タグ:サスペンス ( 47 ) タグの人気記事

フライトプラン

ジョディー・フォスター主演。
閉ざされた空間。娘を守るために一人戦う母親。。。「パニックルーム」を彷佛とさせる映画。しかし、これ。。何が描きたかったのか?特典も見てないから、よく分からないけど。
最後に乗客の一人が「凄い母親だ」とつぶやくシーンがあるけど、凄い母親を描きたかったのか?(笑)
なら、その点では成功しているが。。
上空1万メートルで娘が行方不明。。誰も娘を見たものはいない。この設定はどうなんだろ。誰一人として娘を見たものがいない?そんなこと現実にあるのかー?
100歩譲ってあったとしても、娘をさらっていく時、誰にも見つからないなんてこと、それこそないんじゃない?大体映画的に娘同伴なのはカイルの妄想だった、なんてオチな訳がないんだからさ。。誰が犯人なのか。。なぜ娘をさらったのか。
犯人の動機は?なぜ彼女らを狙ったのか?全てが中途半端で全く説得力なし。
ただ、母親の必死さ加減は分かりやすいけど。。感情移入はできなかった。もしそれを狙っていたのなら、いいんだけど。(やっぱジョディーの演技力ってことか)
あの犯人自体しょぼかったし、キャビンアテンダントにいたっては、その存在が何だったのよって感じ。
飛行機という閉ざされた空間を生かしきれてない。
航空機の設計士で、乗ってる機も自分が設計したという設定だが、「私は誰よりもこの機のことを知り尽くしてるのよ、おーほほほ」って感じもあんましないし。大してアクションがあるわけでもないし。。
最後に娘を抱えて飛行機から降り立ち歩いてくるシーンとかも、全然感動的じゃないし。気持ちが入っていかなかったのも、しょうがないのかな。
とにかく何が言いたかったのか、描きたかったのかが分かりにくい。
ジョディーがなんでこれに出たのか、よく分からない。子供を守る強い母親という役柄
に、執着でもあるのか?なんてことを思った。
私は「パニックルーム」の方がまだ良かったと思うなー。。さんざんな評判みたいだけど。
******************************************************************************
実は我が家の大型液晶テレビが故障してしまい、修理に出している。。そろそろDVDでもと思った矢先のことで、がっくり。14インチのテレビじゃなーと思っていたら、夫が借りてきたので観てしまった。さすがに映画観るような大きさの画面じゃないな〜。
もう1本映画あるけど。。大画面じゃないと観る気がしない映画だものなー。
e0014639_15335328.jpg
[PR]
by suga_m | 2006-06-27 15:42 | 映画

スパイダーフォレスト

飛行機事故で妻を亡くしたテレビプロデューサーのカン・ミン。彼はある日、“蜘蛛の森”で交通事故に遭い、ひん死の重傷を負う。意識を取り戻した彼は、森で見た2つの死体について語った。その死体は、彼の上司と恋人。。なぜ二人は死んだのか。。交錯する記憶の中、彼は真実を追い求めていく。

ってな話。(-_-
何かの映画に、「オールド・ボーイ」と一緒に宣伝で入っていた映画で、ちょっと気になっていたので。。
で、私はこういう手のサスペンスは結構好きなんだけど。。。この映画の失敗は、複雑にしすぎたところでしょうかね。
なぜあの少女のエピソードじゃなくてはいけなかったのか。
彼のおいたち、トラウマについてをもっと映像で見せた方が分かりやすかったのでは?
そこをごちゃごちゃさせ過ぎたため、なぜ殺人にいたったのかというところに説得力が乏しい気がした。
これはR18指定らしいのだけど、私はそういうのは大抵平気なんだけど、所々でちょっと引いちゃったとこがあった気がする。(たえられない、という次元じゃなくって)

まあサブタイトルは「懺悔」で、最後まで見ると「ああ。。」って分かるのは分かるんだけどね。
でもちょこちょこ予想を裏切られたりもしたし、複雑にしすぎたため「納得いかん」
結果になってしまったのは、残念だった。もっと単純にした方が、良かった気がする。
e0014639_2054660.jpg

[PR]
by suga_m | 2006-04-19 20:58 | 映画

フロム・ヘル

ジョニー・デップ、ヘザー・グラハム主演。
デップ様が続いてるけどいいかなと思って借りてみた。
あれ?これって彼が切り裂き魔じゃないの??
んん??
「ジョニーが切り裂きジャックに挑戦」という見出しに「=犯人」と思いこんでしまったため、いまいち入り込んで観ることができなかった。非常にもったいないことした。。(バカ)

まあいいんだけど、ジョニーってば、こういう時代ものが似合うっていうのか。
落ちはこちらの勝手な思い込みもあって、「えー!なによそれ」てな感じ。
ただアヘン中毒の刑事役ってのは、似合ってたなー。以前観た「シークレット・ウィンドウ」もそうだけど、ちょっとすさんだような雰囲気の役が似合ってる。
それに時代物の衣装姿も、すごく似合ってる。この映画は、ジョニー好きにはたまらないんだろうなあ。
e0014639_21554993.jpg
[PR]
by suga_m | 2006-03-30 21:59 | 映画

オールドボーイ

韓国映画です。
原作は漫画。土屋ガロン(狩撫麻礼)&嶺岸信明の「オールドボーイ」。
ある日突然誘拐されたオ・デス。15年という長きに渡り監禁された彼は、ある日突然解放される。自分を監禁した奴をつきとめ復讐するのが、今の彼の生きる糧になってた。

まあ重い話でエグイとこも結構あり。なんだけど、ところどころブラックユーモアがあって、面白い。
監禁屋ってのは良い発想だなーと思う。面白い。
オ・デスが監禁屋をつきとめ乗り込んだシーンがめちゃくちゃ笑える。
こういうの、好きだなあ。原作も同じなのかな?

どうして15年も監禁していたのか、という理由が分かった時。確かに彼のやったことは、悪い。けれど。。そもそも禁断の世界に踏み込んだ自分達はどうなのか?とかそんな人目に付くところで愛し合っていた自分達はどうなのか?なんてこと思ってしまったんだけど。
そして最後には、お互いの恨みがぶつかりあい。。

監禁された恨みを晴らすべく奔走する男が、実は逆に恨まれていたというストーリーは良いかも。役者もなかなか良い感じだった。特に恨みだけで生きてる男の、何をも恐れない様っていうのかな?よく出てたと思う。でも普通は15年なんて、気が狂ってしまいそうな気がするけどね。それだけ恨みを糧に生きてたってことなんだろうけど。
最後のシーンは、回りくどくて要らない気がした。ちょっと残念。

狩撫麻礼原作だと「天使派リョウ」を持ってるけど、面白いストーリーで好きだ。
この作品も読んでみたいなと思った。
e0014639_10433431.jpg
[PR]
by suga_m | 2006-03-25 10:56 | 映画

引き裂かれたカーテン

アルフレッド・ヒッチコックの50本記念作品らしい。。
友達ののぶちんのお勧め映画で、探して捜してやっと先日見つけて、鑑賞。
ポール・ニューマン、ジュディー・アンドリュース主演。ポール・ニューマン、なつかしー。
実は、一度途中まで観て寝てしまい、続きを翌日観ていてまた寝て。。結局細切れに観たのであまり感動が得られなかった。(笑)
いや、別に面白くないからって訳じゃなくて、単にワインを飲んでて眠くなってしまったというだけの話なのだが。
この映画、現代の映画にはないものがあり、新鮮だった。
リント教授との絡みや、バスとか劇場のシーン等、妙にハラハラさせられる箇所がある。バスのシーンは結構長かったような気がするのだが、飽きさせず観ている者を引きつける。何がどうという手法ではないのかもしれないが、その辺りはヒッチコックの上手さなのかなと思った。多分下手な人が作ると中だるみ。。になってしまいそうなシーンだったのは、確か。

やっぱ今の映画って、結末が二転三転したりして、ひねりすぎてややこしかったりするんだよね。
この映画は、最後まで「どうなるんだよ」と思わせるけど、結果はまあ分かっているのである意味安心して観れたかも。

ヒッチコック映画としては評価が低いみたいだったけど、どうなんだろ?それほど彼の作品を知ってる訳じゃないから、なんとも言えないんだけどね。

e0014639_22364835.jpg

[PR]
by suga_m | 2006-03-20 22:41 | 映画

ヴィレッジ

Mナイト・シャマラン監督、ホアキン・フェニックス、エイドリアン・ブロディetc。
んーと、まず決定的に間違ったのが、ホラーと思い込んで観てしまったこと。
いや、ひょっとしたら違うのかもなんて事も、ちらりと思ったりもしたのだが。
時代が古いのかなー?という感じもしたのだが、このあたりがちょっと分かりづらい。
村人の服装やら生活ぶりは「アーミッシュ」を彷佛とさせる感じがした。
監督は、ここからヒントを得たのかもしれない。
しかし、彼等は文明から離れた生活をするのが目的ではない。ある理由から外界とは森で隔たれたところでひっそりと暮らしている。なぜ外界とはつながりをもたないか。。ここがこの映画のポイントになっている。

正直こんなことあり得ない。不可能だと思う。
楽しいことも辛いことも、全て受け入れて生きていたい私にとっては、なんか釈然としない話だ。だいたい、そんなことがしたいなら、したい人間だけですればいいのでは?
結婚したり、子供をもうけたり。。
一番不幸なのは、望んでもいない生活をしなくてはならない子世代、孫世代。
そして一番弱者である、知的障害、視覚障害を持った人間。
劇中では、彼等がキーマンになっている。これはとても皮肉な話ではないか。。
人間の弱さ。大きな愛情。
それとも知ることの恐さ。知らないということの恐さ。。

観終わってからあれこれ考えていたら、この映画は実はとても深い話なのではないか、と思った。
社会派?人間ドラマと言った方がいいかもしれない。

最後に出てくるシャマラン監督。。ほかの作品でもちらりと出演していたようだが、彼はユーモアがあるらしい。。それとも単なる出たがりか?(笑)
e0014639_20295919.jpg

[PR]
by suga_m | 2006-03-15 20:36 | 映画

シークレット ウィンドウ

スティーブン・キング原作の「秘密の窓 秘密の庭」という小説の映画化。
小説家モート(ジョニー・デップ)の前に、突然現れた謎の男シューター(ジョン・タトゥーロ)。
自分の小説を盗作したと詰め寄る、この男の正体とは。。

この映画の残念なところ、と言ってよいのか分からないが、シューターが現れてしばらくするとその正体が分かってしまう。というか、こういう手の話が好きな人ならば、だいたい結末がどうなるのか想像がつくと思う。

ただ、展開が分かったからと言って「つまらない」かと言えば、そうでもない。
終わってみて夫は「つまらんー」とか言っていたけど、私は結構好きだ。
というのも、ジョニー・デップがよく演じているから。もちろんジョンも良い味出しているのだが。なんか神経質な感じとかだらしなさとか、ちょっと創作活動に行き詰まった小説家をよく表せているとこがいい。
はまり役だと思う。

編集でカットされた未公開シーンも観たが、確かに入れない方が断然良かった。
この判断は正しかったと思う。

スティーブン・キング原作って、ハマる時も多々あるので正直どうかなあと
思っていたのだけど、この映画は良かった。変に長くないところもポイントかな。

e0014639_2391919.jpg

[PR]
by suga_m | 2006-03-11 23:12 | 映画

二重誘拐

ロバート・レッドフォード、ウィレム・デフォー、二大スター競演。といううたい文句。こういうのに限ってハマるんだよな。。と思いつつも気になっていたので、借りてみた。
まずは邦題「二重誘拐」。これ紛らわしい。誰がつけたのよ。どこが、何が二重誘拐なんだろう?
それを気にして観ているので、中盤辺りまでは頭の中で「??」マークが。。。
自分としては、きっと主人公がなんとか自力で犯人と格闘、優位に立ち、最後は見事犯人逮捕でハッピーエンド。的なストーリーを予想していたんだけど。
「先の見えない作り方をしたい」というのが狙いだったそうで、なるほどそうか。と思った。
特に何かすごい展開があるわけじゃなく、人物描写で静かに話が進み。。
最後はちょっと意外な結末。いや、ひょっとしてとは思ったけど。
近所のきっといつもよく使うスーパーで、あの100ドル紙幣を何枚も使うアーノルド。
奥さんと二人で逃亡の話は?ウェインの書いた手紙を投函してやる彼だから、そんな事できるはずもなかったんだろうか。。
ウェインとアイリーンのシーンも。。
何故か最後はじわっと来てしまったのだった。イカンイカン。(笑)
にしても、最近ながーい映画が多い中で、これは90分台。最初は117とか119とかあったらしいんだけど。立派です。
途中で「なんか話切れてない?」と思わせちゃったところは、いかがなもんかと思わなくもないけど。
ウィレム・デフォーは、やっぱ「プラトーン」の時が最高だったな。
出る映画を選ばないのか?どんどん変になっていくからあまり見たくなかったんだけど、この役は結構良かったかも。



[PR]
by suga_m | 2005-11-21 14:39 | 映画

グレアム・ヤング毒殺日記

今世間を騒がせている事件。
女子高生が実の母親に毒を盛る。。という信じられないショッキングな話。
第一報をニュースで見たとき、この映画を真っ先に思い出した。

グレアム・ヤング。
実在したイギリスの毒殺魔。実在した人物という所に非常に興味を持って、思わず借りた記憶がある。

もう7〜8年くらい前になるだろうか。一度しか観てないのに、印象が大きすぎて今でも時々思い出す。またもう一度観たいと思っていた矢先の事件報道だった。
あの映画に似ていると思っていたのだが、実際に彼女がグレアム・ヤングが好きだと書いていたと知ってとても驚いた。

どうしてそんなことをしたか、知る由もない。
ある人物に憧れる気持ちが強いがために、その人物になりきったり同じことをする、という事は珍しくはないのだろうが。。
タリウムを使ったり、自殺を図るところも同じ。。

この映画はブラックコメディー調に作られていて、流れる音楽もハードロック。
重々しく作っていないところが、逆に新鮮で(こんな言い方してはいけないけど)面白く、印象深かった。淡々とテンポ良くストーリーは進むが、被害にあった家族や周囲の人間の、毒によって変わり行く様が観ていて余計に恐ろしい。

最終的に彼は獄中で服毒自殺を図り、あっけなく死んでしまう。
この映画は何だったんだろう。。彼はどうしてこんなことをしたのか。彼の人生は何だったんだろう。。。そんな事を思い、空しさを感じた。
[PR]
by suga_m | 2005-11-03 10:40 | 映画

インザカット

メグ・ライアン主演で、初のヌード、ちょいときわどいセックスシーンに挑戦!というふれこみだったので、気になってた。
でもメグだよなあ。。どうしよう。。とも思ったりもして。。
借りるまでに時間がかかったんだけど、先日やっとこ借りてみた。

普通の恋愛ものなのかと思っていたら、全然違っててサスペンスだった。それもありがちなストーリー展開。

メグ演じる主人公フラニーが他人のセックスをかいま見て、その夜一人でやっちゃうシーンとか、刑事とのセックスシーンとか。。。。メグだからか、あんまりドキッと来なかった。体つきもハリウッド女優にしては貧弱過ぎた。。。(´ω`))
あと、画面が見づらいのはわざとだったのか?
暗すぎて。。あんま見えなかった。(爆)どうせやるならもっと潔くやんないとね。
そういうところが「頑張ったぞ!」と言えない部分かなと。

その後の評判をあまり聞かなかったきがするけど、いまいちだったってことなのか?
だいたい想像はしていたけど、こんなもんかあ。という映画でありました。




[PR]
by suga_m | 2005-09-06 16:22 | 映画