タグ:ホラー ( 25 ) タグの人気記事

ハンニバル・ライジング

意外にも、私より夫が観てみたかったという映画。
衝撃の作品だった「羊たちの沈黙」のレクター博士の生い立ちの話なんだけど、これがまた全く別物なカンジで。
レクター博士ファンは、はっきり言ってガッカリすると思うわ。
フランスに住む若くて美しい叔母が、ムラサキっていう日本人(コン・リー)で。
しかも甲冑とか日本刀とか、見た瞬間やな予感〜〜〜!が的中!(笑)
フランスのお城みたいな邸宅で、剣道。。アクションヒーローものの特訓か?
もう興ざめっすよ。
それに狂気のレクターが生まれたきっかけは「復讐」だったってのもねえ。
普通過ぎねーか?
ストーリー的に、猟奇的でショッキングな殺人シーンが入らないといけないのは分かるしホラー好きだから全然問題ないと思っていたんだけど、私にしてはなんだか珍しく引き気味な部分も。
小道具(特に日本刀)の使い方が失礼きわまりない気がして、気分悪かったしな。
あとレストラン経営の男が、レクターの妹ミーシャのバングルを娘につけさせていたってとこは、一番エグかった!!普通の人間の神経ではあり得ないだろ!
死んで正解!(笑)
幼少期の体験へのトラウマが、人格形成に大きな影響を及ぼし犯罪へと走らせる。。
という話はよく聞くけど、ギャスパー・ウリエルの演技に説得力が欠けていたってことですかねえ。
やっぱり、ある種の美しさすら感じさせたアンソニー・ホプキンスのレクターのイメージが強すぎるのか。

個人的には、中途半端に成長した青年期よりも子供時代をもっと描いて欲しかった気が。ま、復讐劇だから子供じゃ駄目なんだけどね。

良い点を上げるとするならば、
終盤の「お前も食っただろう?」
ラスト「お前の首を貰いにきた」
って2つのシーン。
意外性があったのと、ラストはレクター博士っぽい!って思ったから。
そんだけかな。夫共々ブーイングでしたわん。
e0014639_1552620.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-10-04 16:03 | 映画

サイレントヒル

あたしはゲームなんてやらないから、全く予備知識なしで観たんだけど、個人的には同様にゲームを元にした「バイオハザード」よりましなんではないかと思う。
映像はいい。サイレンが鳴ると世界が変わることが分かると、サイレンの音を聞いただけで妙にドキドキする。変な動きと見てくれのクリーチャーも、ゲームっぽさがある。まあ、そのへんはいい。
しかし、あの母親ローズのキャラは今ひとつ納得いかん。
あんな世界に入り込んだのに、冷静すぎ。母親って感じがしないから感情移入もしがたい。
それこそゲームの中の登場人物みたいなのよね。わざとそうしたのならいいんだけど、普通の人間の女性とはとても思えなかった。

一番気の毒だったのは女性警官シビル
ローズを追っていったばっかりに、あんな目に遭っちゃってさ〜。酷すぎる。
最後の仕打ちはあんまりじゃないの?アレッサも可哀想すぎるし。
何が魔女狩りだ。ふざけんなっつの。
なんか女性(女の子)ばっかりひどい目にあってる感じ。
もっとあっけらかんとしたホラーだと思っていたわ。

最後はシャロンにあの「死神」が取り憑いたというか?母親もシャロンも連れてかれちゃった。。みたいな感じで良いのか?終わりの方で、シャロンが安心して指しゃぶりをしながら横たわるシーンは、良かったかも。
うちの娘も小学校に上がってからもやってたから、何だか妙なリアリティを感じた。

後は父(ショーン・ビーン)がこれといって役に立たないのが、なんか腹立たしい。
てか、あんなちょい役(?)ならショーン・ビーンでなくても、いいんじゃ?
それと個人的に、ダリアが何故もっと娘を守ってやろうとしなかったのかってとこが疑問&ムカッパラっす。ダリアの姉クリスタベラはもっとムカつく。死んで当然。
てか、元から死んでるよね??

不完全燃焼!(笑)



e0014639_14152978.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-09-27 14:25 | 映画

スーパーナチュラル1stシーズン

映画ではなく、ドラマである。。。
そもそものきっかけは、とあるDVDのおまけとして入っていた第1話を見た娘が「面白い、続きが見たい」とのたまったこと。。

幼少時代に母親を何者かに殺された兄弟。その後悪霊退治に奔走するようになった父親が失踪したのをきっかけに、兄弟が力を合わせて父親探しをするかたわら出会う悪霊を退治していく。簡単にいえばこんな感じの、ロードムービー的ドラマなんである。

そもそも映画しかネタにしないつもりではいたのだが、下手な映画を観るよりも面白いし。。今後記事が増えるかどうか甚だ疑問ではあるが、カテゴリを作ってしまった。

ちょいとお調子者のカツオみたいな兄ちゃん、ディーン
それとは対象的にまじめな弟、サム
ある時は警官、ある時はFBI、学生、なんたら局の局員。。などなど、身分詐称しながら独自に捜査する兄弟。これがまた、すぐばれるような嘘で笑っちゃう。兄ちゃんなんか、何話目かで死んだことになってるし。いいのかい、それで〜。
お金の掛け方も太っ腹な感じで、それこそ下手な日本のドラマや映画なんかよりよっぽど見てて面白い。

なんとなく、昔良く見ていたX-FILEのはじめの頃を思い出したりする。でもきっとあれより面白いと思うな。2ndシーズンがどうなるか、ちょいと期待している。
e0014639_1038417.jpg
[PR]
by suga_m | 2007-09-03 10:51 | ドラマ

オーメン666

なつかしのオーメンのリメイクでやんす。
いやー、思い出した思い出した!
展開は全くと言って良い程同じ。だから安心できる部分と、何か違うところが。。!という期待が入り交じり複雑。
違う面はなく終わるので「なーんだ」ということに。
ただ、出てくる小物に現代を感じるくらいかな?ケータイとかテレビゲームとか、三輪車のかわりにスケーターとか。
個人的には乳母役のミア・ファローが全然おっかなくない。もっとヒタヒタくる恐さがなくちゃね。
あと母親を襲うシーンは、オリジナルの方が圧倒的にドキドキハラハラ感があったと思う。
やはし昔の映画の方がよけいな小細工ができないせいか、観てる側を追いつめて恐さをあおるような雰囲気があったのは確かかな。


子役の顔は、想像してたよりはおっかなかった。気がする。。。
だが、涼しくなりたくて借りたわりに全然涼しくならなかったのは言うまでもなし。
あーもっと恐いの観たい。(笑)

e0014639_1215681.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-08-24 12:16 | 映画

saw2

前作より1年後という設定らしい。
1のラストにブーイングした割に、またも借りてしまうあたし。
興味が先に立って。
グロさや痛さを前作よりもパワーアップしようとしたのかな?
注射針の海は、かなりきつかったけど。

今回はどういう展開になるんかなーと思ったら、そうきたかと。
しかし、解析班の到着はめたくそ遅いし、チームは何するでもなくただ時間を費やすのみ。非現実的すぎ。いくらゲームにつき合えっていってもねえ。
女刑事の言動も???
でも最終的に言ってることは正しかったよねえ。。。
ああ哀れ、エリック。。。
3も出てるのは知ってるけど、もう作りが「どんどん行くよー」って感じ。どこまで続くのか。

にしても、ジグソウは末期ガンなのになんで一年も生きとるんじゃ?
そこまで命長らえるのなら、もっとまともなことすれば良かったのにねえ。
最後の最後にしちゃ元気良かった気がするけど。(-_-

確かに「わ、イタソー」ってドキドキしちゃうけど、恐くはない。
やっぱりな、っていう出来なのに3もまた借りると思う。(学習能力はない)

ちなみに「saw」の記事はコチラ

e0014639_21425916.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-07-24 14:23 | 映画

エミリー・ローズ

悪魔払いの儀式といえば思い出すのが「エクソシスト」。
「悪魔」というのは日本人には身近に感じられないものではあると思うが、「悪魔憑き」=日本でいうところのいわゆる「悪霊に取り憑かれた」と似たようなものと思っていいのかな〜?
悪霊を祓うってのは、日本でもよく聞く話だよねえ。
いずれにしろ、例えば霊魂の存在を信じる人ならばこの手の話も信じられるかもしれない。

エミリーは悪魔に取り憑かれたのか、それとも病だったのか。
なぜ彼女は死んだのか。医療措置をしなかったからか、それとも神父の過失なのか。

事実を元に作られたものであること。
この手の話が裁判になるということも凄いが、ラストで明かされる真実に驚かされた。
実際裁判中に神父はもちろん、弁護士まで不思議(恐い)体験をしているし、偶然かもしれないけど一旦は証言をする決意をした医師である男性は、弁護士の目の前で事故死している。偶然と片付けていいのかな。

現在も彼女のお墓にはたくさんの人が訪れるという事実が、物語っているように思う。
自分の目で見ても信じない人は信じないだろうけど、この映画を観ると信じざるを得なくなる人もいるだろうな〜。
私は実際見たことも感じたことも、写真におさめたこともあるからなー。。。
この世には不思議なことがたくさんあって、科学では証明できないことも
確かにある。と思う。
まあどう感じるかは観る人の自由だけども。
運命を受け入れた彼女に対し。。。手を合わせたい気持ちになった。



e0014639_2226294.jpg
[PR]
by suga_m | 2007-07-19 22:35 | 映画

ダークウォーター

いわずと知れた「仄暗い水の底から」のハリウッド版。
え、ジェニファー・コネリーだったの!?今アマゾン見て初めて知った。。。(オイ!!)
まあ元映画も「なんだかなー」なできだったけど、これも。。想像どおり。DVDって最初にメニュー画面で同じ映像をずっと流すけど、この映画の場合は古くて汚い洗面台に突如蛇口から血のようなどす黒い水がぽたぽた垂れて。。
それが次第に水量が多くなり、しまいになんと!蛇口がチュドーン!とふっ飛んでしまうという。。これには「え??」(ー”ー;;
なんつうか、これぞアメリカ〜ンな発想なんでしょうか?
エンドレスに流れるこの映像を観ていて、全てが分かった気がした私。

舞台はNY。NYは雨降りが多いんですかね?毎日土砂降りなんですが。。
しょっぱなが離婚調停で調停員を前にする元夫婦。
やはりこのへんもアメリカを感じた私。元映画もそういうシーンはあったけど、やっぱ描き方違うなあ。
もっと「お」と思ったのは、管理人の管理が悪いせいで、上階の子供が亡くなり、彼がしょっぴかれるというシーン。「そうくるか」と思った。これに触れてるレビューってないみたいだけど、皆どう思ったのかな。

それと、元映画も雨の毎日だったけど、違うんだよね。雰囲気が。
あのじめじめ陰うつとした感じって、やっぱ日本の気候風土、土地柄、そしてそこに住む人があってこそだよね。あの雰囲気を、アメリカで無理矢理作ろうとしても、無理がある。(「リング」しかり。今回のこの雨降りシーンは、なんとなく「セブン」を思い出した)
蛇口をひねってコップに水を入れるシーン。髪の毛が入っても驚きがあんまりない。。
「え?」ぐらいな。黒木瞳くらい大げさに驚いてくれよー。これにはこっちが驚いたわ。(笑)それと、水浸しの部屋があんな時代ものでオシャレな調度品で溢れてたら、恐くはないだろー。(笑)
ただ制作費とか考えると、日本で作るよりハリウッドのがもっと面白いものは作れるのかな?とかは思う。
ちなみにこの映画はホラーではないです。
全く恐くない!これを観て怖がる人がいるんだろうか。まだ元映画の方がドキッとする
シーンがあった。ホラーではなく人間ドラマとしてなら観られる映画かも。
e0014639_17495284.jpg

[PR]
by suga_m | 2006-07-19 17:56 | 映画

感染

佐藤浩市、高嶋政伸他。。
キャストは揃えたものの。。。
まあ「予言」よりはホラーっぽかったけど。。
給与も払えないくらい、医薬品も底をつくような経営危機状態の病院なんだけど、あんまり説得力がない。
まあそうしないと、医療ミスを隠す理由とかに困ったのかもしれんが。。
あんなおどろおどろしい病院、今時どうかと思う。わざとらしすぎる。

謎の奇病みたいなところは良かったのにねー。
「意識に感染」とかも、もっとちゃんと説得力あるつくりにしてくれたら、それなりに楽しかったのだろうけど。訳の分からん終わり方だった。ブランコとか、本当に意味不明。すっごい意味が含まれてるのかって思ったのに。

はっきり言ってぜんぜん恐くない。それよりも佐藤浩市と高嶋政伸のからみとか見てたら、笑えた。あと佐野史郎も笑えたな。何故か「喰いタン」の五十嵐を思い出しちゃって。笑かしたら駄目だろ、ホラーで。(笑)

これも「予言」と同じで、ジャケットに騙された感じ。いろんな人使ってるのに、残念。
e0014639_21134688.jpg

[PR]
by suga_m | 2006-03-09 21:15 | 映画

予言

つのだじろうの「恐怖新聞」が元になっているのだが、全く知らなかった。
まああんまり期待はできないのだろう、と思った通りのできばえ。
面白そうに作ってある宣伝に、うっかり観てみようと思ってしまた所が運のツキ。。(笑)

最終的に、過去のいろんな時点へ飛んでいくところなんか、ややこやし過ぎる気がする。
結局のところ、父性愛ってことでなんとなく終わってしまった感じ。
三上博史を父親に持ってきたところはなかなか良い(彼にはこういう役が合っている)が、
それがなかったら観られた映画ではないと思う。。。別れた妻がのりピーで(笑)、
意味のないラブシーンとかあるし。
これってホラーか??ホラー好きとしては、全く違うジャンルって気がするんだけどね。
さて、「感染」はどうかな。。

e0014639_154080.jpg
[PR]
by suga_m | 2006-03-02 15:06 | 映画

チャイルドプレイ

いろいろあって映画を観てる暇がなかった。。(^^;;
昨日ホラーネタで盛り上がってて、つい借りてしまったのがこれ。

確か一作目のこれはオーストラリアで観たような。。。
人形がすごい形相で追いかけてくるのは、かなり恐くて面白かった。
今観てみると意外とちゃちな作りではあるけど、結構楽しく観ることができる映画ではあるかな。。
昔は気にしてなかったインテリアも、今は非常に気になるところ。家のすみずみまでチェックするのもまた楽し。100ドルのグッドガイ人形が買えない。。と言ってるわりには良い家に住んでるなあと思ったのは私だけか??

ラストの黒こげチャッキーが、一番恐かった。。。


[PR]
by suga_m | 2005-08-20 21:55 | 映画