タグ:ジョニー・デップ ( 6 ) タグの人気記事

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

夫が前売りを買ってきてくれたので、平日の朝一番から、意気込んでみてきたのさ。
あたしは2→1という順番で鑑賞していた(DVD)のだが、多分一番うけたのは2。
これだけバカバカしく面白いのだったら、さぞかし3も。。。。
かな〜り期待したのは言うまでもない。

以下、鑑賞事前に余計な情報を得たくない人は読むべからず。
(一応モロバレはしないつもりで書いているが)


あたしはさ〜、ダラダラと説明が長いような映画は好きじゃないのよね。
ある程度の時間で伝わるべきだと思うしね。
とにかく様々な登場人物があーだこーだやってて忙しい。
みんなついてきて〜〜〜〜!!
って感じなんだけども。

長いっ、ついてけないっ。
途中眠くなったぞ、何度か。しかし耐えた。
個人的には2に詰め込み過ぎ&2で燃え尽きた感ありあり。
3はつじつま合わせのエピソードが多々。
それぞれのキャラが分かりやすかった前作と違い、今回は
キャラが生きてない。
特にジャックのキャラは何処に。
エリザベスとの三角関係。。描けてない。
バルボッサはいつから良い人に?ま、共通の敵をやっつけるってことで、いいのかもしれんが。
シンガポールの海賊。あっけなさすぎ。。。
ただエリザベスを海賊長にするがための、理由付けが欲しかったとか。
キース。。。それだけ〜〜?
「カリプソ」。。。巨大化には口あんぐりよ〜〜〜。
デイヴィ・ジョーンズ。。。。

なかなかあたしの頭ではついてけなかったぞ。
ちなみに、エンドロールで席を立ってはいけません。という注意書きがある。
多少の期待があったが、ラストはなくてもいいとあたしは思った。
ちなみにエンドロールで席を立つのは、どうなんですかね??いつも思う。

期待が大きすぎたからだろうけど、劇場で観るなら個人的にデッドマンズチェストを観たかった。。。。。。
やっぱ2と同時に3を作ったのが間違いだったのでは。。
そう思ったのはあたしだけだろうか。

夫曰く
「一番いい演技をしてたのは、猿のジャック」
確かに。
まさかまだ続編作ろうとしてないよね。
え、当然してるって?!(−w−;

e0014639_022532.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-05-29 01:00 | 映画

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

お待ちかねの2作目。
一年最後と新年最初のレビューがこの映画ってのも。。なかなか自分としてはオモシロかったかも。
150分という長丁場ではあったけど、わりと飽きずに最後まで魅せてもらった。
脚本家は続編を作るとは思わず、1作目を完結させてしまったそうだけど。
まさかこれ、3作目もあるとは。。大変じゃ。(*o*;
キャスト。。。無理矢理全員集合!的な感じも、しなくもない。まあでも単純に楽しめる作品として観ればいい話であって、内容が。。とか設定が。。とか言う次元でもないと私は思ってるので、これはこれで楽しめる作品だと思う。

今回はおもしろおかしく見せ場を作ろう。という感じが見て取れた。水車や串刺しギャグシーンなんかは、アニメの実写版という感じで。娘と私は、どのシーンも大爆笑。ジャックの逃げる時の走り方なんかも、結構考えられているような。

うーん、やっぱステキ。ジャック・スパロウ。つかみどころのないキャラとしては、前作の方が分かりやすくて生き生きしてた気がするけど。。。
しかしエリザベスのやつ、人には「最後には善い人になる」なんて言っておきながらジャックを置き去りにするなんてさ、ちと酷くないかい?まー、そうしないと続編に続かないっていうか。無理矢理そうした感じもアリか。
でも、時には味方になり、時には自分の目的のために相手を利用する。。なんて関係性が、この映画の魅力の一つなんだろうけどね。

特典って、日頃あまり見ない方なんだけど、これは見てしまったな。
まだ途中だけど。
脚本家2人の映像解説。。ってのは。。しんどいが。(笑)
お正月に観る娯楽作品としては、十分堪能した私たちだった。
次はどうなるのかなー。
e0014639_20342678.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-01-02 20:47 | 映画

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち

今さらなのだが、やっと観たぞ〜〜!
いや、前に借りてきたことはあったんだけど、あたしだけ観てなかったのよね。
このたび我が家で正月観賞用に「デッドマンズチェスト」を購入。(笑)
なので1作目もまた!ってことで、借りたわけ。
っつうわけで、今年最後のレビューいってみっか。

いやはや。ジョニデいいねえ。。
あのひょうひょうとした感じ。見てくれが変なはずなのに(だってあのメイクにあごひげで三つ編みって、アンタ)、カッコイイとか思っちゃってるあたし。ごく普通の人の役よりも惹かれてるって。。変わりもんかしら。

やべー、どんどんジョニデにやられているよ。(爆)
何事にも、スロースターターなのだった。

娯楽作品としては、なかなか良い出来だね〜。
個人的にエリザベスの父親がおもろかった。
海賊たちが骸骨の姿で戦うシーンも、面白い。
バルボッサの最期の台詞も、いいね。
ラスト、舵を握ったジャック・スパロウ。。かっこいいぜ。

行っちゃって!水平線まで地の果てまで、ぶっ飛ばして行っちゃって!!!
(ー▽ー)/
ってな感じ。

そういや、テレビでやる物まねが好きで、よく見るあたし。
何度かジャック・スパロウに似てる人を見たけど、ほんっと似てる!!あれで日本人って。。。どうなってんの。って思う。
ああ、いいなあー。宴会とかさ、家でああいう格好してくれる人がいたらな〜〜!(は??)
ま、そんなこたいいとして、
ジャックが夢に出てきたらどうしよう。(笑)

e0014639_15514635.jpg

個人的に好きだから、真ん中に(ウソ)
[PR]
by suga_m | 2006-12-31 15:57 | 映画

チャーリーとチョコレート工場

ティム・バートン監督作品。
やっとこさ観た。
娘の「友達の家で観たけど、面白いよ」の言葉通り、笑える話。
何が面白いって、ウンパ・ルンパのあのダンスなんすか?!
バカバカしくて爆笑。
ジョニーって、ほんともうふっつ〜うの現代劇なんて、できないんじゃないか?と思うほどハマってましたな。演技もきらっと光ってるし。
単なる変わり者かと思いきや。
「ご両親」を言おうとするとかんでしまうのは何でだろうと思ってたら、実は父親のことでトラウマが。。
おふざけではなくてきちんと物語になっていたので、それはまあ良かったかなと。

これって原作がちゃんとあるらしい。
なので、お金はあるけど我侭な子供とか、貧乏だけど清く正しく。。って感じの素直な子供とか。。分かりやすくてありがちな設定だけど、納得。そう考えれば、あそこまで子供に対して手厳しくなるのも、めでたしめでたしなエンディングも納得かも。
ウンパ・ルンパがうざいとか、子供に対して酷すぎるとかで嫌いだという人もいるらしいけど。。
別にいいんじゃないかと思う。憎たらしい我侭子供に「そうそう自分の思うようにはいかないよ」って教えるべき親が、そもそも皆ずれてるんだし〜。

監督の作品というと、「シザーハンズ」は公開当時劇場で観たけど、昔すぎてほとんど覚えてない。ほかの映画も知らないし。
だからティム・バートンの世界観がどんなものか、あんまり良くは分からない。
でもこの映画に関しては、私は結構好きだなー。
登場人物ほとんどが強烈でブラックで、でもなんか憎めなくて。。思わずニヤリとしちゃうような。
私は、なかなかグッドな映画だったと思うけど。

最後に、ツアーが終わって工場の外にでる家族たち。
元の姿とは似ても似つかなくなった子供は、どうなるんだー?と素朴な疑問。。まあそれもあの映画だから、いっか!!ってことで。(笑)

e0014639_15391724.jpg

[PR]
by suga_m | 2006-09-14 15:47 | 映画

フロム・ヘル

ジョニー・デップ、ヘザー・グラハム主演。
デップ様が続いてるけどいいかなと思って借りてみた。
あれ?これって彼が切り裂き魔じゃないの??
んん??
「ジョニーが切り裂きジャックに挑戦」という見出しに「=犯人」と思いこんでしまったため、いまいち入り込んで観ることができなかった。非常にもったいないことした。。(バカ)

まあいいんだけど、ジョニーってば、こういう時代ものが似合うっていうのか。
落ちはこちらの勝手な思い込みもあって、「えー!なによそれ」てな感じ。
ただアヘン中毒の刑事役ってのは、似合ってたなー。以前観た「シークレット・ウィンドウ」もそうだけど、ちょっとすさんだような雰囲気の役が似合ってる。
それに時代物の衣装姿も、すごく似合ってる。この映画は、ジョニー好きにはたまらないんだろうなあ。
e0014639_21554993.jpg
[PR]
by suga_m | 2006-03-30 21:59 | 映画

シークレット ウィンドウ

スティーブン・キング原作の「秘密の窓 秘密の庭」という小説の映画化。
小説家モート(ジョニー・デップ)の前に、突然現れた謎の男シューター(ジョン・タトゥーロ)。
自分の小説を盗作したと詰め寄る、この男の正体とは。。

この映画の残念なところ、と言ってよいのか分からないが、シューターが現れてしばらくするとその正体が分かってしまう。というか、こういう手の話が好きな人ならば、だいたい結末がどうなるのか想像がつくと思う。

ただ、展開が分かったからと言って「つまらない」かと言えば、そうでもない。
終わってみて夫は「つまらんー」とか言っていたけど、私は結構好きだ。
というのも、ジョニー・デップがよく演じているから。もちろんジョンも良い味出しているのだが。なんか神経質な感じとかだらしなさとか、ちょっと創作活動に行き詰まった小説家をよく表せているとこがいい。
はまり役だと思う。

編集でカットされた未公開シーンも観たが、確かに入れない方が断然良かった。
この判断は正しかったと思う。

スティーブン・キング原作って、ハマる時も多々あるので正直どうかなあと
思っていたのだけど、この映画は良かった。変に長くないところもポイントかな。

e0014639_2391919.jpg

[PR]
by suga_m | 2006-03-11 23:12 | 映画