タグ:邦画 ( 14 ) タグの人気記事

ドッペルゲンガー

2003年。役所広司、永作博美、ユースケ・サンタマリア。。。

見たら死ぬと言われている、自分の分身「ドッペルゲンガー」と遭遇してしまう主人公を、役所広司が一人二役で演じる。
最初の方ではホラータッチな感じなのが、実はちょっとブラックなコメディという話。。
ユースケや柄本明が出てるあたり、それっぽい匂いがするような。

前半と後半で、なんか筋が違ってきてる感じがしたんだけど、そうでもないのかな。
どう考えてもおかしなところが沢山あるんだけど、誰もそれをおかしいととらえていない。
死んでて当然なのに、怪我をしながらも全く平気に生きてたり。誰が現実で、誰がそうでないのか分からないつくりになってる。どこか現実味のないストーリー。
柄本明も、あれでまだ生きてたら笑えるよなー。んなワケないか。

この監督はどういう意味合いでこれを作ったのかな、と疑問に思った。
まあ嫌いではないけど。

役所広司は大人しくて温和な性格の役しか知らなかったので、この分身に見るような自由で奔放で型破りな感じの役は、新鮮だった。
メイキングを見て更に思ったのだけど、この全く異なる人格の人間を演じるのはかなり難しかったのではないか。
今分身を演じたと思ったら、さっと走って違う場所に立つ本人を演じたり。これは大変だったろうなあと思う。CG合成のために緑やピンクの全身タイツを着込んだスタッフの苦労も、なかなかのものだったに違いない。

などといろいろ思ったが、何より印象的だったのは殴り殺す時に金づちやレンチでパキャッとやる所。そのパキャッという感じがなんとも言えない。。
ばかばかしく面白いような気もするし、ちょっと恐い気もする。

一応メイキングを見ちゃうと、ハテナな部分の説明がちゃんとついてしまう。でも前に書いたと思うけど、分かり過ぎちゃうのもなんかつまらない。
謎解きができる方が楽しいのかも。。
まあ監督の思惑どおりには作れたんだ、ということはよく分かった。

ドッペルゲンガーとうたっているけど、別に見たら死ぬという恐いものじゃなくて、この映画では「自分の中のもう一人の自分」という姿で描かれているので、ちょっと意味合いが違う。
きっと誰しも持ってる自分の中の別の自分。それを認めたくないという自分。
私も、結構二面性あるからなー。
なんて思わず考える。

今、振り返ると私のドッペルゲンガーがそこに。。。。。。。。。。
いたら恐いって。

[PR]
by suga_m | 2005-06-24 07:46 | 映画

嗤う伊右衛門/ドーン・オブ・ザ・デッド

1つずつ書くに至らないので、初めてまとめて書いてみよう。


「嗤う伊右衛門」。京極夏彦版「四谷怪談」。唐沢寿明、小雪、椎名桔平。。
公開当時は観たかったんだけどもういいやと思ってたら、いっちゃんが借りたので観てみた。
んーと。。あんまり納得いかない話。二人は最後にああならなきゃいけなかったのか。
私にはよく分からない。
でも唐沢と小雪はなかなか良い味出ていた。小雪は横顔が美しい人だから、左の横顔からスライドしていくと「わー!」ってな演出は良かったと思う。
あと、椎名桔平がまんまヤラシー感じの男の役で、良かった。(個人的に好きじゃないけど)でも死に様はなんともはや。興ざめ。



次、「ドーン・オブ・ザ・デッド」ゾンビのリメイク???
説明するまでもない映画。
ツマンナイ。。┐(´д`)┌
でも1つ凄いと思ったところが、ゾンビの追いかける速さ。ゾンビと言えば、両手を前に突き出してゾ〜〜ロゾロと歩く姿を思い出すが、この映画のゾンビは違う。速い!めっちゃ速い!お前は陸上選手か!!あの速さで追っかけられたら、死んでるな。。恐るべし、現代のゾンビ。
突っ込み所は、モールでのシーン。長過ぎ。楽しすぎ。旦那や父親が死んだばっかで笑えるのか?もう感覚が麻痺してるってことなんだろうか。分かるような分からないような。
臨月の奥さんと、そのだんな。。向かいの銃砲店のアンディ(?)。もったいぶってたからもっと何かあるのかと思ってしまったが、なかった。

全体的にダラダラと中だるみ。これって120分くらい?って思ったら、100分だった。にしちゃ長い。途中何度もウトウトしたのに。。まだ終わんないのかーって。
いっちゃんは「28日後」を観たからゾンビつながりで借りたみたいだけど、あっちの方がまだ良かったかも。
今回いっちゃんが借りたのは失敗に終わった。私が借りたのは、どうだろう。

*******最近私の映画ネタを楽しみにしてるというお話をちらほらと耳にした。嬉しい限りである。
あんまり参考にはならないと思うので、読み物として読み流してもらったらいいかと思う。。
[PR]
by suga_m | 2005-06-10 16:41 | 映画

着信あり

企画/原作秋元康、柴咲コウ、堤真一。。

珍しく本気モードで駄目出ししたい。
別に期待はしてなかった。どうせたいして怖くないんだろうし。。でも人気があるのでいつも貸し出し中。それがたった1本残っていたDVD。。だまされた。
駄目な理由はいくつもあるけど、だいたい次の通り。


・全然怖くない。ここ数年で見たホラーでは最低の出来。(あくまで個人的意見)
・虐待というテーマを軽く扱い過ぎ。虐待ってことにしとけばいける、みたいな姿勢
が見て取れて不愉快。また描き方もまったくもって中途半端。由美の過去なんか、結局さして関係              
 なく終わってて意味がない。
・ところどころにハリウッド的ホラー演出みたいなのがあって、変。終盤病院のシーン、あれゾンビか??

そして秋元康が最後にやる解説。
これが駄目!!原作の宣伝。何それ??それに彼の冗談は、全く冗談に聞こえない。寒い。

とにかく、怖くないだけなら別にいいとして、不愉快を通り越して怒りを覚えてしまう私だった。
重大な問題がテーマになっているのに、それが全く描ききれないんだから、最初からただ単に怖いだけの映画を目指した方が良かったと思う。
人が生きる死ぬの瀬戸際にいるのに、それをテレビで生中継なんて、いくら映画でも非人道的すぎるんじゃない。

秋元康は他の才能はともかくとして、ホラーの才能は全くない。
これが映画化されたのが不思議でしょうがないし、2ができるのも謎だ。

劇中で唯一印象に残ったのはなつみの死に方。あれは痛い。「あーイタタタ」とつぶやいてしまう。
激辛コメントだけど、これはあくまで個人的意見なので、観てみたい人はどうぞ。。。

[PR]
by suga_m | 2005-05-20 08:37 | 映画

Shall We ダンス?

強烈映画のちょっとした息抜き。

邦画が余り好きではない私だが、これは別だ。
最初に見た時「こんな日本映画があったとは」と思った。
そのくらいこの映画は好きだ。

話をしてやったら、ひなこが観たいと言うので一緒に観た.
竹中直人と渡辺えり子。可笑しすぎ!役所広司もいいし、田口浩正もいい味出してる。
何度観ても面白い。傑作映画と言っていいと思う。


この映画のハリウッド版も観てみたい。
主演のリチャード・ギアが「前にオファーがあった時には一度断っていた」とビストロスマップのゲストでスマスマに出た時言っていた。彼もこの映画が好きで、これは完璧であり、この作品以上のものは作れないと思ったからだそうだ。なるほどね。
設定を全く同じにするのはアメリカでは無理なため、主役の肩書きは「弁護士」になっているらしい。
「Shall We ダンス?」

主役の妻役が、なんとスーザン・サランドン。原日出子はおっとりタイプでスーザンは完璧主義の勝ち気な女性という感じがするが。。作品の中ではどうだろう。
竹中直人にスタンリー・トゥッチ、渡辺えり子にリサ・アン・ウォルター、田口浩正にはオマー・ミラーと知らない役者ばかりだが、写真を見る限り原作に忠実に人選した感じはある。

しかし、リチャード・ギアもふけたなあ。。。
頭が薄くなっていた。。
映画ではヅラか??
そうは言っても、素敵に年を重ねているように見える。あんな風に自分も年を取りたいものだなあ。なんて思った。
[PR]
by suga_m | 2005-04-13 06:20 | 映画