タグ:スティーブ・マックイーン ( 2 ) タグの人気記事

タワーリング・インフェルノ

1974年の作品。スティーブ・マックイーン、ポール・ニューマン。。

サンフランシスコにそびえ立つ地上138階の超高層ビルの落成式の日、発電機の故障から発火、たちまちビルは炎の地獄と化す。。。というパニックもの。

「大脱走」と共に子供の頃好きだった作品。
子供だったから、あまり深く考えてなくて「すごい」「恐い」っていう印象の映画だった。

改めて今見てみると。。
やっぱり現代のCGに慣れきっているからか、多少の物足りなさを感じる。
セットがちょっとちゃちだったり、煙もうもうの中を意外と平気そうに歩いていて「もうあれ死んじゃってるだろ、現実だったら!」なんて思ったり、隊長がえらい軽装備で現場に乗り込むので、おいおい大丈夫なのかい?と突っ込み入れたくなったり。。そういう細かい所が気になった。

でも人間模様は描けているし、わりと淡々とした演技が逆にいいのかな。
と思う。




展望エレベーターを吊り下げる所は、「えー、そういう話だったっけ!」って。。
記憶って曖昧だな〜〜。

当時は最先端のファッション、建物、内装だったんだなー。
今見ると、古いけど新しい。
置いてあるソファや椅子なんかは、ミッドセンチュリーの流れそのままって感じだし。
そういう視点で見るのもまた楽し。
165分だけど、それほど長いーとは思わない。

最後二人のクレジットがほぼ横並びなんだけど、ポールの方が若干上ってところはなるほどなって思った。二人とも大スターで、スティーブはポールへの憧れが凄くあったらしいし。
スタッフはやっぱ順序やら悩んだんだろうね。
このジャケットも、マックイーンの方が名前も写真も若干下で面白い。


画像デカ過ぎ。。
[PR]
by suga_m | 2005-06-06 14:40 | 映画

大脱走

子供の頃、何度となくテレビで観ていたこの映画。最も好きな映画はと聞かれたら、これを挙げるだろう。
戦争映画が好きなんてと非難されそうだが、「大脱走」は間違いなく不朽の名作だと私は思う。

以前松本市で閉鎖される映画館があり、最後のイベントで色んな映画の上映をやっていた。この映画が上映されると聞いた時、絶対行きたかったのだが行けずにとても後悔した。
公開された当時、私は生まれていなかったので映画館で観る事はなく、今のようにビデオもない時代テレビの映画の時間を楽しみにするしかなかった。あの頃年末といえば「大脱走」を放送していたような気がする。。テレビから流れる大脱走のマーチ。なんだかワクワクし、思わず口ずさんでしまう。一度でいいから巨大スクリーンで観てみたかった。だから我が家に大型液晶テレビがきたら、絶対この映画を一番最初に観ようと心に決めていたのだ。

スティーブ・マックイーン、ジェームス・コバーン、チャールズ・ブロンソンetc。。
劇中に出てくるこれらの俳優が大好きなのはもちろん、他の俳優たちもすごく好きだ。それぞれのキャラクターがちゃんと描かれていて、子供でも分かりやすく見せてくれる。
当時これらの俳優が好きだったとは、かなり渋い好みだと自分でも思う。
マックイーンが亡くなった時は、それはショックだった。

何てったって、マックイーン演じるヒルツ、カッコイイ。めちゃくちゃカッコイイ!なんでこんなにカッコイイんだろ?
なんだか彼の周りだけさわやかな風が吹き抜けて行くみたい。
基本、一匹狼なんだけど全く他人と交わらない訳ではない。でも最終的には独り。
そう言えばジェームス・コバーン演じるセジウィックも単独で行動していて、なんだか惹かれるものがあった。彼のチャリでの脱走劇がなんだかほんわかムードで良かった。

でもなんて言ってもやっぱりヒルツ!
ドイツ軍のバイクを奪い、芝の丘陵地帯をスイスとの国境目指して爆走して行く様は、何度観てもわくわくする。
結末はもう分かっているのに、いつも「頑張れ、ヒルツ!!」と応援してしまう。
ハラハラドキドキ新鮮な気持ちで観ることができる。

子供心になんでヒルツは捕まっても銃殺されないのかな?と疑問に思っていた。でもなんとなく、主人公なんだからこれでいいんだろうと思っていた。

これが殺される映画だったら、こうは行かなかっただろう。
彼が生きているからこそ、希望が持てるエンディングなのだから。
きっとヒルツなら不屈の精神で、また脱走してくれるに違いない。そう思っていた。
「お帰りヒルツ」と放られたグローブとボールを受け取り、独房で壁に向かって投げる音。
振り返るドイツ軍兵士。

これこれ、これだよ!
さすがヒルツ。最高!

戦争映画と言えば惨い戦闘シーンが思い浮かぶ。手や足がふっ飛んだり、内臓が飛び出したり。。
CG大全盛の現代、映像化できないものはないというくらい、その技術が発達してきたと思う。
そんな今だからこそ、この映画の魅力が再発見されるのではないだろうか。。
戦争映画としては厳しい評価だという話らしいが、どうだろう。いろんな切り口があっても良いようにも思えるし、人間ドラマとしてのこの映画が私は好きだ。

私がかつてそうだったように、ひなこもまたこの映画の魅力が分かったようだった。
なんだかとても嬉しくなった瞬間だった。

[PR]
by suga_m | 2005-05-13 15:32 | 映画