タグ:冒険ファンタジー ( 12 ) タグの人気記事

奇跡のシンフォニー

観たかったんだよねー。
フレディ・ハイモアと言えば「チャーリーとチョコレート工場」で一躍有名になったよね。
この映画で初めての楽器演奏ということを聞いていたので、どんなんだろう?!と興味津々。
何しろあの宣伝の雰囲気が、非常に印象に残ったものだから。

ストーリーに突っ込みたいところは山ほどあるのだろうが、まあそれはいいじゃないの。
フレディの純粋さが、目をキラキラさせて楽器を触る姿が。。。いいよね。
ギターをたたくように弾くシーンが、非常に印象深かった。
ここだけを取ってみても、観て正解な映画だったと思う。

そしてそして。
珍しい役所のロビン・ウィリアムズ。
日頃優しい役が多いけど、この役はちょっといつもと違う。
果たせなかった自分の夢を彼に被せてしまうところ。
ちょっと方向性間違ったよね、的な。
分かる気がするわー。
ピアスが似合わなかったったら!(爆)
でもそれも、まあいいかな。

フレディの目の輝きが、全てを許す!
あたし的には十分楽しめた作品かな。
e0014639_20701.jpg

[PR]
by suga_m | 2009-05-10 20:09 | 映画

ライラの冒険

あまりこういう類いのファンタジーには興味がないんだけど、一応話のネタに。

人のが、動物の姿(「ダイモン」というらしい)となってその人の傍らにいて常に行動をともにしている。
そういう設定は、結構好き。
あたしにもダイモンが欲しい!なんて。。

ただ、あまり記憶に残らないストーリー。
ニコール・キッドマンが悪役なんだけど、相変わらず美しい!と見とれる。
そして鎧グマの戦い。
それくらいしか心に残っていない。
やっぱ、こういうのって原作の方が絶対的に面白いのかな。

これ、あきらかに次回作あるよねと思ったら、三部作?なの?
次回観るかなあ?観るかもしれないけど、分からんな。。。(^^;
e0014639_10425727.jpg

[PR]
by suga_m | 2009-01-18 10:43 | 映画

ベオウルフ

TVCMでのアンジーが水から現れるシーン、あれが気になっちゃって。

何の予備知識もないまま観たんだけど、暫くして何かが違うなーと違和感。。。
ムム!こ、これはCGぢゃないのかっ!(気付くのが遅すぎ)
確かによくできてはいる。しかしやはりそこはCGアニメ。やっぱり不自然。
まーいいか。。。と話は進む。
これはヨーロッパの叙事詩が元なんだってさ。
でもって、最新技術である「パフォーマンス・キャプチャー」ってのを駆使したんだと。

映像はすごいんだけど、やっぱゲーム的な感じで、どうもね。。
あと、素っ裸のベオウルフの股が、うまい具合にいろんな物の影になって見えないのよ。
これって、ギャグっすか?(笑)

肝心のアンジーは男に子種をせがむ魔物で、かわりに富と名声を与えるという。
あの目ヂカラ、アンジーじゃなきゃ駄目だわー。ここだけは褒めてやろう。

結局観終わって残ったものは
「男ってバカな生き物なのね」
ということ。エッ、違う??(笑)


e0014639_9413311.jpg

[PR]
by suga_m | 2009-01-07 09:42 | 映画

ブラザーグリム

先日若くして急死してしまったヒース・レジャーを偲ぶ。
あれこれ探しているうちにこれに目が止まり、いつか観ようと思っていたこともあって
借りることに。

童話童話した話か?と思ったら、大人なチト恐系ファンタジーというか。
グリム兄弟(兄マット・デイモン/弟ヒース・レジャー)は、悪魔払いの名目で人を騙す詐欺師なのだが、ほんまもんの魔女と戦うことに。。
っつー設定の物語。
これ、兄弟役逆じゃないの?という違和感があった。どっちかというと地味系なマットなのに、ヒースがマット以上に地味!!ってことは、相当地味?!!( ̄□ ̄;;
なんつう、どーでもいい所にばかり目がいってしまい。。(苦笑)
ヒースと言えば「ブロークバック・マウンテン」で強烈な印象だったのだが。

突然のそっと動く森の木とかは、かなり興味深く面白かったけど、さほど残る映画では
なかったかなー。残念。
ヒースよ安らかに。

「ブロークバック・マウンテン」

e0014639_9285230.jpg

[PR]
by suga_m | 2008-02-20 09:34 | 映画

ナイトミュージアム

2008年第一弾は、コレ。
仕事も家庭も駄目駄目な主人公が、ある出来事をきっかけに自分の男として父親としての自信を取り戻す。

なんていう、定番化した話ではある。
どことなく、子供の頃よく歌った「おもちゃのマーチ」を彷佛とさせるストーリー。
分かりやすくて、大人が観てもそこそこ面白く、何も考えずに楽しめる。
娯楽作品としては良い出来ではなかろうか?

ルーズベルト大統領。。。
ロビン・ウィリアムズに似てる気がするけど。。。
と途中ずっとロウ人形に釘付け!!
やはりこの演技、この声、見てくれ、彼としか思えない。
ロビンが出てると知らなかったので、途中ずっとそればかり気にしてて
肝心の話に集中できず。(笑)
芸風からして、もろだよな〜〜〜〜。
しかも彼が出てるから、よけいに「ジュマンジ」の再来かと。

歴史の点からも、ちょこっと勉強になる?
かも!?
オーウェン・ウィルソンが西部開拓時代のミニチュアに扮してるところなんか、
ぴったんこのキャスティングだと思ったわ〜〜!拍手!
e0014639_18135751.jpg
[PR]
by suga_m | 2008-01-03 18:12 | 映画

ハリーポッターと不死鳥の騎士団

多分この先シリーズを観ることはないかなとも思うんだけど(実際焼いてもらった中で一番興味がなかった)、一応書いておこうと思う。
実は全く、一作も観ていない。なのでこれが初ハリポタだったのだけど、思ったよりついていけた。
というのも娘がここまでは原作を読んでいたので、レクチャーを受けつつ観ることができたから。(その後は熱が冷め、もういいやと思っていたのが、最近また読みたい気持ちが再燃しているらしい)
CGはなるほどねという感じで、あまり驚きはなかったような。
それよりも作者のローリング氏が映像化したハリポタを自身でどのようにイメージし、それがどの程度具現化されたのか??というところが気になったかな〜。
あまり感想という感想はなかった。
娘曰く「この本を無理に映画にする必要ない気がする」
うーん、なるほどね。
相当にはしょっている感じが、ちょっといただけなかったらしい。
長い話だから、しょうがないとは言ってもね。その辺は原作を知っている人にとっては、不満が残るところか?
よく分からんが。。。
e0014639_17433365.jpg
[PR]
by suga_m | 2007-12-31 17:46 | 映画

ザスーラ

「ジュマンジ」の二作目(?)の映画。
子供が見なれないゲームを見つけ、やってしまったことで不思議空間に入り込んでしまう。ってとこは「ジュマンジ」と一緒なんだけど、登場人物に設定、ストーリーは別のものになっております。
ティム・ロビンスがお父さん役。でも最初と最後しか出てこないし、特に重要な役割を担ってない。
あくまで主役は二人の兄弟。
ゲームをやったおかげでだだっ広い宇宙を漂い、ゾーガンとかいうトカゲ人間に襲われ。。。
CG満載だわーと思ったら、なんとこれがCGではなかったそうな。
大きな家の模型を作ったり、セットをいろいろと動かせる装置まで作って、子供たちはそれはそれは撮影が楽しかったよう。
しかし悲しいかな、言われなければだれしもCGと思い込んで疑わないと思う。だから特典を入れたのだろうけど。
家好きなあたしは、巨大家模型ができる様子を見ててワクワクしちゃったよ。本物を作るのとなんら変わりない作業だったらしいわ。(笑)
子役二人は、なかなかよく演じてたと思う。でも個人的には「ジュマンジ」の方が面白い。
役者が面白かったもんな〜。やっぱロビン・ウィリアムスが好きだ。いい味出してる。

まあ・・・特に可もなく不可もないってことで。
e0014639_1721439.jpg
[PR]
by suga_m | 2007-10-24 17:23 | 映画

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

夫が前売りを買ってきてくれたので、平日の朝一番から、意気込んでみてきたのさ。
あたしは2→1という順番で鑑賞していた(DVD)のだが、多分一番うけたのは2。
これだけバカバカしく面白いのだったら、さぞかし3も。。。。
かな〜り期待したのは言うまでもない。

以下、鑑賞事前に余計な情報を得たくない人は読むべからず。
(一応モロバレはしないつもりで書いているが)


あたしはさ〜、ダラダラと説明が長いような映画は好きじゃないのよね。
ある程度の時間で伝わるべきだと思うしね。
とにかく様々な登場人物があーだこーだやってて忙しい。
みんなついてきて〜〜〜〜!!
って感じなんだけども。

長いっ、ついてけないっ。
途中眠くなったぞ、何度か。しかし耐えた。
個人的には2に詰め込み過ぎ&2で燃え尽きた感ありあり。
3はつじつま合わせのエピソードが多々。
それぞれのキャラが分かりやすかった前作と違い、今回は
キャラが生きてない。
特にジャックのキャラは何処に。
エリザベスとの三角関係。。描けてない。
バルボッサはいつから良い人に?ま、共通の敵をやっつけるってことで、いいのかもしれんが。
シンガポールの海賊。あっけなさすぎ。。。
ただエリザベスを海賊長にするがための、理由付けが欲しかったとか。
キース。。。それだけ〜〜?
「カリプソ」。。。巨大化には口あんぐりよ〜〜〜。
デイヴィ・ジョーンズ。。。。

なかなかあたしの頭ではついてけなかったぞ。
ちなみに、エンドロールで席を立ってはいけません。という注意書きがある。
多少の期待があったが、ラストはなくてもいいとあたしは思った。
ちなみにエンドロールで席を立つのは、どうなんですかね??いつも思う。

期待が大きすぎたからだろうけど、劇場で観るなら個人的にデッドマンズチェストを観たかった。。。。。。
やっぱ2と同時に3を作ったのが間違いだったのでは。。
そう思ったのはあたしだけだろうか。

夫曰く
「一番いい演技をしてたのは、猿のジャック」
確かに。
まさかまだ続編作ろうとしてないよね。
え、当然してるって?!(−w−;

e0014639_022532.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-05-29 01:00 | 映画

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

お待ちかねの2作目。
一年最後と新年最初のレビューがこの映画ってのも。。なかなか自分としてはオモシロかったかも。
150分という長丁場ではあったけど、わりと飽きずに最後まで魅せてもらった。
脚本家は続編を作るとは思わず、1作目を完結させてしまったそうだけど。
まさかこれ、3作目もあるとは。。大変じゃ。(*o*;
キャスト。。。無理矢理全員集合!的な感じも、しなくもない。まあでも単純に楽しめる作品として観ればいい話であって、内容が。。とか設定が。。とか言う次元でもないと私は思ってるので、これはこれで楽しめる作品だと思う。

今回はおもしろおかしく見せ場を作ろう。という感じが見て取れた。水車や串刺しギャグシーンなんかは、アニメの実写版という感じで。娘と私は、どのシーンも大爆笑。ジャックの逃げる時の走り方なんかも、結構考えられているような。

うーん、やっぱステキ。ジャック・スパロウ。つかみどころのないキャラとしては、前作の方が分かりやすくて生き生きしてた気がするけど。。。
しかしエリザベスのやつ、人には「最後には善い人になる」なんて言っておきながらジャックを置き去りにするなんてさ、ちと酷くないかい?まー、そうしないと続編に続かないっていうか。無理矢理そうした感じもアリか。
でも、時には味方になり、時には自分の目的のために相手を利用する。。なんて関係性が、この映画の魅力の一つなんだろうけどね。

特典って、日頃あまり見ない方なんだけど、これは見てしまったな。
まだ途中だけど。
脚本家2人の映像解説。。ってのは。。しんどいが。(笑)
お正月に観る娯楽作品としては、十分堪能した私たちだった。
次はどうなるのかなー。
e0014639_20342678.jpg

[PR]
by suga_m | 2007-01-02 20:47 | 映画

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち

今さらなのだが、やっと観たぞ〜〜!
いや、前に借りてきたことはあったんだけど、あたしだけ観てなかったのよね。
このたび我が家で正月観賞用に「デッドマンズチェスト」を購入。(笑)
なので1作目もまた!ってことで、借りたわけ。
っつうわけで、今年最後のレビューいってみっか。

いやはや。ジョニデいいねえ。。
あのひょうひょうとした感じ。見てくれが変なはずなのに(だってあのメイクにあごひげで三つ編みって、アンタ)、カッコイイとか思っちゃってるあたし。ごく普通の人の役よりも惹かれてるって。。変わりもんかしら。

やべー、どんどんジョニデにやられているよ。(爆)
何事にも、スロースターターなのだった。

娯楽作品としては、なかなか良い出来だね〜。
個人的にエリザベスの父親がおもろかった。
海賊たちが骸骨の姿で戦うシーンも、面白い。
バルボッサの最期の台詞も、いいね。
ラスト、舵を握ったジャック・スパロウ。。かっこいいぜ。

行っちゃって!水平線まで地の果てまで、ぶっ飛ばして行っちゃって!!!
(ー▽ー)/
ってな感じ。

そういや、テレビでやる物まねが好きで、よく見るあたし。
何度かジャック・スパロウに似てる人を見たけど、ほんっと似てる!!あれで日本人って。。。どうなってんの。って思う。
ああ、いいなあー。宴会とかさ、家でああいう格好してくれる人がいたらな〜〜!(は??)
ま、そんなこたいいとして、
ジャックが夢に出てきたらどうしよう。(笑)

e0014639_15514635.jpg

個人的に好きだから、真ん中に(ウソ)
[PR]
by suga_m | 2006-12-31 15:57 | 映画