画