<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

パフューム

これ、長い間観たいと思ってたんだよね。
香りをテーマにした映画。長いから気合い入れて観なくちゃ!
って思ったけど、結構すんなり観終わることができた。

そもそも香水ってのは、中世ヨーロッパでは体臭消しのために発展したものって聞いたけど。大昔、入浴の習慣もなかったわけだし(!)、長いドレスは排泄物を垂れ流すために最適なファッションで、婦人達がこぞって小さな犬を飼ったのは、自分の排泄物を食わせるためだったとか?
想像するに相当街中は臭かっただろう。
今でこそ多くの人が香水をつけるようになった日本だけど、どうしてそんな文化が発達しなかったのかと言うと、毎日風呂に入る清潔好きで必要性がなかったからだろうね。

そんなことを思いださせた冒頭のシーン、もちろん匂いなど画面から伝わるはずもない
のに異様に臭い気がして嫌〜〜な気分になった。
導入部としては成功したつくりだと思う。

人間離れしたとういか、犬なみな嗅覚の主人公。。
目的の女性を追いかけ、はるか何キロ何十キロ?
野を超え丘を超え山を超え。。。匂いだけをたよりに探し当てる様は、もはやのそれどころの話ではなくなっているという。。(笑)
最終的に目的を果たした彼の、その香水。。そんなものが実在するのなら嗅いでみたい、と思った。

終盤からラストはあっけなくて、しかも現実離れしており個人的にはちょっとがっかりしたかも。
小説が元らしいが、先にラストがあり、そこから話を逆まわしに作ったように思えてしょうがない。

あたしもいくつか香水を持っているけど、香水瓶を眺める時ふとこの映画を思い出しそうだわ。
そうそう、意外なところでダスティン・ホフマンが出てたけど、あのとんがった高い鼻といい、神経質そうな様といい、調香師にぴったんこだった。e0014639_14293975.jpg
[PR]
by suga_m | 2008-01-30 14:41 | 映画

デジャブ

これ、サスペンス映画と思っていた人が多いのでは?
あたしもその一人。(夫も同じく)
タイムマシン(実際は監視システムだけど)が出てきた時、ちとコケた。(笑)
え、そういう話?デジャブってそういうこと?
まーいいんだけど。
しかしあんな監視システムがもしあったら。。。うわー、やだやだ。
しかも政府が極秘に開発してるなんてさ〜。

話自体はよーく気をつけて観ていないと、頭ん中が??でいっぱいになる。
昔ターミネーター見て「ん〜?」って思ったのを思い出した。(次元低っ)

4日と6時間前映像と現在を同時に見ながらのカーチェイスには、驚いた。
てか、事故って死んでるだろ!とツッコミを入れたくなった。
劇中にも説明が出てくるけど、もう一つの世界は自然消滅するらしいが。。

彼が目の前に現れたけど。。今そこで死んだじゃーん!!
死んだ彼はどうなるのさ!死体はまだそこにあるわけ!?
分かっているつもりでも、なんか疑問。。。
結構目新しいつくりで、しかも複雑。不思議映画「デジャブ」でしたん。

e0014639_1782376.jpg
[PR]
by suga_m | 2008-01-23 17:11 | 映画

Gガール破壊的な彼女

そうそう、これよ!お正月はこういうのを観なくちゃね!!っていうおバカはちゃめちゃな映画。
まー、ようはスーパーマンの女版ってとこ。でもって異常に嫉妬深い女ジェニーに、ユマ・サーマン。
ブラウンヘアーに眼鏡だとすんごく地味っていうか堅そうなんだけど、ブロンドでGガールになると、結構かっこ良いでないの?

笑っちゃったのはマットとのセックスシーン
ジェニーがマットにまたがり「いくわよ」と言うやいなや、ベッドごと壁に激突
セックスの度に壁が壊れたり、ジョーズを窓から投げ込まれたりするのは勘弁だわ〜。あと異様に嫉妬深いのも、あたしはパスだ。(笑)

まあ内容について、あれこれ言う必要性はないかな。これはこれでいいんではないかと。
e0014639_16274939.jpg

[PR]
by suga_m | 2008-01-18 16:38 | 映画

フリーダムランド

ジュリアン・ムーア、サミュエル・L・ジャクソン。
ジュリアンつながりってことでもないけど、またまたタイムリーで借りちまいました。
子供がいなくなった。。。って、どっかで聞いたようなストーリーだけど面白いかな〜!とちょっと期待した。。。
一応実話が元のベストセラー小説を映画化したってことらしいが、はっきり言うとつまらない映画。
いろいろ話が飛んでて、なんかようわからん。
ブレンダの人となりがつかめないまま終わってしまい。。アレ?
結局なんだったんだろ。別に子供の死を隠す必要もないし、パニックで訳が分からなくなって嘘を云ったというのも、納得がいかず。
人種差別やら問題がほかにもいくつかあるけど、でも私にはどこにも焦点が定まってない感じで中途半端に思えた。
顔ぶれは豪華なのに内実伴わない映画ってたまにあるけど、典型的なそのパターンかと。
事実としての元の話があるのなら、もっときちんと描けたんじゃないか?
作り手の腕が悪かったのか〜〜。不完全燃焼!

e0014639_1822440.jpg

[PR]
by suga_m | 2008-01-13 18:03 | 映画

トゥモローワールド

ハマっちまいました。何も考えなくていい娯楽作品を選んだつもりが、正月から観る映画じゃなかった〜。(ー□ーもっとさばさばしたアクションものかと。。。
これって戦争映画じゃん。
戦闘シーンがドキュメンタリーっぽくて描写がリアルなんだよ。。カメラに血しぶき飛ぶし。
最後の長まわしがすごいっていう話だけど、確かになんとも言えない緊張感があって、自分がそこにいるような気がしてきて落ち着かなかった。
多分カメラワークのせいかと。全編通してだと思うけど、台車?とかじゃなくって手持ちでぶれまくって撮ってる感じ。
だからより不安感や緊張感が生まれるのだと思う。そこは正解。


2027年、人類に子供ができなくなる時代。。時代設定からしてリアルすぎ。(どうして子供ができなくなるのか?そこんとこも描いて欲しかったんだけどね)
そして荒廃した世界。。
政府が自殺薬と抗うつ剤を支給してくれるっていう話が、よりリアルで恐かった。あたしだったら、自殺しちゃうかも。。。
と思えるほど、何の希望も持てない世界に見えた。


ただ、120億もかけて作ったようには見えなかったな〜。
あと、誰も突っ込まないけど、ジュリアン・ムーアが主人公の元奥さんで即死にキャラ。オイオイ。
別にあの人じゃなくてもいいと思うんだけど、どうでしょ?


e0014639_16383612.jpg
[PR]
by suga_m | 2008-01-06 16:42 | 映画

ナイトミュージアム

2008年第一弾は、コレ。
仕事も家庭も駄目駄目な主人公が、ある出来事をきっかけに自分の男として父親としての自信を取り戻す。

なんていう、定番化した話ではある。
どことなく、子供の頃よく歌った「おもちゃのマーチ」を彷佛とさせるストーリー。
分かりやすくて、大人が観てもそこそこ面白く、何も考えずに楽しめる。
娯楽作品としては良い出来ではなかろうか?

ルーズベルト大統領。。。
ロビン・ウィリアムズに似てる気がするけど。。。
と途中ずっとロウ人形に釘付け!!
やはりこの演技、この声、見てくれ、彼としか思えない。
ロビンが出てると知らなかったので、途中ずっとそればかり気にしてて
肝心の話に集中できず。(笑)
芸風からして、もろだよな〜〜〜〜。
しかも彼が出てるから、よけいに「ジュマンジ」の再来かと。

歴史の点からも、ちょこっと勉強になる?
かも!?
オーウェン・ウィルソンが西部開拓時代のミニチュアに扮してるところなんか、
ぴったんこのキャスティングだと思ったわ〜〜!拍手!
e0014639_18135751.jpg
[PR]
by suga_m | 2008-01-03 18:12 | 映画