タグ:ニコラス・ケイジ ( 3 ) タグの人気記事

ワールド・トレード・センター

テレビのニュースで衝撃の映像を見てから、早いものでもう6年がたとうとしている。
無事に生還した二人の警官に焦点を当てた、この映画。
きっと事実に忠実に基づいていて、お涙ちょうだいにならないストーリーになっていると思う。
今までの自分を振り返ったり、もう駄目だと思ったり。。
本人と家族、そして彼等を取り巻く人々の思い。
真っ暗な瓦礫の下に、お互いを励ましあいながら痛みをこらえ、必死に助けを待つ。
想像しただけで、ぞっとする。

皆それぞれ、大切な家族を思う。
でも我に返ったとき、自分の身にだけ起こった出来事ではないと。。改めて思い知らされる。瓦礫の下になっていても、発見されただけいい。
どこにいるかも、生死も分からない家族を待つ人々が、そこにはいた。
「昨晩、息子を怒鳴ってしまったの」と後悔の涙を流す母親に、心が痛んだ。
もっと優しくしてあげれば良かった。愛してると言いたかったと。
私たちはきっと、日々漫然と生活している。
こんな悲劇が自分の身の上に起こるとは思わず。
ただなんて言うことのない日常が、こんなにも平和で幸せなことなのだと改めて思わずにはいられない。二人の生存者に向けられた、人々の思い。
人々の暖かい心の絆がどんなものだったのか。。。助け出された彼らの目に映ったその光景を通してまた、私たちも感じることができたのではないか。


んー、でもちょっと残念なのが、家族や友人といった重要な役柄の役者たちがあまりよくなかったこと。そう思ったのはあたしだけだろうか?
オリバー・ストーンも、どうなんだろーなー。。ウーム。

e0014639_17183444.jpg
[PR]
by suga_m | 2007-06-06 17:21 | 映画

ウェザーマン

ニコラス・ケイジ、マイケル・ケイン。。
デイヴィッドはお天気キャスター。家族とも父親ともうまくいかず、大きな仕事のチャンスも掴めるかどうか分からない、さえない毎日を過ごしていた。。。

最初の10分かそこら観ているだけで、彼の「なんだかな〜」な人生がが分かっちゃうのよね〜。道ばたでファストフードを投げ付けられるし、一生懸命なんだけど、いつもどこかずれて空回り。
おかしいような寂しいような、こういう話ってあたしのツボかも。(笑)
やっぱりこういう役をやらせたら、ニコラス・ケイジは上手いな〜と思う。
父と息子の関係。。。
きっと男の人はよく分かるんだろうな。仕事で成功して父親を超えたい。父親に認められたい。なのに父親の病気が発覚。病状は重く、いつ死ぬか分からない。
しっかし、父親の生前葬で停電を理由に実の息子のスピーチをなしにするってあり?
ちょっとひどいんじゃ??

この映画には、いくつか印象に残る言葉がある。
「タルタルソース」だの「らくだの足」だの「アーチェリー」だの。(笑)
父と息子の関係を濃く描く意味では、母親や娘っていう設定はなくても良かったのかな〜とも思ったりもしたのだけど、どうだろ。
娘と一緒になにかをやりたい、娘の心を分かりたい。でもアーチェリーじゃ上手くいかなかった。NYで喜々として洋服を試着する娘。。
父と娘が愉しみを共有できた、唯一のシーンかな。
結構好きかも。
あと、登場人物をフレームで切り取って絵のように見せる手法がたびたび出てくるんだけど、こういうのもあたしは好きだな。

終盤での車のシーン。
親はいつまでも子供の心配をするものだ。。
そうなんだろうなあ。。と思ってなんだかじわーっと泣けちゃった。
結局父親は死に、大きな仕事はつかんだけど、家族とよりを戻すのは叶わない夢になった。
でもしょうがないよね。全てを手に入れるなんて、無理なんだ。
得るものもあれば、失うものもある。
ほんと、現実を受け入れて生きていかないとさっ。
当たり前のことなんだけど、改めて思い知らされた気がした。


e0014639_17202413.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-03-13 17:19 | 映画

ナショナル・トレジャー

主演は、我らが(?!)ニコラス・ケイジ。監督はジョン・タートルトーブ。
調べてみて驚いた!この監督の作品には「フェノミナン」や「クール・ランニング」(下〜の方にレビューあり)があるんだって〜!へええー。。

内容は、簡単に言えば宝探しの映画。
「インディー・ジョーンズ」や「トゥームレイダー」みたいな感じと言えばいいか。
この2つの映画の真ん中らへんに位置するような映画かも。
まあ間違いなく、女性より男性ウケする映画。
男性にとっては、この手の話はワクワクするだろうからね。

久々に観たわ、ニコラス・ケイジ。あたしはいわゆる二枚目っていう俳優は好きじゃなくって、どっちかってえと三枚目で味のある人が好き。(うちの夫も。。。。。。爆)
ケビン・スペイシーもいいんだよね〜。芝居上手いし。
ニコラスは。。。やっぱ「リービング・ラスベガス」が良かったわ!なんてはまり役!
すさんだ感じとだらしなさと虚無感。。。彼以外にできようか。
おっと、その話じゃなかったっけ。

出来はまあまあかな?
しょっぱなに釘付けになったのは、ニコラスのヘアスタイル。
あれ?なんかズラっぽいよねえ〜。色も栗毛みたいだし。。
これは役づくりのため?それとも植毛ですか?!
ブルース・ウィリス的にはならないで欲しいわ。ニコラス。
飾らない、そんなあなたが素敵なんだから。。。。。(笑)

まあそんなこんなで(?)子供と見ても全く問題なしで、深く考えずに楽しく観られる映画だと思う。
まさか、これ「インディー・・」「トゥーム・・」のように続編作ろうとしてる
ってことはないよねえ〜?!
そこがほんの少しばかり気になった私だった。
もしシリーズ化するなら、次はもう少し作りこんでもいいかもしれないね。
e0014639_14455886.jpg

[PR]
by suga_m | 2006-11-14 14:48 | 映画