タグ:ホラー ( 25 ) タグの人気記事

嗤う伊右衛門/ドーン・オブ・ザ・デッド

1つずつ書くに至らないので、初めてまとめて書いてみよう。


「嗤う伊右衛門」。京極夏彦版「四谷怪談」。唐沢寿明、小雪、椎名桔平。。
公開当時は観たかったんだけどもういいやと思ってたら、いっちゃんが借りたので観てみた。
んーと。。あんまり納得いかない話。二人は最後にああならなきゃいけなかったのか。
私にはよく分からない。
でも唐沢と小雪はなかなか良い味出ていた。小雪は横顔が美しい人だから、左の横顔からスライドしていくと「わー!」ってな演出は良かったと思う。
あと、椎名桔平がまんまヤラシー感じの男の役で、良かった。(個人的に好きじゃないけど)でも死に様はなんともはや。興ざめ。



次、「ドーン・オブ・ザ・デッド」ゾンビのリメイク???
説明するまでもない映画。
ツマンナイ。。┐(´д`)┌
でも1つ凄いと思ったところが、ゾンビの追いかける速さ。ゾンビと言えば、両手を前に突き出してゾ〜〜ロゾロと歩く姿を思い出すが、この映画のゾンビは違う。速い!めっちゃ速い!お前は陸上選手か!!あの速さで追っかけられたら、死んでるな。。恐るべし、現代のゾンビ。
突っ込み所は、モールでのシーン。長過ぎ。楽しすぎ。旦那や父親が死んだばっかで笑えるのか?もう感覚が麻痺してるってことなんだろうか。分かるような分からないような。
臨月の奥さんと、そのだんな。。向かいの銃砲店のアンディ(?)。もったいぶってたからもっと何かあるのかと思ってしまったが、なかった。

全体的にダラダラと中だるみ。これって120分くらい?って思ったら、100分だった。にしちゃ長い。途中何度もウトウトしたのに。。まだ終わんないのかーって。
いっちゃんは「28日後」を観たからゾンビつながりで借りたみたいだけど、あっちの方がまだ良かったかも。
今回いっちゃんが借りたのは失敗に終わった。私が借りたのは、どうだろう。

*******最近私の映画ネタを楽しみにしてるというお話をちらほらと耳にした。嬉しい限りである。
あんまり参考にはならないと思うので、読み物として読み流してもらったらいいかと思う。。
[PR]
by suga_m | 2005-06-10 16:41 | 映画

着信あり

企画/原作秋元康、柴咲コウ、堤真一。。

珍しく本気モードで駄目出ししたい。
別に期待はしてなかった。どうせたいして怖くないんだろうし。。でも人気があるのでいつも貸し出し中。それがたった1本残っていたDVD。。だまされた。
駄目な理由はいくつもあるけど、だいたい次の通り。


・全然怖くない。ここ数年で見たホラーでは最低の出来。(あくまで個人的意見)
・虐待というテーマを軽く扱い過ぎ。虐待ってことにしとけばいける、みたいな姿勢
が見て取れて不愉快。また描き方もまったくもって中途半端。由美の過去なんか、結局さして関係              
 なく終わってて意味がない。
・ところどころにハリウッド的ホラー演出みたいなのがあって、変。終盤病院のシーン、あれゾンビか??

そして秋元康が最後にやる解説。
これが駄目!!原作の宣伝。何それ??それに彼の冗談は、全く冗談に聞こえない。寒い。

とにかく、怖くないだけなら別にいいとして、不愉快を通り越して怒りを覚えてしまう私だった。
重大な問題がテーマになっているのに、それが全く描ききれないんだから、最初からただ単に怖いだけの映画を目指した方が良かったと思う。
人が生きる死ぬの瀬戸際にいるのに、それをテレビで生中継なんて、いくら映画でも非人道的すぎるんじゃない。

秋元康は他の才能はともかくとして、ホラーの才能は全くない。
これが映画化されたのが不思議でしょうがないし、2ができるのも謎だ。

劇中で唯一印象に残ったのはなつみの死に方。あれは痛い。「あーイタタタ」とつぶやいてしまう。
激辛コメントだけど、これはあくまで個人的意見なので、観てみたい人はどうぞ。。。

[PR]
by suga_m | 2005-05-20 08:37 | 映画

28日後

「トレインスポッティング」「ザ・ビーチ」のダニー・ボイル監督作品。

病院で目覚めた主人公ジム。廃墟と化した病院にも街にも、もはや人間は一人も生き残っていなかった。
感染すると瞬く間に精神がおかされ凶暴になり、人類を滅亡へと導く恐怖のウィルスが人々を襲ったのだ。。

パニックホラー映画とでも言えばいいのか?
なんか雰囲気が違うと思ったら、イギリスが舞台だった。

途中絶対やめた方がいいのに選択を誤って危険な目に遭うシーンあり。。いまひとつ。まあそうでもしないと話が進まないから、しょうがないのかな。

ただ良いなと思ったのは、廃墟と化した大きなスーパーマーケットで、支払いも気にせず大きなカートを押して皆で買い物しまくるシーン。ああ、楽しそう。一回やってみたい。。。という欲望を満たされた感が。(全然関係ないけど)

そして風景の綺麗さ。
これはひょっとして旅番組か???!
あまりに綺麗な景色を見ていたら、これがホラー映画だと言うことを忘れてしまいそうになった。

出来についてはコメントしづらいものが。全然恐くないし、びっくりもドキドキもしないので、微妙な感じ。個人的には、ホラー映画としては評価できないかな。

[PR]
by suga_m | 2005-05-15 16:35 | 映画

ゴシカ

製作ロバート・ゼメキスで主演は「チョコレート」のハル・ベリー、共演ペネロペ・クルス。
私は主にサスペンスとかホラーの類いがスキでよく見るんだけど、「戦慄のホラー」って言う程怖くもない映画だった。。

愛している自分の夫、医者という職業柄人望もあり、信頼もされている。
そんな夫が、実は悪魔みたいな男だったら。。
アメリカでは実際にありそうな話ではある。

眠りから覚めた時、自分が働いていた刑務所の精神病棟に入れられていた妻。
夫を殺した犯人として逮捕されたと聞き、愕然となる。
主人公を真実へと導いていく謎の少女。

科学で解明できることや目に見えることしか信じない、そういう人にとっては
嘘臭くてあほらしい話かもしれない。やっぱり体験しなくちゃ分からない事ってある。
主人公もそんな一人だった。
認めざるを得ない事実。

ただ一つ。。。。悪魔のような男をその妻に殺させるという展開に、じんわりと
ゾゾけを感じてしまいました。。


ところでハル・ベリーって、綺麗な人だったのね。「チョコレート」しか知らなかったから。

あ、あとどうでもいいかもしれないけど気になった事。
「ゴシカ」ってどういう意味?造語?英語のゴシックから来てるとか?違うか。
e0014639_17355592.jpg
[PR]
by suga_m | 2005-01-29 16:02 | 映画

セッション9

うーん、しょっぱながこれかよ。と自分で思う。
いっちゃんに「ダメでしょ、それは」と突っ込まれた。
いつも貸し出し中で、そうなると非常に見たい気持ちになってしまい。。。昨日見つけて即借りた。しかしこれが大失敗。

なんか、もっとおどろおどろしい怖いストーリーかと思ったけど、実際違った。
別に怖くもなかったし、余りストーリーの展開がない。
1週間をカウントダウンして行く意味が余り無い。
精神病院という舞台も、別にそれじゃなくてもいいじゃんと思った。

ただ、主人公の男の人は結構いい感じで演じてたなあ。
誰の心にも弱い部分はあって、ふとした瞬間それは忍び寄ってくる。
そういうところは納得だったけど。



最近見たのは、他に「アイアムサム」「チョコレート」「キリングミーソフトリー」「ジングルオールザウェイ」「猟奇的な彼女」「隣人は静かに笑う」「ミスティックリバー」
などなど。。。であった。


e0014639_17312295.jpg
[PR]
by suga_m | 2005-01-22 21:53 | 映画