タグ:リメイク ( 6 ) タグの人気記事

幸せのレシピ

仕事に厳しい完璧主義な料理長ケイト(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)は、休日にはセラピーを受けるという独身女性にしては寂しい日々を送っていた。
ある日姉が交通事故死し、彼女の一人娘のゾーイを引き取ることになり。。
レストランには自分とはタイプの全く違うニック(アーロン・エッカート)が副料理長としてやってきた・・・。

仕事仕事で生きてきた女の築き上げた城が、崩壊の危機。。!
という切羽詰まった感じが、キャサリンによって良く演じられている。
常に完璧を求め、人(部下)にもそれを求め。。
彼女が厨房に入れば、空気が張りつめる。
息が詰まる感じ。
対照的なニックは、厨房で音楽を大音量で流し冗談を交えながら楽しく仕事をするタイプ。こりゃ、心中穏やかではいられない。ことあるごとにニックに反発するケイト。
そして姪っ子ゾーイとの関係。
子供相手にあんな料理を毎食出してたら、そりゃ引くよねえ。
あたしなら大喜びだけど。(笑)

全てが分かりやすいキャラで、展開も読めるんだけどね。
特にニックはマイペースでひょうひょうとしたタイプで、ケイトが惹かれていくのも無理はない。
てなことで、アーロンが良かったね。
まあ、堅物女がとある男と少女によって普通の女性の感覚を取り戻していく、という話だと思えば良いか。

仕事に打ち込み過ぎて、ふと疲れてるな。。と
思った時にお勧めしたい映画。


[PR]
by suga_m | 2008-06-23 20:05 | 映画

オーメン666

なつかしのオーメンのリメイクでやんす。
いやー、思い出した思い出した!
展開は全くと言って良い程同じ。だから安心できる部分と、何か違うところが。。!という期待が入り交じり複雑。
違う面はなく終わるので「なーんだ」ということに。
ただ、出てくる小物に現代を感じるくらいかな?ケータイとかテレビゲームとか、三輪車のかわりにスケーターとか。
個人的には乳母役のミア・ファローが全然おっかなくない。もっとヒタヒタくる恐さがなくちゃね。
あと母親を襲うシーンは、オリジナルの方が圧倒的にドキドキハラハラ感があったと思う。
やはし昔の映画の方がよけいな小細工ができないせいか、観てる側を追いつめて恐さをあおるような雰囲気があったのは確かかな。


子役の顔は、想像してたよりはおっかなかった。気がする。。。
だが、涼しくなりたくて借りたわりに全然涼しくならなかったのは言うまでもなし。
あーもっと恐いの観たい。(笑)

e0014639_1215681.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-08-24 12:16 | 映画

ポセイドン

めでたいニューイヤーズデイに、豪華客船に恐ろしい事故が。。。
こういう設定は出尽くした感があるけど。。とか思ったが1972年の「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイクだそうで。。ぜーんぜん知らんかった。(×-×;;
あれ、観たことあったっけかな〜〜??

すわ、大地震で津波発生か!?と思いきや、突発的な大波って。。。起こるんか?!
あんなでっかい船を沈没に追い込むようなさあ〜。ま、いっけど。。
元ニューヨーク市長にカート・ラッセル!まだいたの、この人!(失礼な!!)
ん〜〜、B級のかほりがプンプンしてきたぞ。。と一抹の不安をかかえ物語は進む。
CGを多用した映像は、ダイナミックで臨場感がある。
だがしかーし!
クルーである若い男を案内役に脱出を試みるが、エレベーターでのシーンに引いた。
「蹴落とせ」って。。。そこまで言う?!
普通なら、つかんだ手が滑っていって。。助けようとするけど最後には落ちるって設定では?
この映画酷いわ〜、あんまりじゃない。ブーイング!
まあそこそこ観られるけどもね。
しかし中盤から最後はとにかく水に溺れ、潜水で道なき道をひたすら上へ逃げまどう。
もう息苦しいの一言につきる。カートの最期なんか、特にね。
昔海水浴場で腿くらいの水深でロープに足を取られ、溺れかけたのを思い出した。
めっちゃ恐かったっけ。。。

そうそう、あたしの聞き間違いでなければNY市長の前は「消防士」だったとか言ってなかった?!
「バック・ドラフト」かーー!!
って笑った。あれもひょっとしてNYだったとか?
なんて思ったら、シカゴだった。。なーんだ、ガッカリ。。って
何言ってるんだか。(爆)


e0014639_1973270.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-08-07 21:55 | 映画

ステップフォード・ワイフ


夫が借りてきた映画で、サスペンスに分類されるらしい。。ということしか分からなかったので、珍しく観る前に内容をチェックしてみた。
何やら「ステップフォードの妻たち」という映画のリメイクらしい。
でもって前作はサスペンス色が濃かったが、リメイク版はブラックコメディの要素が
大きいとか。。。?
ふーんなるほど。

お人形みたいな主婦たちに混ざって、ジョアンナ(ニコール・キッドマン)が金髪でフリフリな洋服で出てくるシーンは、これぞニコール!彼女にしかできなかったと思う。
グレン・クローズも役所にぴったりだった.
ベット・ミドラー。久々に見たかった。
いい味出してる。
(そういや昔「ビーチズ」って映画出てたよね。主題歌も歌ってたっけ。邦題は?「フォーエバー・フレンズ」とか言うのか??)
なっつかしー。

話を戻して。
まあブラックではあるんだけど、あたしとしてはもっと突っ込んでほしかったかな。
(これを観てて何となく思い出したのは、メリル・ストリープ&ゴールディ・ホーンの
「永久に美しく」。こちらの方がよりブラックで良かったけどもね。)
それにしても、出てくる女優陣のお美しいこと!こんな風に年をとりたいものだと思った。

オチは「えーーー!」とか驚くほどのこともなく、もう少しゾゾ気がくる作りにしてもらったら、評価高しだったかも。オリジナルが観てみたくなったあたしなのだった。
まあ、間違いなく「イーオン・フラックス」よりは良し。ってことで。(笑)

e0014639_2181843.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-06-13 21:11 | 映画

ダークウォーター

いわずと知れた「仄暗い水の底から」のハリウッド版。
え、ジェニファー・コネリーだったの!?今アマゾン見て初めて知った。。。(オイ!!)
まあ元映画も「なんだかなー」なできだったけど、これも。。想像どおり。DVDって最初にメニュー画面で同じ映像をずっと流すけど、この映画の場合は古くて汚い洗面台に突如蛇口から血のようなどす黒い水がぽたぽた垂れて。。
それが次第に水量が多くなり、しまいになんと!蛇口がチュドーン!とふっ飛んでしまうという。。これには「え??」(ー”ー;;
なんつうか、これぞアメリカ〜ンな発想なんでしょうか?
エンドレスに流れるこの映像を観ていて、全てが分かった気がした私。

舞台はNY。NYは雨降りが多いんですかね?毎日土砂降りなんですが。。
しょっぱなが離婚調停で調停員を前にする元夫婦。
やはりこのへんもアメリカを感じた私。元映画もそういうシーンはあったけど、やっぱ描き方違うなあ。
もっと「お」と思ったのは、管理人の管理が悪いせいで、上階の子供が亡くなり、彼がしょっぴかれるというシーン。「そうくるか」と思った。これに触れてるレビューってないみたいだけど、皆どう思ったのかな。

それと、元映画も雨の毎日だったけど、違うんだよね。雰囲気が。
あのじめじめ陰うつとした感じって、やっぱ日本の気候風土、土地柄、そしてそこに住む人があってこそだよね。あの雰囲気を、アメリカで無理矢理作ろうとしても、無理がある。(「リング」しかり。今回のこの雨降りシーンは、なんとなく「セブン」を思い出した)
蛇口をひねってコップに水を入れるシーン。髪の毛が入っても驚きがあんまりない。。
「え?」ぐらいな。黒木瞳くらい大げさに驚いてくれよー。これにはこっちが驚いたわ。(笑)それと、水浸しの部屋があんな時代ものでオシャレな調度品で溢れてたら、恐くはないだろー。(笑)
ただ制作費とか考えると、日本で作るよりハリウッドのがもっと面白いものは作れるのかな?とかは思う。
ちなみにこの映画はホラーではないです。
全く恐くない!これを観て怖がる人がいるんだろうか。まだ元映画の方がドキッとする
シーンがあった。ホラーではなく人間ドラマとしてなら観られる映画かも。
e0014639_17495284.jpg

[PR]
by suga_m | 2006-07-19 17:56 | 映画

宇宙戦争

e0014639_11421444.gif原作H・G・ウェルズ、スティーブン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス。。

昨日行ってきたぞ〜〜!劇場で映画を観るのは「ターミネーター3」以来2年ぶりくらいかな?(あれは大失敗だった。。)
平日の昼間なので、20人くらいしかいなくて、ゆったり観ることができた。
さて、肝心の内容だが。。
今回は私よりもいっちゃんが駄目だしの連続!

んー、「もうダコタは終わりだ〜」。「安達祐実みたい」とか。。(確かに似てるな)
落ちが分かるとつまらないので、あまり書けないけど。。
ラストはしりすぼみ。。
そしてタイトルにもちと疑問。
原題のままだとインパクトがない、という意見はなるほどなんだけど。

私が一番駄目だと思ったのは、ティム・ロビンス。一体どういう意味があって、彼は出ていたのか?
きっと何かやらかしてくれると思っていたのに。。考えてみたら、「これは伏線か!」と思うことはことごとく裏切られてしまう、そういう意味ではさんざんな映画なのだった。

トムはこの映画ではごく普通〜〜の男として描かれている。ブルーカラーで離婚歴があって。。さえない一人暮らし。
人類滅亡の危機に直面し、何をどうしていいのか分からず慌てふためいたり、泣いたり。しかし、どれほど汚れても痛めつけられてもトムはトムでしかなく、どこか「やっぱりハリウッドスター☆」に見えてしまうあたり、彼の演技力不足なのだろうかという気がする。そしてどう考えても父親に見えない。これは致命的かなという気がするが、どうだろう。

ダコタについては私は悪くないと思うが、彼女も今までの作品の子供役とはちょっと違う感じ。だからか、ちょっと普通すぎてうるさい気はした。
それよりも、ティム!
個人的駄目出しをするとすれば、このティムとのからみ部分。そしてオチのしょぼさ。。だろうか。
あと、侵略者についても、駄目出ししたい部分が沢山。
あのインディペンデンス・デイのような戦争を想像していたのが、間違いのもと。
突っ込みどころは満載だ。予想では「面白そうだけど、はまっちゃうかもな」と思ったが、近い結果となった。

いっちゃんがうるさいので、しまいには「あーたが観たいって言った映画でしょ!」と噴火した私だった。

でも、ああいう映画って劇場で観ないと駄目だなと思う。サラウンドの凄さ!!映像の迫力!!ストーリーは置いといて、これはかなりのインパクト。(一見の価値あり)劇場に行っておいてよかった。。総合的に言えば、これをそのうち家でDVDで見てたらブーイングだったかも。。多分、いえきっと。(笑)私にとっては。。

遠く響くボォォォォォォォオン。。。。。。。!という音。
光る稲妻。


空が暗く、稲妻が光ったらご注意を。
戦争が始まるかもよ。(笑)

[PR]
by suga_m | 2005-07-07 11:43 | 映画