タグ:ヒューマンドラマ ( 50 ) タグの人気記事

ロッキー・ザ・ファイナル

ロッキーと言えば、スタローン自ら脚本を書き、映画会社に売り込んだというエピソードが有名だったと思う。スタローンは個人的にあんまし好きじゃないのだが、ファイナルと聞いてシリーズも制覇したことないのに鑑賞。

ストーリーは単純明快。
もうそんなのいいから、さっさとトレーニング始めようよ。。と最初は思ったのだけど、話が進むにつれ映画の中に浸かっている自分。あれ?これ割とちゃんと作ってあるのね〜、と思う。
一作目に出てきた少女が子持ちとなって再登場、というのも時の流れをいやというほど思い知らされる感じ。
生卵一気飲みや施設からもらってきた犬とのランニングなど、もっと見たかった。
肝心のファイトシーンは、さすが勝てるわけないと思いつつ、でもロッキーだしなあ。。。って感じで、オチも「ありえない!けど、まあロッキーだからなあ」とよく分からない納得の仕方をしたあたしたちだった。
ちなみに夫の解説が熱を帯びてきて、「コイツ結構好きだったんじゃね〜か」なんてことを思ったり。(笑)

劇中では57歳の設定のロッキーだが、スタローンはこの時御年60
だけれども、ファイトシーンでその上半身のムキムキ加減にびっくり。
そして対照的に細い足にもびっくり。欧米人の年配の人に多い体型。。。
と思ったり。(笑)

実は一月ほど前から、毎日走っているあたし。一番きつい上り坂になると不思議とあのロッキーのテーマが頭を流れ、その気になるよりも妙に笑えてしまうのだった。

エイドリアンの墓参り用折り畳み椅子を、木の幹の枝分かれしたところに差し込むようにしまうロッキー(おちゃめ)。犬との階段上りで引っ張られて走る犬(年?)。。そして拳を突き上げるロッキー(画像)。なかなか良かった。
うーん、これはランボーファイナル(っていうのか?!)も観なくちゃだわ?

e0014639_1541559.jpg

e0014639_15414682.jpg

[PR]
by suga_m | 2008-02-24 15:56 | 映画

バベル

非常に気になっていた映画。
オール貸し出し中かと思ったら、戻ってきたばっかりのコーナーに一枚あるのを夫がゲット。。。よくやった。(笑)
モロッコ、メキシコ、日本でのできごとが、一丁の猟銃をもとにつながっていく。。

監督のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥって、誰。と思ったら、「21グラム」の監督だった。なる〜〜〜〜ぅ。
そう言われると、何となく作り方からして分かるような気が。

かなり話題にあがっていた映画だけど、賛否両論みたいだね。
必要性をあまり感じないような過激なシーンが結構あって子供と一緒に観ることはおすすめできない。
まさか、こういう映画だったとは予想外。(−0−;
菊池凛子がかなり体を張っていて驚いた。。
こりゃ確かに若い子では無理だわ。
女子高生としては無理があると思ったけど、これならばいたしかたない。
演技に関しては存在感があり、チエコの孤独感というのもよく伝わってきたと思う。


ブラピは思ってたよりいい感じだった。
役所広司はあんまし出番がなくて、父親としての苦悩なんかは今ひとつ伝わってこなかったかな。
あと、やっぱりねって感じだけど、日本の描写に納得いかない。
毎度毎度うるさく言ってるけども。

バベルの神話になぞらえているのだろうけども、テーマがなんなのか分かりづらい感じがあるのは確か。。。
結果的には事件をきっかけに絆が崩れていき、一方では逆に絆が生まれる。。
エンディングで少し前向きになれる兆しが見えたところは良かったかな。
一つ気になったのは、チエコが刑事に渡した手紙に、いったい何が書かれていたのかということ。。非常に気になった点だった。

e0014639_1415619.jpg

「21グラム」レビューはコチラ
[PR]
by suga_m | 2008-02-16 14:25 | 映画

ディパーテッド

オリジナル版「インファナル・アフェア」を以前確か観たのだけど、どうもアジア系のああいう世界に入り込めないからか、今ひとつ面白いとは思えなかったような。。
てか、印象があんましない。(っていうと怒られるかな)
まあリメイク版のこっちの方が、分かりやすくてあたしにはいいのかも。
ジャック、あいかーらずいい味出してるわ〜〜。
死に様も、なんとなく哀愁漂ってる感じでいい。
でも一番良かったのは、ディカプリオだった。
意外や意外。。。いや、多分結構良い役者なんだろうけど、出演する作品選びが下手なんじゃないか、って思うような出来のも、確かあよねー。

ラスト近く、怒濤の展開になって「え?え?」って感じになり。。
そして最終的な落ちには正直「は?」って感じで尻切れとんぼみたいになってしまったのが、ちと残念な気もするが。。
結構緊迫感もあったし自分の評価としては、わりと高い方かも??


e0014639_2243518.jpg

[PR]
by suga_m | 2008-02-12 22:07 | 映画

かもめ食堂

インテリア好きには有名な映画となったこの作品。
誰もがいいというので、気になってしまい借りたいけれどいつも貸し出し中。
それもそのはず、なぜか1,2本くらいしか置いてないもの。
人気なんだから、もっと入れればいいのに、ケチ!

さて、舞台はフィンランド
なぜにフィンランドでないといけないのか?!北欧ブームに乗ったのか?
定かでないが、劇中にも出てくるシーンが理由の一つではないか、と思う。
フィンランド=。日本人の朝の食卓でご飯のおかずといえば=なんである。
なるほどそうかー。と思った次第。(笑)

この映画でいいところは、やはりメインの三人小林聡美、片桐はいり、もたいまさこでしょう。
小林聡美は独特。そっけないようでそうでもないし、目立たないようでどこか目立つし。片桐はいりはでかいのにびっくり!!しかもやはり不思議ちゃんで、年齢不詳感がただよってる。
もたいまさこは、すごい独特な空気感をただよわせている人。
静かなんだけど、すごく存在感がある。
日本の人情劇だと、うるさくておせっかいなオバちゃんやおっちゃんが出てくるけど、この映画ではそういう人は出てこない。でもなんとなーくほんわかできる。
つかず離れずで、でもさりげない気遣いをしたり。
そしてそれが人の輪を広げていって。。これって理想だよね。
この絶妙な距離感っていうのが、彼女らが演じることでより際立っているし、それがきっと大人ウケするんだろうと。


さりげなく使われているイッタラの食器やアアルトの家具。。
白夜。。
ああフィンランドに行ってみたい。
と思った。
ただ一つ、心残りはキャンドルが全く出てこなかったことかな。
なんてったってフィンランドはキャンドル消費量世界一ですから!
窓辺に並べた風景とか、見たかったな〜〜〜。
まあ、でもそれがなくても満足満足。
久々におにぎりが食べたくなって、作りましたともさ!
シャケを焼いて、中に入れて。。。
やっぱおにぎりはンマイ!!!!
って、アレ?また話が飛んじゃったよ。。
この映画が売れたのに気を良くしたようで、同じスタッフで確か「眼鏡」って映画作ったんだよね。それも観たいな。


e0014639_16314319.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-12-22 16:37 | 映画

ファイナル・カット

またまた夫が100円にのせられ借りてきたよ。。
ロビンの話題が出たところで、またもタイミング良くロビンの映画。
でもサスペンス路線と聞いて「ん・・・?」
それにしても、ロビンの痩せたこと。。そうでもないかな??

人の頭に埋め込まれるチップによって、その人物の一生が記録される。
いつかの未来にそんなことができるようになったら。。いや、なるかもしれない。
それを編集して、葬式に上映会なんかされて嬉しいのかね。
アラン(ロビン)のように、それが仕事と思いつつもどこか割り切れない思いを抱いて続けるなんてあたしにはできそうにない。
不倫だの虐待(性的)だの、見たくないもの見せたくないものをカットして、それでできた思い出なんてどうなのよ。

この映画で言いたかったのは、「人間の記憶の曖昧さ」なのかもしれない。
自分の脳が作り出した、間違った記憶。
それを確かめるために、死の危険をかえりみずチップの記憶をたどるアラン。彼のように呪縛から解き放たれたらいいけど、それがもし逆だったらどうするんだろ。
チップはあまりに正確過ぎ、見るにたえないようなものをもしっかりと記録していくのだから。
なんだか皮肉な話じゃない?

あたしは絶対嫌だ。
正確さはなくても、生きた人間の記憶の方がいいに決まってる。
そんな所まで機械に支配されるなんて、まっぴらごめんだわ。

e0014639_10545555.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-12-05 10:56 | 映画

グッド・ウィル・ハンティング

本日ボーンシリーズ第3作目「ボーン・アルティメイタム」公開の日。
先日、宣伝のため来日していたマット・デイモンがゲスト出演した番組で、一番好きな作品は「グッド・ウィル・ハンティング」だと言っていた。
なにげに夫が持ち出した昔のビデオ。。。思わず一緒に観ることに。

この映画、彼が大学生時代ベン・アフレックと共同でシナリオを書き、アカデミー賞脚本賞をさらったというのは、有名な話。
で、書いた当人たちは主役とその友達という役柄で、出演しております。
下手な小細工満載のモノなんかに比べたら、とても素直に感動できてさわやかな仕上がりになっている。
彼の心に静かに向き合う精神科医に、ロビン・ウィリアムズ
これがまたいいよねえ〜。
一番最初のカウンセリングで二人が会った時、「癒される気満々さ」とウィルが言う。確かにロビンになら癒されそうだ。だっていつもほにゃららしててくしゃっとした笑顔なんだもん。
「いつ見ても、この人ってドラえもんみたいだよね」と言ったら
「失礼な」と夫。いやいや、なんつうか褒めてるんですよ。え?けなしてる??(^^;

子供の頃のトラウマが原因となり、人に心を開かないウィル。
そこにじんわりと、静かにマクガイアが入ってくる。
皆が心に秘めた思いがあり、それが自然と出てくるところがいい。
「君は悪くない」と何度も言うマクガイアに、まるで自分がそう言われているかのように思えてきて、珍しく素直な気持ちになる。
物語の最初と最後でウィルの表情がはっきりと違うものになるのを、マットはきちんと演じている。
それはまるで憑き物が落ちたみたいに。。
人はきっと自分を許して、そして自分を愛せるようになって初めて人が愛せるのだなあ。。。ということをしみじみ感じる映画だ。
観終わるととても温かい気持ちになれる。
時々観るといい映画かも。

e0014639_16404263.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-11-10 16:42 | 映画

UDON

気になっていた映画をやっと観た。
うどん。。。旨いうどんが食いてぇ〜〜!と以前から思っていた。
そんな訳で観終わった後「ああ、うどんが食べたい」と思えればいいと思っていたから、ストーリーにはたいした期待もしておりませんでした、ハイ。
しかし思った以上の出来でして。134分という長丁場にしては、だらけず終わることができた。
ユースケが主人公のイメージに合ってて良かった。
なぜ小西真奈美とトータス松本なのか?はよく分からなかったが。。
ひょっとして全員香川の出身?!と期待してみたが、実際は要潤だけだった。。
タウン誌編集部では要じゃない方の人(名前忘れた)が、いい味出してた。

父親と息子の分かりあえないもどかしさみたいなものは、前に観た「ウェザーマン」を思い出した。
父の霊が出てくるのも、まあファンタジーだと思えばそれもありか。

ただ、要らないなーと思ったのは最後のシーン。
「本」まではいいんだけどね。
成功し過ぎたらつまんない。あれから3年、俺は今でもすごくがんばってるぞ!っていう姿が見られたらそれでいいと思うんだけど。できすぎな感じでガクッときた。

最後に「あなたのソウルフードは何ですか?」というナレーションが入った。
あたしにとってのソウルフードって、なんだろう?とよくよく考えた。
あちこち移動したけど、あたしも真ん中から西の方面の人だからなあ。
うどんもいいけど。。
高校の頃学校帰りに皆で食べた寿がきやのラーメンを思い出した。
当時普通のラーメンが180円だったと記憶している。
ギャバンの胡椒をこれでもかとかけて食すのが好きだった。
ああ、寿がきやスーちゃんのラーメン食いてぇなあ。。。
とふと思った。
なぜきしめんじゃない!?という突っ込みはなしにして下さいよ。。。(笑)

今の時代何でも流行り、そしてあっという間に廃れていく。
人々にとっては一時のブームだとしても、地元の人にはきっと生まれたときからそこに当たり前にあったもの。
それは、当たり前すぎて見えなかったことかもね。


ま、そんな訳で当然の如く「うどん食いてぇ!」と思い買いに走った。(最近の冷食はバカにできない旨さなのさ)
夕食は『キムチ鍋最後はうどんで締め!』とあいなりましたとさ。

e0014639_15563049.jpg
[PR]
by suga_m | 2007-11-05 16:03 | 映画

16ブロック

たまたま16ブロック先の裁判所まで証人を送るはめになった主人公。
その証人が重大な事実を知っていたため、予想外な展開に。
まーこれでも観てみるかあ〜、なんて全く期待なく借りた作品。
ところがどっこい。
個人的に、今までのB・ウィリスの作品中でかなり良い部類に入るのではなかろうかと。
アルコール漬けの刑事ジャックがなかなか板に付いてた。
酒瓶を落としてまで証人を守るあたりは、ただの足の悪い酔いどれ刑事ではなく、かつては敏腕だったのねと観てる側に思わせる。映像だけで伝えるところが良し。

映画のストーリーと実際の時間が同時進行なのは、どっかのドラマを彷佛とさせる。
でも今どき101分で終わらせるあたり、くどくなくていい!
私が結構好きなデヴィッド・モースは悪役。エディ(モス・デフ)は何しゃべってんのかが聞取りにくいし、黒人がしゃべり倒すのは結構パターンなんで最初はウルサ!と思ったけど、その後はラストまでとても良い味出してたなあ。
何か天真爛漫な感じがあり、憎めないそのキャラクターが魅力的。
このエディ役が最後まで決まらなかったらしいが、分かる気がした。
とても重要で難しい役所だからね〜。

劇中「「良い兆し」「運命」「人は変われる」といったキーワードが出てくる。
何度も出てくるこのワードが非常に大切なのよね。
確かに護送するのがジャックじゃなかったら、エディは抹殺されてたんだし。
エディを送ることにならなければ、ジャックも現実から目をそらすことをやめなかっただろう。
バスのシーンとラストは、ほろりとさせられちゃったなー。
(つか、涙もろすぎなだけって感じ?)

ただ、もう1つのエンディングってのはね〜。
ラストだけを観るのが嫌だったので、「もう1つのエンディングバージョン」を娘と観た。(暇人?)それぞれのエンディングで、フランクが全く別人になってるんだけど。そのへんをデヴィッドに聞いて欲しかったっす!
あたしとしては、もう1つのエンディングが実は当初の脚本だったのでは。。と思ったのよねえ。何故か?何となくだけど。(オイ)
夫が「観客が納得する終わり方にしたんだろ」と言ったので、ひょっとしたら当たってるかも!?娘も「結構良かったよね〜〜」と。とにもかくにも、なかなかハートウォーミングな映画である。  


e0014639_15185027.jpg
[PR]
by suga_m | 2007-10-11 15:24 | 映画

プラダを着た悪魔

夫が前に借りた時、あたしは観なかった。
自分は観たというのに、またも借りる夫。暗におすすめしていたらしい。
鬼の軍曹(笑)ならぬ、鬼の編集長ミランダにメリル・ストリープがハマり役。
ちょっとコミカルなとこが、が彼女にピッタリ。
まあ最先端のファッション業界にいれば、アンディのカッコも「ダサダサ」と言わざるをえないだろうけど、それでも面接の時はそれなりな格好。
しかしめでたく採用になってからの彼女の服装は、かなーりな感じ。
面接ではちょっとがんばってみたけど、ぼろが出ちゃった。。ってとこが、ナイスリアリティ。(笑)鬼の軍曹の命令は絶対で、ケータイは常に鳴りっぱだしプライベートもへったくれもない。
第2アシスタントは電話番や雑用が主っていうけど、ありゃ秘書の域だよね〜。
ストーリーは先が読める展開だが、同じ女性として共感できる部分多し。そしてダサダサな女の子が洗練されてセンスアップしていく様は、「プリティ・ウーマン」的で見ていて気持ちが良い。

でも鬼の軍曹も、やっぱり人間なのよね。
第一線で活躍するには、不本意ながら多大な犠牲を払わなくてはならない。
ラスト、道路の向こうとこちら側で、もはや全く違う世界にいるミランダとアンディ。一瞬目が合った後ミランダが見せるニヒルな笑みが、個人的には結構好きだ。

e0014639_14394992.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-09-13 14:49 | 映画

SAYURI

娘が観たいと言ったので借りたが、突っ込みどころ満載の映画。
期待はしていなかったけど、やっぱりな出来。
ハリウッドが描く日本って、絶対中国混ざってるよね。
こういう作りにするのには、何か意図があったのかもしれんが。。
正直ウンザリ。。(-_-;
何かのパニックもので見た日本も、酷かったな〜。
こんな間違った解釈でいいの?と思う。

突っ込みどころはまずチャン・ツィイー。綺麗で存在感があるのは分かる。だがしかし。
15歳の千代を演じるのは、いくらなんでもとうがたち過ぎだろ。
着物姿もいただけない。肩幅広すぎ。
着物のデザインや着方もなんかね〜ってな感じ。
そしてそして、芸者の描写もいかがなもんか。。。
途中では変な踊りを踊っちゃうし。
全編英語ベースにも違和感があるけど、端々に日本語が入って紛らわしい。しかも発音が片言だし。おじぎの仕方とかなってないし。
落ちは我が夫も「へ?」ってな感じで。結局何の話だったのかと。
置屋での辛さとか、女同士のドロドロとか、好きな人への一途な気持ちとか、あんまし伝わってこなかったし、実は基本的に恋愛ものってのにあんまし興味ない。という訳でシネ日々。には恋愛ものがないかもしれない。確かめてないけど。
人がくっついたとか別れたとか、どうでもいいんだよね〜。。なんて思っちゃう。(でも恋愛ものでも良いものはあるんだけどね!)

唯一いいのは、綺麗な映像。だからこの映画は映像を観るものだと思う。
そう思えばそれなりに満足できるものなのかもね。

日本の俳優陣については、千代の子役や工藤夕貴がわりと良かったけどそれ以外は。。。。
あ、意外なとこで舞の海が出ていたのは知らなかったわ〜。
それにしても、置屋の「おかあさん」である桃井かおりお姉様。
どう見ても、ミルねえにしか見えんかったぞ。ナツカシー(笑)


e0014639_18594853.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-08-12 19:00 | 映画